【出会いがない大学生必見】学年別出会いの場とは?

大学3年目の出会い

大学3年生になると、サークルでも引っ張っていく立場になります。また、就活を控えて最も遊べる最後の時期とも言えるでしょう。そんな大学3年生の時期の出会いの場とはどこになるのでしょうか?

ゼミは必須

ゼミでの出会い

大学3年生になると、専攻分野の研究会に入ることが多くなります(一部2年生からの大学もありますね)。そのため、今までとは違うコミュニティーが誕生するのです。

大学生でゼミに入っていない人は少ないです。入っていれば、他の授業を一緒に受けたりと親密になれるチャンスが広がります。

また研究会独自のイベント(夏合宿や球技大会)などもありますので、親密になるチャンスが多くあります。ぜひとも、ゼミは必ず入っておきましょう。

インターンシップ

インターンでの出会い

また、一部の学生はサマーインターンやウィンターインターンを始めるのもこの時期になります。

大学3年生になれば、ベンチャー企業や外資系企業の採用も始まるので、就職への意識も高まりますよね。

特にワンデイではなく、5日間などグループワークを中心とした短期インターンシップへの参加がおすすめです。

普段とは異なる違う大学との出会いもあり、実際に短期のインターンがきっかけでカップルになる人もいます(何の目的でインターンに参加しているんだ!...という指摘はさておき)

就職の前段階の準備にもなり、他学生とも出会えるので時間に余裕がある人は参加してみましょう。

大学4年生〜卒業

いよいよ、最終学年になりました。学生生活最後として、名残惜しさもあるかもしれません。それでも、まだ恋人ができる新たなチャンスはあるので、見ていきましょう。

合同説明会・就活講習会

合同説明会や就活講習会(履歴書の書き方やグループディスカッションの練習会など)は、出会いの場とも言えます。

同じ業界に興味のある人がいれば、ぜひ他にどの会社に興味を持っているかや業界知識について、聞いてみましょう。

就活講習会にグループワークがあれば、自己紹介などの機会があるはずです。

このような場合、その場で会った人たちのLINEを作り、定期的に就職の状況やセミナー情報をシェアするのに役立てましょう。

また、就活前の情報交換会や就活後の「お疲れさまでしたの会」など、集まれる場を作るのもありですね。

内定者バイト

内定者バイトの出会い

内定先が決まり、就活がいよいよ終わったとなると、内定者同士での集まりがあります。内定式もそうですが、定期的に就職前の事前説明会があります。

また、中には内定者はアルバイトとして一足先に業務を経験できることもあるのです。就職する会社の雰囲気を事前に確かめられる上に、お給料までもらえるので有難いですね。

先輩や同期のアルバイトの友達もできるため、出会いが広がります。また、毎年入社前に付き合うカップルがどの会社にもいます。

ぜひ、限られた機会に積極的に異性と交流を持ってみましょう。

中・長期旅行

大学最後は、旅行に行ってみるのもおすすめです。社会人になるとなかなか時間が取れないもの。一人で行くバックパッカーもよいです。

ウユニ塩湖やマチュピチュは学生にも人気が高いです。海外旅行で観光名所に行けば、同じく旅行をしている世界中の人と出会うことができます。

旅行をすると当然、日本いるときよりも開放感でテンションが高くなっている人が多いです。羽目を外しすぎるのも良くないですが、せっかくの機会を楽しみましょう。

大学生の出会いは最初が肝心

大学生の出会いは最初が肝心

いかがでしたでしょうか?

出会いは意外とあるものです。しかし、どのタイミングでも最初が大切です。そこで、仲良くなるチャンスを逃すと、恋愛には発展しづらいもの。

もしも、素敵な人がいれば積極的に話しかけ、仲良くなってしまいましょう。サークルやゼミであれば周囲にも相談しやすいので、臆せず恋愛を楽しんで下さいね♪

関連記事:withに出会いはあるの?26歳独身女子が実際に男性とデートしてみた!

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。