復縁の成功・失敗は話し合いで変わる!上手くいく話し合いの方法とは?

当たり前ですが復縁というのは、相手の同意なしではできないものです。復縁をするためには、話し合うことが必要であり、スタートです。その話し合いが成功するか否かは、その進め方次第。そこで今回は復縁を成功させるための話し合い方について詳しくお話します。あなたを溺れさせた、どうしても忘れることができない恋。楽しかったあの人とのなつかしい日々。彼氏彼女という関係性が終わってしまったことに対する後悔…。

あの人ともう一度付き合うことができたら、どんなにうれしいことでしょう。

あの人とよりを戻したい、そんなあなたの思いを実現に近づける方法をこれからお伝えします。これを読めばあなたも復縁への自身がでてくることでしょう。

一度は終わった関係。でも、もう一回あの人と一緒に時間を過ごしたい。そう考えたら次は復縁したい!もう一度付き合いたい!そう考えますよね。

あなたのもう一度付き合いたいという気持ちは本気でしょうか?本気なら、覚悟を決めしょう!

一度終わってしまったマイナスな関係を復縁というプラスの関係に変えることは簡単なことではありません。

お分かりかもしれませんが、【復縁への道=話し合いの繰り返し】です。この話し合いのやり方だけで復縁がうまくいくかどうかが決まってしまうこともあります。

ここからは復縁を成功させることを目標として、上手な話し合いの仕方について詳しくお伝えしていきます。

復縁の成功・失敗は話し合いで変わる!上手くいく話し合いの方法とは?

復縁できる話し合いの6つのやり方

まずお伝えしなければならないのは、復縁をすることは簡単ではないということです。

離れてしまった気持ちをもう一度近づける、2人が寄り添いあうには強い気持ちとメンタルが必要です。そして焦らず、ゆっくり、じっくりと話し合いを重ねていくことが重要です。

不安にならないでください。あなたならきっとうまくできるはずです。忘れられないあの人との復縁に近づく6つの話し合いのやり方をお伝えするのでぜひ、やってみてください。

①絶対に感情的にならない。落ち着いて話し合いをする

一度は心が離れていた二人です。復縁したいという思い、復縁がうまくいくのかという不安な気持ち、様々な感情を持ちながら話すため、どうしても感情的になりやすくなります。

ですが、感情的になればなるほど自身の考えはうまく伝えられず、相手の言うことも耳に入ってこなくなるでしょう。

なので、話し合いの時には落ち着くことが大切です。冷静さを欠かないように気をつけましょう。

それを心掛けることで自分の考えがまとまり、仮に相手が意見を言ってきたとしても感情的ではない、筋の通った話し合いができます。

その時の感情に流されて思ってもみないことや誇張した言葉、相手に対するひどい言葉を思わず口走ってしまう…ということも避けられます。(筆者体験談より)

ですが、冷静になりすぎて感情を押し殺してしまうと、逆に相手から「本当に心から復縁したいと思ってるの?」とあなたの復縁の意思を疑われてしまうこともあるかもしれません。

ですから、「そのときの感情に流されないこと」これを意識すれば、あとはあなたの思いや考えを自然体のまま伝えればよいでしょう。

②相手の意見をしっかり聞き、受容する

今お互いの気持ちは離れてしまっていて、復縁したいという気持ちは「あなた」の一方的な願望です。

その気持ちを元に話し合いは進んでいきますが、肝に銘じておきたいことは、彼にとっては「復縁」が100%嬉しいとは限らないということです。

彼自身も別れであなたと同じように心を痛め、「復縁」することに対して心配に感じていることもあるということです。

あなたの言動が元で別れた場合は当然ですが、彼が原因で離れた二人でも、彼の捉え方によっては、あの時受け入れてもらえなかったとあなたをマイナスに捉えていることもあるかもしれないのです。

ですので彼があなたの願いと反対の思いを言ったとしても、そこはまずグッとこらえて彼の思いを受け入れましょう。

彼の話をしっかり聞き、受け入れる態度を示せば相手も安心します。そして彼が話し合うことに積極的になってくれるのではないでしょうか。

まずは相手の思いを受け入れ、落ち着いて話し合える雰囲気作りをしましょう。

③感謝と謝罪の気持ちを必ず伝える

あなたの彼に対する気持ちと一緒に、かつて付き合うことができていたことへの感謝を彼に伝えましょう。そして、自分の良くなかった言動を反省し、謝罪の気持ちを伝えましょう。

こうすることで彼はあなたがしっかり二人の間にある課題に対して考え、それを改善するために努力しているんだということがわかるはずです。

ここを曖昧にして言ってしまうと、別れた理由をしっかり理解しているのだろうか?

復縁しても同じことが繰り返されるだけになるのではないだろうか?

といった不安を彼に抱かせてしまうことになります。

ここで一つ注意していただきたいのは、彼の出来心(浮気、不倫)が理由でお別れしているときは感謝の気持ちは述べてもいいと思いますが、謝罪に対してはしすぎないほうがいいと思います。

なぜなら、彼の捉え方によっては、「浮気をゆるしてくれた」と彼をつけあがらせることになるかもしれないからです。

④別れたことを後悔しているとしっかり示す

また、彼に二人がすれ違って、別れたことに対する後悔を言葉で示しましょう。

こんなにいい人との恋愛を終わりにしてしまったことに対する後悔を、自分の気持ちに正直になって話してください。

ここで注意したいのは、この時点では復縁についてくわしくは触れずにいた方がよいということです。

なぜなら、別れたことを後悔しているのは、現時点ではあなただけだからです。

彼の方が復縁に対してどう考えているかわからないのですので、それがわかるまでは「復縁」について詳しく話すのはやめましょう。それだとただの感情の押し付けととらえられる確率が高いです。

後悔していることは伝えても、復縁をしたいということも話すのはまだ早いと言えます。復縁に関する詳しい話は、もう少し彼の思いを把握してからにしましょう。

⑤復縁を強引に迫らず、彼の考えに任せる

あなたが彼に最も言いたい、復縁したいという思いを伝えましょう。

伝えるといっても、強引に迫ってはだめです。彼の心はいろいろな思いが絡み合って複雑なはずだからです。

例えば彼が「復縁については少し考える時間がほしい」などと返事を先に延ばすような返事をしてくることがあると思います。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。