デートの会話が続かない…沈黙してしまう理由

デート中、相手と楽しい時間を過ごしたいと思うのは男性も女性も同じです。一方で、相手を楽しませようと必死に会話を続けようとしても、どうしても訪れてしまうものが「沈黙」です。

しかし、そんな時、「わたしの話って、そんなにつまらないのかな?」と、極度に頭を抱える必要もありません。

その考えすぎが余計に会話をぎこちなくさせ、その結果、会話を弾ませなくしてしまうのです。

それでは一体、デートの会話を続かなくさせてしまう、沈黙してしまう根本的な理由とはなんなのでしょうか?

デートの会話が続かない理由とは?

公園にあるベンチ

デート中に思ったように会話が続かない、会話が弾まないのには理由があります。

もちろんあなたの話がつまらなかったり、あなたに対して好感が持てないため、相手が話を続ける気がない場合もあります。

しかし、そんなネガティブな理由ばかりではないのです。むしろ、このようなネガティブな理由で沈黙しているケースの方が少ないのです。

それではこれから、相手の沈黙の真相を詳しく3つの例を挙げて説明していきます。会話が続かない意図がわかれば、そうならないための対策が打てます。

しっかり相手の心理を察して、デート中の会話を楽しいものにしていきましょう!

会って日が浅く、共通の話題が少ないだけ

雨に濡れた紫の花

出会ってから日にちが経っていなかったり、二人きりでの初デートの時はお互いにまだ相手のことを十分に理解できていません。

そんな時は、自分と相手が共通して盛り上がることのできる話題がまだ見つけられていません。

最初は会話が探り探りで、二人の間の空気感もぎくしゃくしがちですよね。そして訪れる沈黙に耐えきれず、自分しか興味のない話を一方的にしてしまうこともしばしば…。

人間は、自分の興味のあることについては(自分は知っていることなので)楽しく話していることができるものです。

しかし、夢中で話している時にふと相手を見てみると、つまらなそうな顔をしている…。それに気づいた瞬間、「まずい」と思い、また会話が止まってしまう…。

こんな負のスパイラルも十分起こりえますね。つまり、お互いが共通している分野の話題があれば、お互いが興味を持って会話を進めることができます。

共通の話題がない事態が、沈黙を招くのですね。

相手が不機嫌な場合

腕を組んで不機嫌そうな女性

会話が弾む・弾まないには精神状況が大きく関わってきます。

例えば仕事がうまくいっていなかったり、友達と何かあった時は、他のことに気を取られていて、デートの会話も気もそぞろです。

また、あなたが原因でなかったとしても、何かしら相手のご機嫌が斜めだと会話が単発の返事のみで、すぐ終わってしまいがちです。

こんな時は、無理に会話を振っても逆効果です。気を使って話しかけると、鬱陶しがられたり、空気を読めない人と思われてしまうこともあります。

『触らぬ神に祟りなし』で、広い心で相手が落ち着くのを待ちましょう。

お互い口下手なだけ

口笛を吹きながら遠くを見つめる男性

そして、お互いがもともと口数の少ない人同士だと、必然的に会話が続かない事態を招きます。こういった二人の間だと沈黙はつきもので、正直なところ避けることは難しいです。

しかし双方ともが口下手なのであれば、お互いが沈黙に慣れているため、案外相手も沈黙を気にしていないものです。

相手のことをまだよく知らないけど、会話をしようと質問攻めされているわけではない。相手が一生懸命話そうとし過ぎて、ムダにテンパって逆に沈黙ってわけでもない。

また、不機嫌そうだったり、デートに集中してなさそうってわけでもない。そんな場合は、あなたと同じで相手も口下手なタイプなため、デートが沈黙になりがち…という可能性も濃厚ですよ!

デートで沈黙を防ぐには?

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。