デートで緊張して吐き気が…解消するには?

憧れの相手やずっと気になっていた相手とのデート。嬉しい気持ちが大きいはずだし、ずっと楽しみで仕方がなかったはずなのに、いざデートが始まると緊張から吐き気や腹痛が…。

こんな経験がある方は少なくないはずです。特に、相手への気持ちが大きい場合や、過度な意識をしている場合は起こりえますね。

また、もともと人と話をすることが苦手だったり、あがり症の人にも起こりやすいでしょう。こんな困った緊急事態を解消するにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは特に、緊張からくる吐き気に焦点を絞って説明していきます。吐き気を解消する方法やその原因、緊張と吐き気の因果関係についても詳しく解説していきます。

みなさんも参考にして、リラックスできる素敵なデートの時間にしてください!

デートで緊張して吐き気が…解消するには?

口元を押さえてうつむく男性

緊張しすぎてデートで吐き気がする場合の解消法について紹介します。言うまでもなく、緊張して吐き気がするということは、何かしらの原因があることは明確です。

純粋に人と一緒にいることが得意でなくて、ストレスを感じる方も中にはいることでしょう。

しかし、本人は自分が他人といると過度に緊張しやすいことを分かりきった上でデートをしたいと思い、デートをしているのです。

吐き気とは裏腹に、デートで楽しく時間を過ごし、相手と深い関係になりたいと思っていることには違いないですね。

緊張の原因はムリをしようとしているから

脈を打っているハート

まず、そもそも楽しいはずのデートで、しかも気になる人とのデートでなぜ緊張してしまうかということからお話しします。

人は誰しも、少しでも素敵に見せたい、かっこいいって思われたい、可愛いって言ってほしいと思うものです。つまり、相手から少しでもいいように評価してほしいと思っているのです。

女性だと、背伸びして着飾ったり、寒いのに可愛い服を着たいがあまり薄着したり、華奢に見せたくてハイヒールを履いてみたり。

男性だと、金欠なのにおごってみたり、電車があるのにタクシーを使ってみたりなどがいい例です。相手が異性だったら、無理をして頑張りすぎたり、見栄を張りすぎてしまうことってありますよね。

とりわけ、自分の好意のある相手からだったら尚更です。この自分を良く見せようとするためにするムリが、必要以上に細かいところまで過敏に意識させ、その結果、過度な緊張に至ります。

緊張と吐き気の関係とは?

胸の前で手をクロスさせる男性

普段はなんともないのに、大事な日に限ってくる吐き気。「自分ダメだな、弱いな…」と、自分を責めることはやめてください。これには、ちゃんと医学的に理由があるのです。

緊張で脳にストレスを感じ、吐き気を催す

曇天のもと頭を抱える男性

単刀直入に言うと、人は緊張することによって脳にストレスや不安を感じ、吐き気が起こります。そこには3段階のステップがあるので紹介します。

まず、脳が緊張によって起こるストレスや不安などを感じ取ります。次に、その感じ取った緊張やストレスが原因で、脳の中の「嘔吐中枢」と呼ばれる場所に、なにかしらの異常が起こります。

そして、その異常が原因で、病気でもないのに吐き気を催し、実際に吐くことにつながるのです。

この現象は脳の嘔吐中枢が十分に発達しきっていない子供では頻繁にみられるものです。

一方で嘔吐中枢の発達しきっている大人にこのような症状が見られるときは、強い精神的なストレスが原因とされています。このように、緊張と吐き気の関係には脳が大きく関係しているのです。

(神経性嘔吐症という病名のついた病気の可能性もあります。頻繁に起こる場合は、自律神経が乱れている可能性もあります。あまりにひどい場合は、心療内科での受診をおすすめします。)

解消するには、自分らしくいること

ワンピースを着て笑顔で椅子に座る女性

それでは具体的に、この吐き気を解消するにはどうしたらよいのでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。