デート中にさりげなく好意を伝えるには?

好きな人とデートに行けるようになったら、いよいよ告白が見えてくる頃。でも、告白して付き合うには両想いになっている必要がありますね。

そのためには告白の前からさり気なく好意を伝えておいて、相手に「脈ありかも!?」と思わせることがとても有効です。

人は自分に好意を持っている人を好きになりやすく、恋とは期待や勘違いから始まることが非常に多いのです。

今回はストレートに好きと言わなくても行動や言葉でさりげなく好意を伝えて、両想いになる為のテクニックをお教えします。

このテクニックを使えばこちらから告白しなくても相手に好きと言わせることも簡単になりますよ。

告白することが苦手な人にもオススメなので、ぜひチャレンジしてみてください!

「脈ありかも!?」と思わせる方法

ネットで脈ありサインについて調べると、多くの人が関心をもっていることが分かります。恋愛において「脈ありか脈なしか」はとても重要で、気になる相手から脈ありのサインがあれば恋愛は進みやすくなります。

相手がすでに自分のことを好きならば告白を促せて、そうでなければ気になってもらうきっかけになるのです。これを利用しないのはとてももったいないですね。

では、脈ありだと思わせるにはどうすれば良いのでしょうか。いくつか具体的にテクニックを紹介するので、自分のやりやすいことからぜひ実践してみてください!

デート相手に関心を持つ

まずはとっても簡単で、でも凄く効果のあることから。好きな相手のことは沢山知りたいと思うものですよね。それは誰だって共通です。

なので、自分に関心を持ってくれていると感じる人には「もしかして好意を持ってくれているのかも」と期待しやすいのです。

そして自分に関心を持ってもらえることは単純に嬉しいもの。自分の好きなことや趣味について相手が興味を持ってくれたり、話を真剣に聞いてくれたり…。

人は自分の話したいことを話している時とても楽しいので、テンションも上がります。するとデートが盛り上がる効果もありますね。

しかし、「好きな相手に関心を持つ」というのは常に意識せずやっていても、それを相手に伝えるのは意識しないと難しいもの。

実際のデートは緊張してしまって相手の話が耳に入ってこないことや、沈黙が怖くてついつい自分のことばかり話しがちに。

それだと相手に関心があることを伝えられないばかりか、つまらない思いをさせてしまいます。デート当日は相手から聞かれないうちは自分のことは話さないくらいの気持ちで、相手の話をよく聞くようにすると良いです。

質問攻めになっても大丈夫。そのうち相手から自分のことを聞かれるようになるので、そうしたら自分の話もしてみてくださいね。

性格や容姿を褒める

褒めるということは恋愛においてとても大事なことです。日本人は他人を褒めることが少ないので褒められると新鮮に感じて、大きく印象に残ります。

そして、褒められた=自分をよく思ってくれている=自分のことを好き?と簡単に思い込むのです。特に容姿に関して「可愛い」「かっこいい」と素直な言葉で褒めることは効果絶大。

勘違いされては大変なので、普通何とも思っていない人には言わない言葉だからです。褒められて嫌に感じる人はいません、大体の人が照れくさいけど嬉しく感じます。

好きな人相手なら「今日の服おしゃれだな」「新しい髪型かっこいいな」「優しいな」などとよく思うはず。せっかくなので恥ずかしい気持ちを抑えて口に出してみましょう。絶対に相手は喜んでくれますよ!

同調行為を増やす

同調行為とは相手の仕草や行動につい影響されて、自分も同じことをしてしまうことを言います。
例えば相手がコップから水を飲むと無意識に自分もコップを手にとってしまったり、鼻を掻く仕草を真似してしまったり。

カップルが会話で盛り上がっている様子を傍から見ると、まるで鏡のように要所で同じ行動をしていることがあります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。