婚活パーティーが難しい理由と対策とは?

対策:一度の出会いを大切にする

出会いを大切にする女性

それでは、どのように対策や対応をすればよいでしょうか。せっかく参加したパーティーなので、縁を大切にし、一度の出会いを大切に心がけましょう。

そして、参加費を払ったのだからと意地を張ってはいけません。何が何でもカップリング成功させたいと思うと、理想とかけ離れた人とカップリングしたなんてこともあります。

やみくもに何個ものパーティーへ参加する前に、今一度立ち止まって考えましょう。自分にとってどのような男性が必要なのか、冷静に考えることも大事です。

カップリングの成功率ではなく目的は結婚です。将来旦那さんとなるひとですから、真剣に慎重に選んでいきたいところです。

そしてカップリングになった男性と、目の前にいる相手と、しっかり向き合っていくことです。全部の理想に合う人は探しても見つかりません。完璧な人はいないのです。

出会ったときに惹かれた人ですから、縁があります。何か欠点があったとしてもすぐに見切りをつけず、向き合ってみましょう。

長所も短所もすべて受け入れることができれば、納得のいく結婚ができるはずです。

参加疲れしてしまう

婚活パーティーに参加して疲れる女性

婚活パーティーは、主催会社が複数あり、開催日も毎日毎時間あります。場所も全国各地にあり、バリエーション豊かです。そのため好きな時に好きな場所で参加することができるのです。

婚活パーティーへ参加する人の中には、夕方まで一日中フルタイムで働き、仕事終わりに参加する人も多いのは事実です。

平日の夜に参加する人の理由としては、地元よりも勤務先の都心の方がより多くの人が集まるし、効率が良いためと考えているようです。

開始時間は19時からの会が多く、終わる時間は22時すぎなんてことも多いでしょう。家に帰るころには、くたくたです。

休日にパーティーをはしごすることは、一日中多くの人と話すことになります。初対面の何十人という人と話すわけですから、疲れは溜まりますよね。

パーティーをはしごしたからと言って、理想の相手を見つけられるとは限りません。相手が見つからないと余計に気疲れしてしまうものです。

会を重ねることで「次こそは!」という期待も大きくなってしまうでしょう。休日を犠牲にしたのだから、素敵な人が絶対いるよね、と思ってしまいます。

期待が大きくなればなるほど、見返りがないときに大きなストレスを感じてしまいます。次第に婚活パーティーそのものに対し嫌悪感さえ抱くようになってしまうでしょう。

肉体的にも精神的にも疲れてしまい、婚活に対しい良いイメージがわかなければ、おのずと結婚も遠のいてしまいます。

対策:リラックスして婚活をする

リラックスする女性

それでは、どのように対策や対応をすればよいでしょうか。

婚活パーティーは一つの手段であるので、必ず願いが叶うものではありません。「いい人がいればいいなぁ」というくらいの気持ちが大切です。

根詰めて婚活パーティーだけに執着してしまうのではなく、視野を広げてみましょう。アンテナを高く持ち、世界を広げていくことで思わぬところから良い人が現れるでしょう。

大きな期待で待ち構えず、身構えずリラックスしましょう。ふとしたときに参加したパーティーこそ、最高の出会いが待っているものです。

婚活パーティーはみんな難しさを感じている

婚活の難しさに悶える女性

婚活パーティーに参加すれば、やっと理想の男性に出会えると思っている女性も少なくありません。しかし、実際は迷いの連続です。

「信頼していいのか」「この人でいいのか」など考えたら、キリがありません。不安な気持ちになるのは当たり前ですが、肩ひじはりすぎてもしょうがありません。

周りを巻き込んだり、理想の男性像をしっかり決めて婚活に臨みましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。