初デートでキスはあり?なし?

あなたはキスのタイミングについて、どう考えていますか?

「お互いの盛り上がったタイミングでキスする」「好きな気持ちがあれば、タイミングはいつでもいい」「3回目のデート以降と決めている」「付き合ってからでないと、キスはしない」

いろいろな意見がありそうですね。また、男性と女性とでは意見が違うかもしれません。女性であれば「相手のタイミングに任せたい」と考える方が多いでしょう。

男性であれば「なるべく早くキスしたい!」と考える方が多いでしょう。「早くキスしたい」男性の中には、初デートのキスを拒否されるのではないかと心配している方もいるのではないでしょうか?

今回は、初デートでのキスが「あり?」か「なし?」かについて、考えてきましょう。

初デートでキスはあり?なし?

初デートのキス

初デートでキスをすることについて、あなた自身はどう考えていますか?

おそらく、年齢や恋愛経験によって意見が分かれることでしょう。初デートでキスすることに対する抵抗感を、「キスのハードル」としてお話ししていきますね。

「キスのハードル」は、その人の過去の恋愛経験と育った環境に大きく関わっています。恋愛経験が多い場合「キスのハードル」は低くなり、少ない場合には高くなります。

なぜ恋愛経験が多いと、「キスのハードル」が低くなるのでしょうか?

今までに一度もキスを経験したことがない場合、「ファーストキスの相手は慎重に選ぼう」「ドキドキしてしまって緊張する」など、憧れ・期待感や緊張感が高いため「キスのハードル」も高いのです。

しかし、恋愛経験を重ねてキスやセックスの経験回数が増えていくにつれて「キスのハードル」は下がっていくものです。

人生経験と恋愛経験の差から、価値観に差が生じています。

初デートでのキスがありの理由?

初デートでのキスがありの理由

「キスのハードル」の個人差を踏まえた上で、初デートでのキスが「あり」の理由を考えてみましょう。

出会ってから間もないけれど「見た目もタイプだし、話もすごく合う!」という相手に出会うこともありますよね。

または、友達としての付き合いが長いけれど、「二人だけで過ごすデートの時間は初めて」という場合もあるでしょう。

出会って間もない相手でも、お互いの気持ちが盛り上がってキスする展開も「あり」でしょう。友達としての付き合いが長い関係を、恋愛に発展させるためには、初デートでのキスも「あり」でしょう。

キスすることをきっかけに、相手を恋愛対象としてみることができる場合もあります。もちろん、「二人の気持ち」と相手の「キスのハードル」の高さに配慮する必要があることをお忘れなく!

お互いの「キスのハードル」が低ければ、初デートのキスも「あり」なのです。しかし、どちらか片方の「キスのハードル」が高く、どちらか片方が低い場合には「なし」なのです。

では「キスのハードル」のレベルは、どうやって探れば良いのでしょうか?

オススメの方法は、過去の恋愛経験を恋話としてリサーチすることです。会話の中で、さりげなく今までに付き合った人数や恋愛経験を聞き出しましょう。

「今まで付き合った経験はない」「一人だけ付き合ったけど、すぐ別れた」恋愛経験が少ない場合には、「キスのハードル」が高い可能性があります。

初デートでキスを仕掛けた場合、玉砕する可能性が高いので気を付けましょう。また恋話に積極的に話をしてくれる場合、恋愛に対する関心が強いことが伺えます。

過去の恋愛の話を積極的に話してくるようなら「キスのハードル」は、低い可能性があります。逆に自分の過去の恋愛経験を恋話として話したがらない場合、「キスのハードル」が高い可能性があります。

恋話のノリや、過去の恋愛経験を参考にして相手の「キスのハードル」を探っていきましょう。相手の「キスのハードル」を尊重し、それに応じて「あり?」か「なし?」かを判断することが重要です。

恋愛において、一方的な価値観を押し付けることは絶対にNGですよ。

キスは愛情表現の一つ

キスは愛情表現の一つ

愛情表現として、初デートでキスすることは「あり」でしょうか?

犬や猫がペロペロと手を舐めてきた経験は、誰でもあることでしょう。人懐っこい動物は、愛情表現としてキスに似た行動をしますね。

人間でも、動物の本能でキスは重要な愛情表現の一つです。一言でキスと言っても、唇と唇のキスだけが全てではありませんよ。

例えば「おでこ」「頬」「手」「頭」に、軽くキスするのも愛情表現の一つです。初デートでスキンシップを仕掛けるのは、男性の役目ですね。

唇以外の場所へのキスは「好きすぎて、どうしていいかわからない!」という感情を表すことができる愛情表現です。

「ハグ」の流れの前後で「おでこ」「頬」「頭」に、軽くキスするのが自然でしょう。「キスのハードル」が高い相手の場合でも、唇以外の場所になら、さりげなくキスすることができそうですね。

だだし「耳」「首」「胸」などへのキスは、セックスへのアプローチを連想させます。唇へのキスが成功した後に、ステップアップするようにしましょう。

逆に、女性の方から初デートでキスを仕掛けるのは、やりすぎかもしれませんね。その日のうちにセックスをしたいのであれば、止めません。

あなたが肉食女子だったとしても「焦らしてから釣る」ような感覚で、相手が食いついてくるまで待ちたいものです。

「追いかけたい」という男性の本能を刺激するくらいのスキンシップを仕掛ける程度にとどめた方が良いでしょう。

自然に、さりげなく触れて、相手のドキドキ感や期待感を高めていく方が、恋愛が盛り上がるものですよ。

その場の雰囲気次第でキスもあり!?

その場の雰囲気次第でキス

その場の雰囲気次第で、初デートにキスするのは「あり」でしょうか?

男性は「あり」と思うことが多く、女性も「相手次第」と思うことが多いようです。

二人のテンションに温度差がなく「キスのハードル」が低いことが確認できたら、その場の雰囲気次第でキスするのは「あり」です。

シチュエーションの例としては、「車の中」「夜の公園のベンチ」「観覧車の中」「二人きりの部屋の中」などですね。周囲に人がいる場合には「人が見ているから嫌」と断られる可能性があります。

二人だけのプライペートな空間の方が、断られる可能性は低いものです。二人の気持ちが「距離が近い」「通じ合っている」と思えるタイミングが理想的ですね。

さらに、会話が盛り上がっている時に「手を繋いだり」「肩を抱いたり」と、二人の距離が近いことも重要なポイントです。

ふと会話が途切れたタイミングなどに、自然な流れであるかのようにキスを仕掛けましょう。大切なのは「自然な流れ」です。挙動不審になってしまうと、せっかくの良い雰囲気も台無しになります。

スキンシップを嫌がらなければキスもOK?

スキンシップの流れでキス

スキンシップを嫌がられなければ、初デートのキスも「あり」でしょうか?

デートのスキンシップの第一段階としてクリアしておくべきなのが「手を繋ぐ」ことですね。さらに次の段階でクリアしておきたいスキンシップは「ハグ」です。

「手を繋ぐ」と「ハグ」は愛情表現として、とても有効なスキンシップです。某ドラマでも「ハグの日」が話題になった「ハグ」なので、笑いを交えながらでも愛情表現に取り入れられそうですね。

「ハグ」は有効なスキンシップですが、必ずクリアしなければならないというわけではありません。スキンシップのメリットは、二人の関係を自然な形でステップアップさせていくことができることです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。