付き合う前の初デートを成功させるには?

「気になる人がいて、相手のことをもっと知りたい!」
「好きな人とは、大人数で会うだけの関係。二人だけで会って距離を縮めたい!」
「友達のような関係から、恋人に昇格したい!」
「相手に自分の良さを知ってほしい!」
「とにかく会いたい!」

これから「デートに誘いたい」と思っているあなたに、ぜひお伝えしたいことがあります。

初めてのデートでは、恋人になる可能性があるかどうかをチェックされる最初の難関だと言っても過言ではありませんね。

デート前のお誘い必勝法に興味はありませんか?

デート中に気を付けたいポイントや、デート後のフォロー術などもご紹介します。相手のYesを引き出すための、コツを会得して恋愛を成功させましょう!

デート前からデート後までのテクニックを伝授

デート前からデート後までのテクニック

デートの経験は豊富な方ですか?

それとも、あまり経験はない方でしょうか?

今までの恋愛経験に関わらず、二人だけで会う機会をつくるためには、まず「お誘い」が必須ですね。どんな誘い方なら相手のYesを引き出せるのでしょうか?

Yesのお返事を貰ったら、その後はどうしますか?

当日までによぎる不安の数々を解消する方法がありますよ!デートコースの選び方にもポイントがあるんです。初デート成功の最重要ポイントとは何でしょうか?

デート中の心得やデート後のフォローメール術もご紹介します。2回目のデートへ繋げていけば、自然な流れで関係を深めていくことができますね。

1回目のデート成功こそが、2回目のデートへつなげるための鍵です。それでは、具体的な方法をお伝えしていきましょう。

【デート前】気になる異性の誘い方

相手のYesを引き出すコツがあるとお伝えしました。1つ目のポイントは、面と向かってお誘いすることです。LINEやメールだと、スルーされてしまう可能性が高いのです。

スルーされた後、挽回するのは至難の技となるでしょう。対面や電話でお誘いするほうが成功の可能性はグッと高まるのです。

二人で会うタイミングがない場合には、電話でお誘いしましょう。

2つ目のポイントは、軽い感じでお誘いすることです。軽い感じのお誘いを想像できますか?

例えば、「ご飯を食べに行こうよ」「食事に行こうよ」などは軽いお誘いの代表例です。軽さゆえに、気楽にYesと言いやすいのです。

反対に重い感じのお誘いとは、どんなものでしょう。例えば、あまり知らない相手から緊張した雰囲気や表情で「食事に行こう」誘われたとしたら、どう感じますか?

「え?何?」と警戒しますよね。同じ内容でも、表情や言い方で受け取る印象は大きく変わってしまうのです。

こんな誘い方ではなんだか重たいし、仮に行ったとしても楽しくなさそうです。瞬時に関わらないほうが良いと判断されて、断られてしまうでしょう。

その場ではYesの返事をもらえたとしても、ドタキャンされてしまう場合などはこういうことが原因となっているものです。

不自然さや重さは相手に警戒心を持たせてしまいます。警戒させないためにも、お誘いの内容が軽いほうがYesを引き出しやすいのです。

3つ目のポイントは、相手の好みや状況に合ったお誘いをすることです。当たり前のようですが、人によってそれぞれ好みや状況が違いますよね。

お誘いをする場合には相手に合わせたお誘いの内容を考える必要があります。例えば、お酒が苦手な人に「飲みに行こうよ」というお誘いをしないほうが良いですよね。

昼間とても忙しい人に「ランチに行こう」と誘っても断られてしまいますよね。逆に、相手の好みや状況を理解していれば、食いつきそうな提案が出来るはずです。

例えば、ワインが好きな相手に新しくできた評判の良いワインバーの話をしたとしましょう。相手が話にノってきて「行きたい」と言ったら「一緒に行こうよ」とお誘いするのです。

ポイントは、相手がノってくるというところです。一度、行きたいという言葉を引き出してしまえば、断られる確率をカナリ減らすことができます。

デートの誘い方とは?LINEのメッセージ内容を紹介

2019年9月25日

【デート前】デートに最適な場所とは

お誘いにYesの返事を貰ったなら、次は具体的に行く場所をシュミレーションしましょう。相手の時間の猶予はどれくらいなのでしょうか?

あなたのお誘いは、どのような内容だったのでしょうか?

これらのことを考えながら、デートコースを考えていきましょう。落ち着いてゆっくり話せそうなタイミングは、ありそうですか?

もし、落ち着いてゆっくり話せそうにない場合は、カフェや食事などの時間を組み込みましょう。相手のことを知り、自分のことも知ってもらう時間は必要です。

何より重要なのは、2回目のデートプランのための情報収集です。その場で2回目のデートの約束を取り付けることができたなら大成功です。

そのために、落ち着いてゆっくり話せる場所が必要なのです。

初デート場所で失敗しないためには?

2019年8月8日

【デート前】前日や直前に約束の確認

約束の前日や直前に確認の連絡をしていますか?

約束しているんだから必要ない?

せっかくなので、楽しみにしていることを伝えつつ、相手をいたわる気持ちを込めて前日に連絡しましょう。

しかし、連絡は必要最低限のやり取りにとどめましょう。もっと絡んでいたいと思うあまり、余計な内容に長々と付き合わせないように気をつけましょう。

最悪の場合、「ちょっと鬱陶しい..」と思わせてしまうかもしれませんよ。会う前に二人の温度差を感じると、警戒してしまうかもしれません。

前日に面倒くさいと思われたら、ドタキャンの可能性も高まってしまいます。待ち合わせの時間や場所を決めるのはLINEやメールのやり取りが多くなりますよね。

メッセージのやり取りだけだった相手と、二人で会うと思うと少し緊張してしまいませんか?

「好きな人の前では緊張してパニックになってしまう!」という人にオススメの方法があります。

直前の確認を電話でするという方法です。 初デート前のやり取りは、だいたいLINEなどで全て完結してしまいますよね。

直前の確認のための連絡として「待ち合わせはXXXね。場所は大丈夫?」など軽い内容の電話を掛けてみてはいかがですか?

相手との距離を縮めることができるのと同時に、あなた自身の中でも心の準備をすることができます。一番のメリットは、電話の声から相手の心境を予想することができるということです。

相手のテンションを把握してから対面で会うことで、当日の緊張を和らげることができますよ。

電話でも、長々と話をするのではなく、軽い感じで約束の確認と楽しみにしていることを伝えるだけにしましょう。

デート前日に送っておきたいメールの文面とは?

2019年7月24日

【デート中】自然体が1番!

デート当日は、やはり緊張しますね!緊張したり、舞い上がってしまったりしてもいいんです。初デートで緊張するのは、普通の反応です。

緊張してしまった時は「なんだかちょっと緊張するね」とカミングアウトしてしまいましょう。少し気持ちが楽になりますし、正直に気持ちを話すことで相手も安心します。

何よりも、自然体が一番です。もう一つのポイントは笑顔です。口角を上げるように意識すれば印象はだいぶ良くなります。

笑顔には自分がリラックスする効果もありますが、相手に安心感を与える効果もあります。まさに一石二鳥なのです。それでも緊張してしまう場合には、呼吸を意識してゆっくり行うようにしましょう。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。