両思いなのに不安になる理由と対処法とは?

絶対に別れたくないけれど、もし別れることになってしまったら?自分はもう、彼がいないと満足できない。彼なしの生活は考えられないと感じた時に恐怖を感じる人が多いようです。

失恋後によく聞く「男性はたくさんいるんだから」という言葉も、「彼以上はいない」と思いがちです。幸せを感じれば感じるほど不安になるなんて、とても損をしていますよね。

対処法とは?

男と女の時間の流れは違うことを理解する

時間の流れの差

男性と女性とでは「恋愛」に関する時間の流れが違います。それぞれの性格や環境の個人差はあるものの、一般的には生物的なレベルで恋愛の位置づけが違います。

男性は、社会的な生き物なので、恋愛だけではなく友達付き合いや仕事、職場での付き合いも重視します。たとえ彼女が好きだとしても、社会的な付き合いも大切にしたいのです。

一方女性はどうでしょうか?最近では仕事を頑張るキャリアウーマンが多いものの、やはり一般的には「恋愛にどっぷりとはまる」女性が多いです。

好きになると集中して彼のことばかり考えたり、恋愛至上主義になってしまう女性もいます。その点、男性は恋愛を手に入れると次は仕事を充実させようと次のステップに意識がいきます。

恋愛に集中して、結婚や子供などのステップアップを考えている女性とは、ここでズレが生じてしまいます。男と女の時間の流れや恋愛の位置づけは違うことを理解しておきましょう。

彼のペースに合わせ、待つ

彼のペース

少し不安に感じたとしても返事は普通に返ってきたり、定期的にデートをするような関係なら、彼のペースに合わせましょう。彼に悪気はなく、ただ自由に過ごしているだけかもしれません。

男性は、一つのことに集中してしまうところがあります。恋愛の時には恋愛モードですが、仕事モードになると恋愛のことは頭から消えてしまいがちです。後日またふらっと戻る時も多いです。

本当に何もなかったのに、必要以上に問い詰めたり責めると、かえってそれが引き金となり「面倒くさい女」と感じてしまいます。

明らかに浮気をしてそうな不審行動が無い限りは様子をみておきましょう。彼のペースに合わせることで、「居心地が良い」「俺のことを分かっている」とあなたの良さを実感してくれるはずです。

彼を責めない

彼を責める女性

不安になった時に気をつけたいのは、感情が暴走するあまりヒステリックに男性を怒ったりしないことです。この行動は一番男性を冷めさせるきっかけになってしまうので要注意です。

男性は、もしも自分に非があったとしても、一方的に責められることを嫌います。ヒステリックに感情的になる人からは、避けてしまう傾向にあるので絶対に責めるのはやめましょう。

ガミガミと怒るよりも、「最近一緒に遊べなくて寂しい」「今日は一緒にいれて嬉しい」というように優しくアピールしましょう。ヒステリックに怒るより、可愛いと思わせた方が得ですよ。

未来日記を書いてプラス思考に

未来日記

なかなか不安が拭えない人は、理想の二人を描いた未来日記を書いてみましょう。たかが未来日記と思うかもしれませんが、これが意外に良い効果を持っています。

妄想でも希望でも、何でも構いません。こういう風な2人になりたい。この遊園地に行ってみたいなど具体的に書くことで、ハッキリとイメージができます。

ハッキリとイメージを持ってプラス思考を保つことで、彼氏にも余裕のある対応を取ることができます。もし不安だと言う人は、理想のカップル像について書いて見て下さいね。

考えすぎず両思いの現状を喜ぶ

両思い

両思いなのに不安になる時の理由と対処法について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?不安で疑心暗鬼になってしまうと、かえって仲が悪くなる可能性もあります。

明るく楽しい態度で彼に接せられるよう、前向きな姿勢で恋愛と向き合って下さいね!

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。