恋愛なんてくだらないと思う理由とは?

人を好きになるのは素敵なことですが、ふと「恋愛なんてくだらない」と思う時がありませんか? 恋愛というものは本来、楽しいことや幸せなことであるはずです。

誰かを好きになり、片思いをしたり、想いが叶いお付き合いしたりする。人間関係のやりとりですから、楽しい思いもするし、つらい気持ちになることももちろんあるでしょう。

ただし「くだらない」とまで思ってしまうには、それなりの理由があるということです。人を好きな気持ちだけでは解決できない何かがあるということではないでしょうか。

なぜ恋愛をくだらないと思うのでしょうか?またどんな時にくだらないと感じるのでしょうか?恋愛をくだらないと感じてしまう時の理由についてご紹介します。

恋愛なんてくだらないと思う理由とは?

好きで他のことが手につかなくなる

好きで他のことが手につかなくなる女性

片思いしていても、たとえお付き合いできても、相手のことが好きで他のことが手につかなくなることがあります。恋愛に依存してしまった状態とも言えます。

仕事をしていてもふと彼のことを考えてしまう。会話の内容などちょっとしたことを思い出すと、考え込んだり悩んだりしてしまう。好きな人を思うと他のことはそっちのけになってしまう。

このように他のことができないほどになると、生活にも支障が出て来ます。そして恋愛に振り回されて、疲れて来ます。やはり仕事が手につかないということが一番、生活に問題が出てくるでしょう。

仕事とプライベートなことは別!と切り替える必要があります。ただ、気持ちの切り替えが簡単にできないので、自分の人生を生きられないと感じて来て、恋愛はくだらないと思うようになります。

素直になれない

素直になれない女性

好きな人に対して、なぜか素直になれないというのは恋愛では多いことです。もちろん、好きな人の前で緊張するのは仕方のないことかも知れません。

問題なのは、そっけない態度を取ってしまったり、思ったこととは違うことを言ってしまって変な行動をしたりすることですね。「本当はそんなことするつもりではなかった」と思ってしまいます。

さらに後になって「なぜ素直になれなかったのか」と後悔することになり、余計に嫌になってしまうのです。ただ、彼が好きだからこそ、反対とも取れる態度をとってしまうというのが真実です。

好きな人だからこそ甘えてはいけない、素直に本心を見せて好かれなかったら困る、という防衛本能から素直になれないのです。

理由がわかっていれば、少なくとも自分を責める事は減るのではないでしょうか。

無理をする

無理して恋愛する女性

恋愛において、好きになってもらおうとするのは悪いことではありません。好かれたい、よく見せたいという本能から、無理をしてしまうことは多くあります。

恋愛の始めの時期には、気分を高揚させてくれるホルモンが分泌されていて、疲れを感じないと言われます。

多少の無理をしても大丈夫ですが、効果は永久に続くわけではなく、疲れを感じて来る時が来ます。気持ちも、体力的にも無理をしていたことに気づくと、恋愛し続けることにも疲れて来ます。

ひどくなると、恋愛そのものをやめたくなる時もあるということです。好きな人の態度や言動に我慢していたり、気持ちをうまく表現できなかったりすれば、ストレスがたまります。

恋愛で幸せなはずが、辛い思いや体験が増えてくれば、無理をしていることに気づくのです。

依存しすぎる

依存しすぎる女性

単純に彼が好きというだけではなく、依存してしまう恋愛をすると、辛い思いをすることにも繋がります。普通なら好きな人といられるだけで素敵な恋愛が、違ったものになって来てしまいます。

一緒にいても離れていかないか不安になったり、好きな人の全てを管理したくなったりするなどです。必要以上に頑張って無理をしたり、自信がなくて落ち込んだりします。

さらに依存した恋愛において失恋してしまうと、受けるショックがとても大きくなります。例えば失恋したために、学校や仕事を休むほどになってしまうこともあります。

失恋してショックが大きいと、なぜ恋愛したのか、くだらないという気持ちにも繋がりやすいものです。また依存してしまうのなら恋愛はしないほうがいいと思ってしまうこともあります。

好きな人と話せるだけで嬉しい

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。