セックスレスが離婚につながりやすい理由とは?

近年セックスレスが原因で離婚に至るケースが増えてきています。そんな話を聞くと、セックスレスなんかで離婚するの?と疑問に思う方もいるでしょう。

セックスレスとは、一般的に夫婦共同生活をしているのにもかかわらず、1ヶ月以上も体の関係がない関係を指します。

どんな夫婦でも、結婚した当初からセックスレスなわけではありません。最初はお互いにラブラブで、セックスも頻繁にしていることがほとんどです。

しかし、何年も共同生活をしていると、いつの間にか同じベッドにいてもセックスをしなくなってきてしまうのです。いきなりではなく、徐々に回数が減っていくことがほとんどです。

お互いに、性的な気持ちがないのならまだいいですが、どちらかに欲求が強い場合には、大きな不満につながります。

セックスレスに一度なってしまうと、元の性欲を取り戻すことが難しくなってきます。相手に対して性的興奮を感じなくなるとセックスレスは加速する一方です。

当然、不満が溜まれば離婚を考える夫婦もいるでしょう。では、いったいどんな原因からセックスレスに発展して離婚につながるのでしょうか?

セックスレスが離婚につながりやすい理由とは?

妊娠や出産を機に性欲が減る

妊娠中の女性

結婚後には、子供を産む際に妻のお腹が大きくなってくる時期があります。大きくなった妻のお腹を見て、今までのような女性としての魅力を感じられなくなることが多いようです。

また、妊娠しているときは男性の欲求に女性が応えられない状況になることも多く、それに対して男性が不満を抱えることもあります。

今では、出産の際に立ち会う夫も珍しくありません。妻の苦しそうな表情を見ていると、愛情は深くなってくる一方で、性的な対象として見れなくなってしまう夫もいます。

妻の出産のときの映像を思い出してしまい、セックスをしたいと思えなくなってしまうのでしょう。この妻の妊娠や出産のタイミングで、夫が不倫に走ることも多いのです。

妊娠、出産を機にセックスレスになってしまった夫は、外で性的欲求を発散してこようとします。また、子供が生まれれば、妻の精神状態も不安定になり、余計に難しくなります。

ですので、この時期をどう乗り越えるかがとても重要です。女性側も夫の求めに応えてあげられない状況に申し訳ない気持ちになるようです。

男性の性欲が減ってくる

減る男性の性欲

付き合い始めの頃に比べて、徐々に男性の性欲が減ってくるというのもセックスレスにつながる大きな問題です。一般的に、男性は20代後半くらいから徐々に性欲が減少すると言われています。

それに対して、女性は逆で20代後半から30代にかけて性欲が上がってくると言われています。このように性欲に関して男性と女性では、全く逆の動きをしてしまうのです。

それに、結婚をするタイミングというのもこの時期が1番多く、難しい時期でもあるのです。減ってくる男性の性欲に対して、上がってくる女性の性欲のギャップにぶつかります。

男性は、自分が盛り上がらないとセックスをするのは難しいので、男性の性欲を上げる工夫も必要です。性欲の高まる食事にしたり、ベッドの模様替えをしたりするのも効果があります。

ホルモンの関係なので、どうしようもない部分もありますが、努力次第で回避可能です。男性が性的に興奮するように女性側が努力すればセックスレスを予防できるでしょう。

女性の性欲が高くなった状態で、セックスレスが続くと女性側の不倫に走る可能性があります。不倫をするのは何も男性に限ったことではないのです。

疲れて帰ってくるとすぐに寝てしまう

仕事で疲れ切った女性

男性は仕事から帰ってきて、疲れているとどうしてもすぐ寝たくなってしまいます。とくに、残業が長く深夜近くに帰ってくる男性は、疲れが物凄く溜まっています。

すると、同じベッドで寝ていても背中を向けられてしまったり、全く体に触れてこないなんてことが続きます。そうなってしまっては女性としては寂しいですよね。

こういったときに、なかなか女性側からセックスの誘いをするのも難しいものです。「セックスしたい」と思っていても、なかなか正直には言葉にできません。

さりげなく、何か質問しても「疲れているから今度にしてくれ」と言われたら、何も言えなくなってしまいます。そんな冷たい関係が続くとどんどんセックスレスになっていきます。

特に、初めの頃は1週間に何回もセックスをしていたような関係だと、セックスが減るにつれ2人の関係に亀裂が入ります。

「最初はあんなに興奮してくれたのに」「私に魅力がなくなったのかな」と女性側がどうしても不安になってしまうのです。

セックスの回数が最初に比べて減るというのはどうしても仕方のないことです。1番盛り上がっているのは最初ですから、それに比べたらどんな夫婦でも減少傾向にあります。

不倫などに走る可能性が高い

不倫する男性

セックスレスの関係が続くと、不倫に走るケースが多くなります。相手に満足していれば、男性であっても、性欲を外に向けるのを抑えることができます。

夫婦の中でセックスレスになったからといって男性の性欲がなくなったわけではありません。あくまでも、夫婦でのセックスがなくなっただけです。

男性は基本的には30代40代のうちはまだまだ現役です。他の女性に対して性的興奮をおぼえることは十分にありえるでしょう。

アダルトビデオを見る時にも、同じものをずっと見続ける人は少ないように、男性は飽き症な人が多いのです。同じ相手とセックスをしていると飽きてしまう傾向にあります。

そこに好きという愛情が含まれていれば違ってきますが、長年付き合った夫婦には、男性を飽きさせない工夫も必要でしょう。

一度不倫に走ると、ズルズルいってしまい、それが離婚の原因になる可能性が十分にあるので注意が必要です。

愛情が感じられなくなる

愛情を感じられなくなる女性

セックスというのは、なにも性的な欲求を満たすためだけのものではありません。夫婦の間においてはお互いの愛情を確かめ合う行為でもあります。

セックス中というのはお互いに気持ちが高まりあって、最も愛を感じることができる瞬間でもあるのです。それによって、お互いに信頼関係というのが構築されていきます。

セックスがなくなると、次第に愛情表現もなくなっていく傾向にあります。愛情表現というのは、「好き」や「愛してる」と言ったような、相手に愛の表現をぶつけることです。

このような愛情表現がしっかりと日常できている夫婦は、セックスレスになりにくいでしょう。たとえ、長い期間が経っても初心を忘れない姿勢は素晴らしいです。

お互いの努力がなければ絶対に成り立たないことです。多くの夫婦が次第に愛情表現がなくなり、相手に愛情を感じられなくなっていき離婚につながってきます。

セックスレスはお互いの問題

セックスレスの夫婦

夫婦の間においては、セックスレスというのは非常に重要な問題です。お互いに性欲がなくなれば問題ないですが、若いうちはそういうわけにもいきません。

特に早い段階でセックスレスになってしまうと、子供が作れないという非常に大きな問題にぶつかります。女性としてはなるべく早いうちに子供を産みたいものです。

セックスの話は、どうしても女性側からは言いにくい部分もあります。ですので、男性も疲れているからといって向き合わなくていい問題ではありません。

また、女性も男性が性的興奮をしてくれなくなったことに何か心当たりがないか、今一度思い返してみてください。男性は視覚で興奮するので見慣れてしまうと性欲減少につながります。

たとえば、下着姿で歩き回ったり、男性に下着をたたませるなど、こういったこともセックスレスの原因になります。

ですので、セックスレスというのはどちらかだけの問題ということではないのです。やはりお互いの努力が必要になってきます。

何かをきっかけに性欲が戻るということもあります。ですので、たまには場所を変えたり、コスプレをしてみたりするのも新鮮でいいかもしれません。

お互いに、セックスレスの問題にきちんと向き合えば努力次第で必ず解消することができます。セックスレスが原因で離婚という最悪の事態を避けるためにも今のうちから努力しましょう。

男性の嗅覚を刺激するとその気になる!?

また、セックスレスを解消させたい女性は男性の刺激を高める【リビドーロゼ】という香水を使用してみてください。

デート中や泊り旅行の夜の直前に利用することで、彼がいつもより大胆になってくれます。

お試しコスメ1つプレゼントあり

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。