運命の人とすれ違いやすい理由とは?

「あと、少し早くあなたと出会えていたなら…」
「別れて、初めてあの人が運命の人だと感じた」

このようなセリフをよく耳にしますよね。

不思議なことですが、運命の人とはすれ違いやすい関係性にあります。「この人だ!」と思っても、相手やあなたにとってベストなタイミングではなく、お別れすることも。

運命の人と別れてしまったらもう二度と幸せにはなれないと思っている人も多いでしょう。

じつは、そんなことはないのです。運命の人とすれ違っても、幸せになれるパートナーに出会える方法があります。

また、すれ違いになってしまうのにも理由があります。今回は、運命の人とすれ違いやすい理由と、新たな運命との出会い方を紹介します。

運命の人とすれ違いやすい理由とは?

運命の人は恋愛だけではない

恋愛に悩む女性

わたしたちが運命の人と聞くと、結婚するパートナーを想像しがちですよね。じつは、運命の人は結婚だけではないのです。

「恋愛」以外でも「学校」、「仕事」、「友人」それぞれに運命の人が存在します。つまり、運命の人は一人だけではないのです。

「あなたの将来を導いてくれた先生の一言」。「職場の上司のアドバイス」などで、ハッとさせられたり尊敬したりした経験のある人もいるのではないでしょうか。

運命の人は、恋愛だけではないのです。「別に、上司と結婚したいわけじゃないから関係ない」と思う人も多いでしょう。

しかし、運命が動き出すのはあなたの生活全般の誠実さや態度で動き出すのです。色んなシチュエーションに存在する運命のパートナー、その人たちとのかかわりを大切にしていくことが重要です。

全く関係ないと思われる普段の生活で出会う人たちも運命の人を引き寄せる大切な歯車です。生活で出会う様々な運命の人と、一緒にいたり関わることであなたの人生をより豊かになるでしょう。

なんで、運命の人とすれ違いやすいの?

運命の人とのすれ違い

恋愛、仕事、友人においても存在する運命の人は、なぜすれ違いやすいのでしょうか。答えはとてもシンプルです。

それは、「心の余裕」です。仕事やプライベートに余裕がなくなると、人は問題を解決しようといろんなものを切り離そうとします。

自分を押さえつけていて重荷を切り離せば、身軽になり問題を解決するほうに力を100%注げると思い込んでしまうのです。運命の相手との時間は、居心地がよく甘えられる快適な空間です。

しかし、心の余裕がないとその空間すら重荷になってしまうこともあります。

「今は、仕事に集中したいから別れたい」。「あなたのことまで、考える余裕がないの」とサヨナラしてしまう人も多いでしょう。

同様に、付き合っていても相手に不満が出てきた時も要注意です。あなた自身に心の余裕がないと今までまっすぐに受け止められた相手の言葉もへりくつにきこえたり、煩わしく感じてしまいます。

すると、運命の相手でもあなた自ら運命の人を切り離してしまうのです。

すれ違うことで実感するありがたさ

ありがたみ

特にアラサー世代で、元彼と結婚するパターンが多くみられます。一定の冷却期間で、自分の気持ちに余裕ができ始めたころに支えてくれたパートナーたちへのありがたみを実感します。

20代前半でお付き合いしていたけれど、仕事でお互いすれ違い、数年後に成長して再び出会うケースが多いようです。

2人が再び、再会するまでにお互い新しい彼氏や彼女がいたとしても、結局二人は元に戻るのです。運命は、二人を引き離してお互いの存在の大きさを再確認させてくれます。

運命の人だからと言ってすべてうまくいくわけではない

すれ違う男女

運命の相手なら、二人の関係はとんとん拍子に行くと思ってしまいますよね。じつは、必ずしもすべての運命がとんとん拍子ではないのです。

あなた自身が運命を受け入れるレベルに達していないと運命は目の前を素通りしてしまいます。毎日をだらだらと過ごしている時には運命の人とは出会いにくいものです。

出会えてもうまくいかなかったり、すぐに別れてしまったり……。運命の人と上手くいくときは、女性としてだけではなく人間として成熟している時です。

相手もあなた自身も「今後の人生を長く一緒にいたい」と思えるだけの成長が必要です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。