キスで目を閉じる理由とは?

ムーディーなキスの場面

目を閉じてキスをした方が、恋人としての良い雰囲気は出やすいと言います。なぜなら、キス中に目が急に合うと現実に戻されてムードが台無しになってしまう場合があるからです。

そもそもよく考えてみてください。唇を重ねる行為であるキスの距離は、顔同士が本当に近いです。

目を開けると超至近距離で目が合ってなんだか不自然な感じがしますよね。せっかくの良い雰囲気が壊れてしまいます。

それにキスといえば目を閉じるところが普通になっているものですから、突然キス中に目が合っては驚きますよね。

それだけで余計な感情が入ってきてしまって、ロマンチックなキスどころじゃなくなってしまいます。

キスに慣れていないうちに目を開けてしまうと、相手の顔が目の前にあってつい恥ずかしさのあまり笑ってしまうこともあります。

そうなると相手にもちょっと失礼ですよね。真剣に雰囲気に浸りたいなら、目を閉じてするキスが一番です。

目を開けて相手の表情を見るのも楽しい

目を開けて相手の表情を楽しみながらキスする女性

実際にキスをするときに目を開けてキスを楽しむ人もいるものです。

目を閉じてするイメージが強いキスですが、キスも慣れてくると、目を開けて相手の表情を見ることが楽しくなることもあります。

最初のうちは至近距離で目が合うことに対して、恥ずかしい、気まずいと思うのは当然です。

でも、キスも慣れてくれば、ちょっと相手の表情を見て表情を楽しみたいと思う余裕も出てくるものです。

例えば、恋人のことが好きで好きでたまらない場合、キスをしている間も恋人のことを見ていたくなることもあるでしょう。

キスをしている時の相手の甘い表情、キスに夢中になっている目を見たいという気持ちも出てくるはずです。

最初はキス中は恥ずかしくて目なんて見れない…という人がほとんどでしょうが、慣れてきたら目を開けてみるのも良いでしょう。

自分だけに見せてくれる相手のキスの表情を見つめることも、キスの楽しみ方の一つになります。

目を開ける場合は凝視しすぎないように注意

目を軽く見つめる女性

目を開けてキスを楽しむとき、ただ目を開けていればいいというわけではありません。

せっかくのロマンチックなキスのときに、相手を凝視してしまったらそれこそ雰囲気が台無しですよね。目を開ける場合は、絶対に凝視しすぎないように注意しましょう。

相手が目を閉じていても、開けていても、見るときは笑顔を心がけましょう。キスしているときに目が合って、相手がじっと自分の顔をじっと凝視していたらなんだか怖いですよね。

せっかくの恋人としての良いムードを保つためにも、不自然に凝視するのはやめましょう。もしくは、笑顔だけではなく、トロンとした目で相手を見つめるのも効果的です。

二人のキスに夢中になって、身も心もとろけてしまっている証になります。そんな相手の表情を見たら、興奮して更にキスが盛り上がることは間違いないですね。

キスで目を閉じる理由は緊張と恥ずかしさ

キスのときに目を閉じる女性

目を閉じてキスをする主な理由は、恥じらいや緊張、そしてキスというロマンチックな雰囲気を大切にするためです。

目を開けてキスをするのは、相手の表情を楽しむという、ちょっと上級なキスの仕方になります。最初のうちや、真剣にキスを楽しみたいときは、目を閉じてキスをすることが好ましいでしょう。

キス中に目を開けていて、相手に引かれてしまうようなことがあってはたまりませんからね。それに、人は一つの感覚を真剣に感じたいと思ったとき、目を閉じて感覚に集中するものです。

その感覚に集中するさまはキスでも同じですね。目を閉じてキスをする理由としては、このこともかなり大きな理由の一つです。

キスという行為を楽しみたいと思ったとき、目を閉じて唇の感覚に集中してみましょう。彼の柔らかな唇を集中して感じることは、彼の深い愛を感じることと同じです。

目を閉じて真剣にするキスほど、相手からの深い愛情を感じられるキスはないのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。