【美術館デート】好評な理由とは?

美術館デートは、知的好奇心が旺盛なカップルにおすすめです。もともと美術が好きな方を美術館デートに誘うと喜ばれます。

また、あるアンケートでは、美術館デートを74%の方が「あり!」と答えています。そもそも美術に興味が無くても、「行ってみると意外と楽しかった!」なんて声もあるほどです。

今回の記事では、美術館デートが好評な理由と美術館デートで気をつけるべき4つのポイントについてお話します。

知的な美術館デートが好評な理由

知的な美術館デートが好評な理由

美術館デートは、なぜ多くのカップルに好評な趣味デートなのでしょうか?

その2つの理由についてお話していきます。

会話をしなくても共感できる

美術館デートが好評な理由の1つ目。それは、会話をしなくても共感できるからです。美術館では、強制的に1つの絵画や作品を見ることになります。

もし、1つの作品にお互いが共感したのなら、黙っていても目で「これいいね」と暗黙の共感ができるのです。

また、同じ作品に2人が注目した場合は、お互いのセンスが一致したことになります。自分と同じものを良いと言っている相手に対して、嫌な感情を持つ人はいません。

むしろ、好感を持つのです。美術館デートは、お互いの価値観を共有し確認し合う、もってこいの場所なのです。

見識を深めるきっかけ

美術館デートが好評な理由の2つ目。それは、2人の見識を深めるきっかけを作ることができるからです。

見識とは、物の見方や意見のことです。「私はこの作品を見て〇〇と思ったな」や「僕はこの作品を見て〇〇と思ったよ」などと見識を交換し合うのです。

そうすることで、お互いの考えやものの見方を知るきっかけになります。ただ、作品の感想を話すときに言うべきでない言葉があります。

それは、お金に関することです。たとえば、「この絵がなんで100万円もするの?」と言い作品を批判することです。

もし、相手がそのアーティストを好きな場合、センスが合わないと思われてしまいます。また、相手の気分も害してしまいます。

感想を言い合うときは、ネガティブな発言よりもポジティブな発言をするようにしてください。その方が、デートは盛り上がります。

美術館デートで気をつけること

美術館デートで気をつけること
ここでは、美術館デートで気をつけるべき4つの注意点について話していきます。美術館デートは、些細なミスでうまくいかなくなってしまいます。

せっかくの楽しい趣味デートです。些細なミスはしないようあらかじめ注意点を知っておいてください。

作品を批判しない

美術館デートで気をつけることの1つ目。それは、作品を批判しないことです。

たとえば、

「これ、グッズ売りたいだけだよね」
「これの何が良いの?」
「こんなの自分でも描けるよ」

こんな言葉です。

デートをしている相手は、そのアーティストを気に入っているかもしれません。そんな状態で、作品を批判することはマナーの良くない行為です。

また、美術館の中は、2人だけではありません。そのアーティストが好きで訪れている人ばかりです。
大きな声で作品の批判をしてしまっては、周りから白い目で見られてしまいます。

美術館は、作品を批評する場所ではありません。作品を楽しむ場所です。まして2人で来ているのですから、批判的な言葉は控えなければなりません。

また、作品の批判以外にも、

「1枚いくらするのかな?」

とお金の話ばかりすることもNGです。美術館は、お金の勘定をする場所ではありません。せっかくの知的なムードが台無しになってしまいます。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。