恋愛の7つのデメリットとは?

恋愛と、好きな人と目が合った。話ができた。デートに誘われた。付き合うことになったなどワクワクすることがたくさんありますよね。デートの服や髪型を考えるだけで幸せな気分になります。

頭の中に、好きな彼がずっといることでモチベーションも上がりますし、仕事や生活にもハリが出てくる人も多いです。しかし一方で、恋愛にはデメリットもあるのをご存知でしょうか?

恋は必ず成就するとは限りません。苦しい恋や、切ない恋も当然あります。そんな時に、辛くて何も身に入らないということもあり得ます。今回は、「恋愛のデメリット」についてまとめました。

7つのポイントに絞って紹介していきますので、是非参考にして下さい。

恋愛の7つのデメリットとは?

努力が報われないことも多い

報われない恋愛の努力

恋愛は1人でするものではありません。相手の気持ちがあってこその恋愛です。好きな彼に振りむいてもらうため、恋愛中は様々な努力をしますよね。

美容院に行ったり、ダイエットに行くという外見的なケアをする人もいるでしょう。料理教室や習い事など、内面を磨くために頑張る人も多いです。

仕事や勉強なら、自分1人で頑張った結果が必ず待っています。しかし恋愛は必ずそうとは言えません。どんなに頑張っても、恋愛成就はせずに振られることもあります。

例え交際することができて、誠実に付き合ったとしても、彼に浮気をされることもあるでしょう。努力と結果が比例しないのが恋愛です。

報われないかもしれない可能性がある努力を行うことは、恋愛のデメリットだと言えるでしょう。

好きな人が頭から離れない

好きな男性を考える女性

恋愛をしてしまうと、好きな人のことが頭から離れなくなってしまう場合があります。このタイプの人は、仕事をしても集中できずに彼のことを考えます。

また、親や友人の話を上の空で聞いていたり、会話がままならないこともあります。今まで普通に出来ていたことが、彼のことを考えるのに必死で他に支障が出るのです。

好きな人のことが頭から離れなくなってしまうと、様々な不便が生じます。仕事を効率的に進めていたのに、作業スピードが落ちた。打ち合わせで聞き逃した。会話が噛み合わないなどがあります。

彼のことで頭がいっぱいになり、これまで出来ていたことに支障が出るのなら、恋愛のデメリットと言えるでしょう。自分の評価だけでなく、周囲にも迷惑をかけるので大変です。

くだらないことで一喜一憂する

一喜一憂する女性

大好きな彼の、何気ない言動で一喜一憂するのは、恋をする女性の醍醐味ですよね。些細なことではありますが、それが原因で1日の気持ちが明るく過ごせるかどうか変わります。

他人から見れば、なんてことの無い言動でも、恋する女性にとっては重大です。彼に変な風に思われたのかもしれない。もっとこうすれば良かったというような自己嫌悪もあります。

私の気持ちに気づいたのかな。ニコッて笑いかけてくれた。「もしかして、脈ありなのかな」など期待をしてはドキドキすることもあるでしょう。

些細な言動で一喜一憂する姿は、周囲から見れば可愛いものです。しかし、あまりにも気分の差が激しい場合は注意が必要です。

毎日のことなので、彼の言動を気にするあまり、心が疲れてしまう可能性があります。自分のペースや心を乱され、常に「どう思っているのかな」と考えるなら、恋愛のデメリットと言えそうです。

依存しすぎると時間を無駄にするかも

時間の無駄

恋愛は、本来とても楽しく、2人で愛を育み成長していくものですが、執着心が芽生えてしまうこともあります。執着心は依存心とよく似ています。依存心が生まれると冷静な判断が難しくなります。

私はここまでしているのに、どうして彼は違うんだろう。好きではないのかなと期待したり、疑ったりします。束縛をしたり、頻繁な連絡を強要したりして嫌われることもあります。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。