デートで緊張しないコツと緊張してしまったときの対処法とは?

デートってどうしても緊張するものですよね。友達とだと、異性であれ同性で緊張しないのに、相手が気になる人や好きな人だと、どうしても緊張してしまうものです。

過度に緊張してムダなことを話しすぎてよそよそしくなってしまったり、それとは反対に無言になってしまったり…。緊張が原因でデートがいまくいかないことは予想以上に多いんですね。

デートで緊張しないコツと緊張してしまったときの対処法とは?

語り合うカップル

デートで緊張しない方法なんてあるの?と疑う方もいるでしょう。もっとも、気持ち的な問題なので完全に緊張を根っから取っ払うということは難しいものです。

しかし、緊張を緩和させたり、解消する方法やコツはいくつもあります!そこで今回、デートで緊張しないためのコツをじっくり紹介していきます。

併せて、緊張しないでデートを楽しむためのコツも含めて提案していきます。

デートでの雰囲気が心配だったり、不安だったりする人は是非参考にして、デートを思う存分楽しめるようにしてくださいね!

事前準備で過度な緊張は防げる

開いた手帳とコーヒー

デートでの緊張は、心に余裕がないことが原因で生まれます。物事がうまく進まずに、焦ってハラハラドキドキしてしまうことはありませんか?

そんな時、「前もって準備していたらよかったのに…」と後悔したことはありませんか?

デートもこれと同じで、ある程度の緊張は事前準備で防ぐことができるのです。

例えば駅に乗っていくはずの自転車がパンクした、履いていくはずのお気に入りのタイツがネイルで引っかかって破れた、など…。

バッファを取っていたら、このような事態も焦らず対応できるのです。一方で、このようなアクシデントが起こった時に事前に準備をせずにいたら、ギリギリまでジタバタしてしまいます。

そして、最悪の場合、パニックになってしまい、ハプニングにも対処しきれないこともあるでしょう。

こうなってしまったら精神的にも落ち着かず、緊張が増してしまうのは容易に想像できます。

要するに、何もなくても念には念をという考えのもと、事前準備や最悪のケースを想定したバッファをみておくことが大切なのです。

当日焦らないように服や小物は前日までに用意

ブルーのセーター

前述の通り、当日バタバタしないためにも、当日やらなくてもいいことは前日までに済ませておくことが大切です。

例えば、デートに着ていくための服の準備は寝る前までにしておくことをおすすめします。その際、天気や気温を調べた上で準備をすると、当日慌てることが少ないでしょう。

また、持っていくバックは前日の服を決めた後にコーディネートし、しっかり荷物を中に入れてから寝ましょう。服とのバランスによってバックが合う・合わないも出てくるでしょう。

また、事前に選んでおいたバックにいざ当日荷物を入れようとしたら「入りきらない!」となっては焦ってしまいますね。

そして、着けていくアクセサリーもまとめておきましょう。いざ着けようと思ったら置いていたはずの場所になくて焦ったり、片側だけなくて探すのに手惑うのはいやですね。

また、チェーンが絡まって、焦って解いた結果ちぎれてしまう…なんてことがあってはデートを楽しめません。

デートの準備において後回しは厳禁です。当日の焦りからくる緊張をなくすためにも、できることは前日までに済ませましょう。

当日のデートプランを考えておく

外でスマホを操作する人

また、「当日の流れでなんとかなるか!」と思い、予約をとることやプランを練ることを蔑ろにしてしまうことはありませんか?

適当に入ったお店があまりに不味くてせっかくのデートが台無しになってしまうこともあるでしょう。

また、いきなりでも入れるだろうと思っていたお店が1時間待ちで、待ち時間で相手が不機嫌に…なんてことも避けたいですね。

また、なんのプランもなくデートに誘われたら、誘われた相手からしたら大切にされていない感がムカつきます。その上でなかなかすることが決まらなかったら、そのグダグダ感に腹がたつものです。

相手のその強張った空気感に焦りを感じ、冷静にいることができず、緊張を招いてしまうことがあるでしょう。

相手のためにも自分のためにも、デートプランは事前に立てておき、ズムーズにことが進むように計らいましょう。

会話の話題もある程度考えておく

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。