疎遠になっていた元彼と仲直りするには?

そしてSNSは自己顕示欲を満たす場であり、「いいね!」をされることで他者に認められたという気持ちになることができます。

特に男性は他者に認められることで自信を持つ生き物なので、「いいね!」の価値はとても高いです。「いいね!」をすれば元彼に存在を意識させることができるでしょう。

もしかしたら「いいね!」をきっかけに元彼から話しかけてくるかもしれません。少なくとも「いいね!」をしたことであなたの存在が良い意味で元彼の中で大きくなるはずです。

疎遠のままだとどんどん元彼の中であなたの存在は薄れていってしまいます。まずは気軽に「いいね!」をして元彼にあなたの存在を意識させましょう。

時に委ねるのもあり

時を刻む時計

疎遠になってしまうのは、なんとなく気まずくて時が経ってしまったというパターンも多いです。特に大きな理由はなく気まずさがどんどん増幅して疎遠になってしまったということです。

気まずさから連絡をするタイミングを見失い、いつの間にか疎遠になっていた場合は、仲直りを時に委ねるのもありです。

疎遠になったのと同様に気まずい気まずいと毎日を忙しく過ごしていたら、いつの間にか自然と話すようになるかもしれません。

仲直りすることを意識しすぎると変に力が入ってしまうこともあります。意識しすぎて余計ギクシャクしてしまえば、仲直りにも余計に時間がかかってしまいます。

時が解決してくれるだろうと思っているぐらいの方が、肩の荷が下りて自然と話すことができるようになる場合も多いです。

友達と同じように接する

誕生日のメッセージ

元彼だからという意識が強いとやはり気まずくなってしまうものです。意識的に友達のように接してみると意外と会話が弾んで、仲直りできるかもしれません。

たとえば誕生日LINEを送るのはどうでしょう?誕生日LINEなら友達として送ることもよくあるので、気軽に送ることもでき元彼も返事がしやすいはずです。

最初から友達だった人と一度付き合ったことのある人だと、どうしても立場が違います。しかし一度付き合ったことがあるというフィルターをかけたままだと、気まずさはなかなかなくなりません。

当然他の友達と同じ立場になるのは難しいですが、あなたから友達と同じように気さくに接することで関係は大きく変わります。元彼のあなたと話すことへの気まずさも薄れるはずです。

疎遠になっていた元彼と仲直りするためには、接しやすさがあるかどうかが大きく関わってきます。友達と同じように接することで、元彼に接しやすいと感じてもらえるようにしましょう。

仲直りしたいと伝える

スマホで伝える仲直りの意思

仲直りしたいと思っているのなら、素直に仲直りしたいと伝えるのが一番です。物事は回りくどく進めるより、はっきりさせた方が上手くいくことも多いのです。

特に喧嘩して別れてしまった場合はどちらかが謝らなければ、おそらく仲直りはできず疎遠のままです。仲直りしたいならあなたから謝って、仲直りしたいと伝える方が早いでしょう。

なぜなら男性はプライドが高いので自分からなかなか謝ることができないからです。時が経てば経つほどさらに謝りにくさがまして、元彼からの謝罪は望めなくなります。

自分から謝ってでも仲直りをしたいのなら、あなたから謝って仲直りをしたいと素直に言ってみましょう。きっと元彼も素直になってくれるはずです。

仲直りしたいと伝えることは、すれ違いや回り道する可能性が極めて低いため一番確実な方法なのです。

元彼と仲直りするには疎遠になった理由を考える

疎遠になった理由を考える女性

仲直りというのはお互いに歩み寄ることができなければ決してできないことです。無理強いをしてしまえばさらに関係は悪化し、何もしなければどんどん仲直りは難しくなります。

また元彼ともなれば関係は複雑で、何もなくても別れたというだけで気まずくなってしまうものです。気まずさがあると関わりを持つにも神経を使うため、どうしても疎遠になりがちです。

疎遠になっていた元彼と仲直りをしたいのなら、まずは疎遠になった理由を考えてみてください。そして何より元彼の心境に目を向けましょう。

疎遠になった理由と元彼の心境によって仲直りするためにあなたがすべき行動は変わってきます。

疎遠になっていた元彼と仲直りするにはあなたから行動しなければ状況は変わりません。しかし行動すればいいというわけでなく、状況に適した行動をすることが重要です。

ぜひ今回を参考に疎遠になっていた元彼と仲直りできる方法を見つけてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。