ドキドキが恋愛の始まり!?恋してる7つの瞬間とは?

恋人募集中の期間が長くなってしまうと、自分1人の時間の使い方に慣れてきますよね。プライベートが充実しすぎた結果、恋人がいつまでも出来ないという話は多いです。

恋人がいなかったので、予定を埋めたり趣味を初めて時間を使っていたのに、今度はそれが原因で出会いの時間すらなくなります。

でも楽しいからいいやと放置した結果、恋愛の仕方を忘れる場合も少なくありません。気がつけば、「恋の始まりって、どんなだったかな」と分からないと言う意見がを良く聞きます。

今回は、そんな恋の自覚をするのに時間がかかる人へ、「恋をしている瞬間」についてまとめました。7つのシチュエーションを紹介しますので、是非参考にして下さいね!

ドキドキが恋愛の始まり!?恋してる7つの瞬間とは?

目が合うと動揺してしまう

目が合うと動揺

恋をしているなと分かる瞬間と言えば、「目が合うと動揺してしまう」が挙げられます。好きな人のことって、つい無意識に目で追ってしまいますよね。

人混みでも彼をすぐに見つけられる人も多いのではないでしょうか。自分では相手を見ておきながら、いざ目があってしまうと動揺してしまう人も少なくありません。

目が合ってしまった!見ていたのがばれたかもしれない!好意に気づいたかもしれない!とどうすれば良いのか分からなくなります。自然な笑顔ができず、後から反省する人も多いです。

目が合うと動揺してしまうのは、少なからず意識しているからです。何とも思っていない人と目があっても、どうということはありません。動揺すると言うことは、相手を好きな証拠です。

考えるだけで胸が苦しくなる

考えるだけで胸が苦しくなる女性

恋愛と言うと、楽しくてワクワクしたり、ドキドキしたりするイメージがありますが、実際は楽しい感情だけではありません。切なくなったり、嫉妬したり、ネガティブな感情も入ってきます。

自分のことをどう思っているのか。他に好きな人はいるのか。あの時の彼の態度はどういう意味だったのか。考え出したらキリがないほどです。

こんなに好きになったのは初めてだという風に考えただけで、胸が苦しくなった経験はありませんか?好きだからこそ、胸が苦しくなり、どうしようもない切なさがこみあげてくることもあります。

相手を考えただけで苦しくなる時は、相手に恋をしている瞬間を自覚する時と言えるでしょう。

他の異性と話していると嫉妬してしまう

激しい嫉妬をする女性

恋愛に嫉妬はつきものです。自分のものなのにと傲慢な考えなわけではありませんが、やはり自分以外の異性と仲良くしていると面白くありません。不安になる時もあります。

仲良く話している女性は誰だろう。私よりキレイだな。私と話す時よりも楽しそう。好きなのだろうか。どういう関係なのだろうか。いけないとは思いつつ、気になってしまうことでしょう。

ただの男友達が誰と話していようと、気に留める人はいませんよね。他の異性と話しているところを嫉妬してしまうのは、彼を好きだからと言えます。

片思い中なら不安になりますし、交際中なら嫉妬でイライラしてしまいます。好きな人だからこそ、自分以外の女性と、自分以上に仲良くして欲しくないものなのです。

一日中彼のことで頭がいっぱい

一日中彼のことで頭がいっぱいな女性

寝ても覚めても1日中彼のことが頭から離れない時は、彼のことが好きな証拠です。今日の彼は格好良かった。笑顔を向けてくれて嬉しかった。明日も喋れたら良いなという風に1日を振り返ります。

嬉しいことは、頭の中で何度も何度も繰り返され、その度にニヤニヤしてしまったり、顔が赤くなったりするでしょう。同じことなのに全く飽きないのも恋をしているからです。

逆に、彼の態度がそっけないと何度も繰り返し思い出し、自分は何かしただろうか。怒っているのだろうか。嫌われたのだろうかと不安で仕方ない人も少なくありません。

彼と会っていない時も、彼とのことを思い出し、1日中彼のことが頭から離れない場合、彼に恋にしていると言って良さそうです。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。