運命の人の見分け方とは?

どうせ付き合うなら、運命の相手と付き合って幸せになりたいものですよね。運命の相手でない人と付き合って、結果的に無駄な時間を過ごしたくないと考えるのは、当然のことです。

しかし、付き合ってみないと運命の人かどうかはわからないものです。「できるだけ早く運命の人かそうでないかを見分けたい!」と思うことでしょう。

今回は運命の人の見分け方についての記事をお送りいたします。ここでは運命の人の具体的な見分け方を紹介していくので、参考にしてみてくださいね!

運命の人の見分け方とは?

運命の人は一目惚れもあり

一目惚れ結婚

人の好みは基本的に一生変わりません。一目惚れした相手が運命の人だったら、大好きな見た目の相手と一生一緒に過ごすことができるのです。これ以上に幸せなことはありませんね。

しかし現実問題、一目で恋に落ちるような相手とは巡り会うことは簡単にはできないものです。交際相手がいたり、既婚者だったらそもそも発展のしようがないというところも難点です。

女性が一目惚れする確率は0.1パーセントで、男性は1パーセントだそうです。男性の方が10倍高いものの、かなりの低確率だということがわかります。

だからこそ、低確率の中「この人しかいない!」と感じる相手と出会うことができたら、運命の人の可能性が高いです。運命と信じ、積極的にアタックしていくといいでしょう。

初めて会った気がしない

初めて会った気がしない女性

初めて会うにもかかわらず、なんだか初めて会った気がしない相手って、たまにいませんか?そんな相手もまた、運命の人の可能性が高いです。

実際にどこかで会っていたか、どこでも会っていないかは関係ありません。初めて会ったはずなのに、初めてと感じないほどに、あなたと波長が合っているということなのです。

なぜか安心して落ち着いて話せる相手だったり、無言でいてもお互いが気を使わないでいれたり。話が永遠に尽きなかったり…。タイプはそれぞれあっても、最初からなぜか意気投合するのです。

まさに相性があっているという証拠です。きっとあなたも、なんとなくではありますが、相手と絶対にうまくいく感じがしているはずです。

不確定にもかかわらずなぜか確信めいたフィーリングこそ、運命の人と出会ったという感覚なのです。

初めは性格が反対だけど、次第に…惹かれていくこともある

惹かれ合う男女

わたしたちは基本的に、似た者同士がうまくいったり、逆に正反対の性格がうまくいくというパターンが多い傾向にあります。

似た者同士だと揉めごとが起こらなかったり、共通の趣味などで話が盛り上がったりと、惹かれ合うのも必然的でしょう。しかし、正反対の性格をした二人が惹かれ合うのはなぜでしょうか?

正反対の相手同士だと、最初はお互い相手を理解できないことが多々あります。「何でこんなわけがわからないことするの?」と、苛立つこともしばしばでしょう。

しかし、時間の経過とともに、凸凹やパズルのピースように、正反対の二人がぴったりとはまるときがくるのです。

逆に、他の人だと自分がまるで成立しないかのような錯覚にまでも陥るくらいです。

私たちは、自分にはないものに惹かれる傾向にあります。なので、正反対の二人はお互いが認め合い、理解し合う段階までくると、お互い惹かれ合うのです。

初めは性格が反対だけど、時間を経ていくうちに惹かれ合っていく運命の相手の心理なのです。

いつになってもトキメキが止まらない

トキメキあう男女

付き合って時間が経つにつれ、だいたいの場合はいつしか相手への熱が冷めてきたり、倦怠期がきたりします。

また、次第にドキドキがなくなり、家族のような安定した存在へと変わっていきます。嫌いになっているわけでもなければ飽きてきているわけでもなく、慣れから生じるものです。

しかし、付き合ってから長くなっても、なぜかずっとトキメキが止まらない相手はいませんか?運命の人の可能性が高いです。

いつまでたっても相手に対しての熱が冷めず、恋愛感情を持ち続けることができているという証拠です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。