浮気をやめたい女性が知っておきたいことは?

悪い結果になることを覚悟する

彼と別れるかもしれない可能性

当たり前のことですが、「自分はあなたを裏切っていました」と告白するのですから、悪い結果になることを覚悟するのが必要です。罵倒して責められるかもしれませんし、振られるかもしれません。

共通の友達に「浮気をした女」と別れた経緯を放されるかもしれません。その場合、最悪彼氏も友達も失う可能性もあります。次の恋愛でも浮気をしたという経歴は悪影響を及ぼします。

誠心誠意謝ることはとても大切なことですが、謝ったからといってハッピーエンドになるのは稀です。特に男性は、プライドを傷つけられることに対しては敏感です。

「好き」という感情以外に、「自分の女を取られた」「俺を裏切っていた」という気持ちが彼を苦しめるかもしれません。出来心の代償は大きいのだと自覚することが大切です。

浮気の事実を紙に書き出す

浮気した事実を紙に書き出す女性

もしも詳細にきちんと謝りたいと思っているのなら、「浮気の情報を紙に書き出すこと」がおすすめです。浮気を告げられて彼氏が泣いたり怒る姿を見ると、つい動揺してしまいます。

これ以上怒られたくない、自分の評価を下げたくないと詳細を言えなくなることもあり得ます。もしくは、動揺して思い出せず、曖昧にしか説明できない場合もあるでしょう。

曖昧な謝罪では彼氏も納得してくれません。きちんと説明し、どのような経緯で誰と、どこまでいったのか詳細に書くことで自分も頭を整理することができます。

感情的にならず事実を述べる練習をする

感情的にならず落ち着いて話す女性

浮気を謝罪する時は、ついつい感情的になりがちです。彼も興奮していますし、自分の罪を認めて感情が高ぶってくるのは当たり前です。泣きながら謝ったり、理由を言う人もいます。

「だから悪かったってば!」「どうすれば良いのよ!」と怒りで逆切れになる人もいます。でも、裏切られた彼氏からしたら正直関係ありません。

「泣きたいのはこっちだよ!」「お前は謝ってスッキリして良いよな!」と、謝罪は自己満足だと思われてしまいます。なるべく冷静に、事実を淡々と話すようにして下さい。

彼氏が怒鳴って責めたとしても、感情的になってはいけません。感情的にならず、事実と謝罪をただ伝えられる練習を、あらかじめするのがおすすめです。

とにかく謝る

泣いて謝る女性

浮気を告白するということは、大変勇気のいることです。本来なら、その勇気と、自分の行動を悔いて正直に謝っているところで許してもらいたいとこですよね。でも、現実は甘くありません。

もしも許して欲しいのなら、言い訳や反論はしないことが大切です。「ごめんなさい」「私が悪かった」と、ただひたすら謝る姿勢が求められます。たとえ、彼氏に原因があったとしてもです。

「だってあなたが冷たいから!」など彼氏が原因であるなんて反論すると、反省していないという印象を与えてしまいます。とにかく謝り、自分が悪かったという姿勢を貫きましょう。

彼氏が「何故こんなことになったんだ」と聞いた時に、やっと理由を言いましょう。

「寂しかった。あなたは連絡をくれないから好きではないのだと思った。でも、他の男に走った自分が悪い」と言うのがベストです。理由を言っても自分が謝るというスタンスをセットにして下さい。

女性でも浮気に走ってしまうことはある

浮気に走る女性

浮気をやめたい女性が知っておくべきことについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか?浮気をしてしまうのは、もちろん悪いことですが、正直に話す選択はとても勇気のいることです。

その勇気が伝わるかどうかは分かりません。全ては彼の感じ方一つで変わります。でも、彼氏に謝りたい、少しでも気持ちを伝えたいと思っているのなら、ぜひこの方法を試して下さい。

もしかすると、彼氏に気持ちが伝わるかもしれません。たとえ別れたとしても、「反省していない」と伝わらないことだけは避けられるかもしれませんよ!

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。