恋愛で倦怠期を乗り越える7つの方法とは?

どんなに好きでもドキドキ感が落ち着いてきた頃に倦怠期は必ずと言ってもいいほどやってきます。それはどのカップルでも訪れる壁でしょう。

よく、倦怠期は3ヶ月、半年、1年、3年の周期で訪れると言われています。倦怠期に今までの不満をぶちまけて、大喧嘩して別れるカップルもいます。

また、連絡が減り、相手を好きかどうかわからなくなって、最悪自然消滅なんてこともあるでしょう。倦怠期は「退屈感」が原因で起こり、お互いにとても精神的に不安定になる期間です。

しかし、今より深い関係になるチャンスでもあります。今回は恋愛で倦怠期を乗り越える7つの方法についてお伝えします。

恋愛で倦怠期を乗り越える7つの方法とは?

デートを工夫する

新鮮なデートを楽しむカップル

恋愛というものは、自然に湧き出る愛情によって続いていくものです。なので、倦怠期だからといって、付き合い始めのドキドキした感情に「戻す」のは少し違います。

新たに恋する気持ちで彼を見直すように工夫や努力することが大切です。マンネリ化しがちなデートの工夫が必要なのです。

例えばよく動物園に行くなら、たまにはアニマルカフェなど見るだけじゃなく触れ合える場所に行くのも刺激になるでしょう。デートのパターンを増やすことが大切です。

また、「とりあえず」や「義務的」には会わないようにしましょう。

心から「会いたい」と感じなければ断って、あえて会う回数を減らすのも、次のデートのスパイスになるかもしれませんよ。

無理にルールを順守しすぎない

彼に日課のLINEをする女性

倦怠期は何でも許せていたラブラブなときと違い、気持ちが不安定のため些細なことから喧嘩に発展しやすいものです。毎週末必ずあった電話が昨日無かったなどとピリピリしてはいけません。

付き合い当初は許せていた行動、わがままも倦怠期ではイライラのもとになってしまいます。

倦怠期特有の不愉快さから抜け出すためにも、「ルールなどは無理に順守しすぎない」ように意識しましょう。

たとえ昨日電話がなくても今日きたなら「あなたの声が聞けて嬉しい」と心が温まる言葉をさらっと言える関係が良いですね。

たまには「格好良いね」と単純な褒め言葉も相手のイライラした気持ちを抑えるのに効果的ですよ。

彼氏以外の時間を増やす

一人で過ごすひと時

友人と会って話をして心を落ち着かすことも良い方法です。特に女性は自分が思っていることを聞いてもらえるだけでスッキリします。共感されることでさらにスッキリするのです。

また、人に話すことで自分の頭の中も整理することができます。言いたいことを我慢して、それがストレスに変わっていることもあるので気をつけましょう。

友人のなかでも、より似たような人生経験をした友達と話す方がおすすめです。

また、マンネリ対策の代表的なものに冷却期間を置くというものがあります。まずはメールや電話、LINEなどを一気に断ち切って、お互いに心を落ち着かせてリセットさせる時期を設けるのです。

そうすれば、次に会った時に新鮮な気持ちになり、お互いが素直に慣れるというテクニックです。倦怠期カップルにもおすすめの方法です。

性格にもよりますが、多くの人はプライベートの時間に他人が割り込んでくると心が安らぎません。

たとえ、彼氏でも彼女でも、夫でも嫁でも同じことであり、一切の秘密がない、自分の時間がないことはストレスになるのです。

ましてや、倦怠期に度が過ぎる連絡や束縛があれば、ストレスをあえて与えるようなものですよね。

別れを回避しようと無理やり一緒にいると、ストレスが溜まり、逆に悪化してしあう恐れもあります。自分に余裕を持つことを心がけましょう。

そして、彼にうざいと思われないように適度に距離を置く必要があることを覚えておきましょう。適度に距離を置いてお互いに1人の時間がある方が恋愛感情も長続きし易いものです。

時の解決を待つ

時の流れ

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。