二回目のデートで女性が気をつけることは?

わくわくとドキドキで初デートが終わって、いざ二回目のデートとなった時、みなさんはどんなことに気をつけていますか?

意中の人と一度デートが終わっただけで浮かれてしまい、二回目のデートの準備が、おろそかになりがちではないでしょうか?

せっかく最初のデートで完璧かつ素敵な時間を共有できていても、二回目のデートがムチャクチャでは元も子もありません。関係の進展はおろか、むしろ次さえもなくなってしまうかもしれません。

そこで今回は、二回目のデートということに焦点を絞り、女性が気をつけることはなにかを徹底的に解説していきます!ぜひ参考にしてみてくださいね。

二回目のデートで女性が気をつけることは?

赤いハート型の毛糸

出会ったばかりの最初のデートでは、まだお互いのことをしっかり理解もできていません。ましてや、異性としての意識もそこまではっきりとはできていませんよね。

しかし二回目のデートまで発展すれば、初デートや日頃のやりとりから、徐々に恋愛対象として相手を意識し出す頃です。

一方で、ただただ同じ時を過ごして、一緒にごはんを食べて、解散…というデートではどうでしょう?相手に自分を異性として意識してもらえるでしょうか?

相手との恋愛感情が芽生えてこそ、二人の関係に進展が見られるのです。それでは今回、二回目のデートで具体的に女性が気をつけるべきこと、やるべきことをまとめました。

(男性からの誘いの場合)男性のテンションは高い

ワインを飲みテンションの高い男性

デートというものは、誘った方のテンションが高いのが一般的です。もちろん、誘われた側も嫌だったら断るわけなので、テンションが低いわけではありません。

勇気を出してデートに誘って、OKをもらえた側の喜びはひとしおです。また、二回目のデートということで、男性も初デートがうまくいったと思い、テンションは高めなのです。

あまりの温度差に、引いてしまうこともあるかもしれません。しかし、「可愛いな…」と、大人な対応で優しく見守ってあげてください。

冷たくされると、誘った男性もどうしていいのかわからず、一気にテンションがガタ落ちしてしまうからです。

男性は告白に向けて、緊張で空回っていることもある

展望台で談笑するカップル

また、最初のデートが楽しかった場合、男性はさらなる関係の進展を望んでいるものです。二回目のデートで、あわよくば告白しようと考えていることもありえます。

そういった時、男性は自分のモチベーションをあげるためにも、あなたを楽しませるためにも、頑張りすぎてしまうことがあります。

告白しようとしていることを悟られないように、緊張を隠すために…など事情は色々でしょう。そんな事情から、から回ってしまうこともしばしば。

そんなとき、あなただけ冷静にいては温度差がすごいことになってしまいます。

もしあなたの中で相手に好意があるのであれば、優しく微笑みかけてあげてください。彼の中ではあんたが天使に見えるはずです。

から回っている彼を優しくアシストしてあげることで、さらにあなたの存在が大きくなること間違いなしですよ!

「とりあえず」という探りの段階なら冷静な態度をみせる

窓際に背中合わせで座るカップル

一方でまだあなたが相手に対して恋愛感情が芽生えていなかったり、相手を見極めている場合はどうでしょう?

あまりに相手に寄り添った姿勢でいると、相手はあなたが自分に好意があると勘違いしてしまいます。

その結果、相手は早まってあなたに告白してくることもありえます。あなたにまだその気がないのに告白されては、どうしていいか分からなくなってしまいますね。

そんな事態を避けるために、もしあなたがまだ相手に対して探りの段階ならば、とりあえず冷静な態度をみせてください。相手に隙を与えないという意味です。

そうすれば相手も自分とあなたの縮まりきっていない距離感を察し、告白を先延ばしにしてくるでしょう。

好きな相手のいいところを見つけて褒める

うつぶせになりながら笑いあうカップル

デートを楽しい時間にするためには、自分だけでなく、相手も気分が良くならなくてはいけません。そこであなたがするべきことは、好きな相手のいいところを見つけて、褒めることです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。