辛い失恋から前向きになるには?

自信を失っているイメージ

元彼に振られてしまったからと言って、自分を責めるのはやめましょう。今回の恋愛から学んだり、次の恋愛に活かすために反省をすることはあっても、自分を必要以上に責めすぎるのはNGです。

自分を責めてばっかりいると、だんだんと自分に自信がなくなってきてしまいます。一種の自己暗示になってしまいますし、ネガティブな感情が渦巻いて、男性から見ると全く魅力的に映りません。

例えば、あなたのハッキリとした性格が原因で彼と別れたとしましょう。でも、男性の中には「どうしよう。どうすれば良い?」と意見を委ねすぎる女性は面白くないという人もいますよね。

逆に、「何でも俺を頼ってきて可愛い。リードしたい」という男性もいます。性格による相性なので、誰が悪いという問題でもありません。

ただ、今回の相手はあなたと合わなかっただけ。性格的になのか、時間や環境的に合わなかっただけで、他の人とは上手くいくかもしれません。自分を責める必要など、何もないのです。

夢中になれることを探す

大好きなスキーでテンションの高い女性

彼のことを何とかして忘れたい!という場合は、趣味や仕事に打ち込むこともおすすめです。趣味はこれまでのものを十分満喫するのも良いですし、新しいことを初めてみるのも良いでしょう。

「こういう風になりたいな」「これができたら楽しいだろうな」とワクワクしたポジティブな気持ちを保つことを意識して下さい。また、仕事上で少し上の目標を設定するのも良いでしょう。

夢中になったり、集中できることを探すことで彼のことを忘れることができます。心の逃げ道というよりどころは、1つくらい持っておくと便利です。

何かに夢中になることで、彼を忘れる時間を確保することは大切です。また、物事に夢中で取り込む女性の姿は、とても魅力的に見えると思うので恋のチャンスもめぐってくる可能性が高いですよ。

次の恋愛に向けてよい経験になったと考える

幸運の四つ葉のクローバー

失恋をして前向きに立ち直れない人は、これまでの恋愛を否定してしまう癖があります。例えば長年付き合っていたのなら、「無駄になってしまった…」と考える場合が多いようです。

これまで付き合っていた恋人に、自分はまだ好きな状態で振られてしまうとなかなか前を向けないのは分かります。でも、その恋愛を否定するのはやめましょう。

「振られてしまった」「3年も付き合ったのに結婚しなかった」「何も気持ちを伝えられなかった」など否定的な考えはNGです。それよりも、ポジティブな言葉で締めて下さい。

「結婚できなかったけれど、こんなに長く付き合えた」「次は、素直に気持ちを伝えられるようにしたいな」というような感じです。今の恋愛で学んだことは、次の恋愛に活かせばOKです。

これからあなたには、もっと素敵な恋愛が待っているかもしれません。今までの恋愛を無駄にするか、次の恋愛のために活かすかは、あなた次第ですよ。

時間が解決してくれる

時を刻む砂時計

失恋の傷が癒えないと苦しみがずっと続くような感覚になりますよね。すごく辛いのに、まだ1週間も経っていないと驚いた経験を持つ人は少なくありません。

そんな時には「時が解決する」「時間が薬」という言葉を思い出して少し落ち着いて考えるようにして下さい。

失恋したての時には「いつまでたってもこの辛さは変わらない」「この辛さはなくなることはない」と思っていても実際は違います。少しずつ変化していくので、大丈夫です。

変わるのは、あなたの恋心かもしれませんし、客観的に見られるようになる視野の広さかもしれません。とにかく、失恋をした日のまま少しも変わらないということはあり得ないのです。

辛い失恋でも立ち直れる

失恋を忘れるためヤケ酒する女性

辛い失恋から前向きになるためのコツについて紹介しましたが、いかがでしたか?1か月もすれば彼のいない生活に慣れる人もいます。

1年経っても彼を思って忘れられない人もいます。でも、確実に振られた当日よりは少し落ち着いて考えられるようになっています。

今は辛くとも、必ず時間の経過が楽にしてくれるので、一生苦しむと思いこまないで下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。