デートの誘い方とは?LINEのメッセージ内容を紹介

好きな男性ができたとき、その人のことで頭がいっぱいになりますよね。できれば、もっともっと彼との距離を縮めたいと思いませんか?

近年は、異性との連絡手段はLINEが当たり前にまっています。若い女性であればLINEをつかっていない方はまずいないでしょう。

メールとの違いは、気軽に送れる、スタンプなどで表現方法が多彩、相手が見たかどうかが分かるといったところでしょう。LINEはあくまで文章のやりとりです。

文章でのやりとりは、直接話すのと違い相手の声のトーンや大きさ、表情などが読み取れません。ここが文章の難しいところです。

同じ表現でも、何通りもの意味にとらえることができたり、見る人によってとらえ方が違ってくることも多々あります。

「好きだよ」という言葉1つにしても、その後にハートマークがあるかないかで大きく印象が変わってきます。このように送り方が非常に重要になってきます。

絵文字やスタンプは文章を手助けする役割をもっているともいえます。

気になる彼と、距離を縮めたいのならまずは、デートに誘い(もしくは誘ってもらう)直接会ってコミュニケーションをとる必要があります。

まずはデートにこぎつけなければ何も始まりません。LINEでのデートの誘い方を実践的に紹介していきます。

ぜひ、実際に気になる彼に試してみてください。

デートの誘い方とは?LINEのメッセージ内容を紹介

食べ物の話題で誘う

食べ物を撮る女性

気になる男性とのLINEでのやりとりでお互いの好きな食べ物の話題になることがあります。まだ話題が出ていない方はこれから話題にしていきましょう。

ポイントは、あなたの好きな食べ物ということです。あまり高価な食べ物を言ってはダメです。食べ物の話題は広げやすいのでLINEの内容としては、おすすめです。

たとえば、「私、○○のケーキが甘さが丁度よくて大好きなんだよね」と好きアピールをします。すると彼は「じゃ、今度行こっか」と返しやすくなるのです。

彼が甘いものが苦手な場合は、ケーキは微妙なので他の物でも全然構いません。イタリアンでもなんでも、高すぎない食べ物であれば大丈夫です。

大事なのは、彼が気軽に誘いやすいものです。お互いの好みを先にリサーチしておいてもいいでしょう。話が切り出しやすくなります。

彼の得意分野で誘う

サーフィンボードを持つ男性

男性は大抵、ハマっている趣味や得意なことの1つや2つあります。それを聞き出してみてください。

「ねぇねぇ、パソコン詳しいんだよね?」→「まぁそれなりには」。「じゃあ、今度選ぶの手伝ってほしいんだけど」→「いいよ全然」。

このような流れはどうでしょう。かなり自然な感じであなたのほうから誘うことができています。内容はパソコンじゃなくても彼が得意なものなら何でもいいんです。

家電量販店に行くのは、デートっぽくないかもしれませんが、あなたにとっては好きな人とならどこでもデートですよね。

男性は、女性から頼られると断れない人が多いです。自分の力で女性を助けてあげたいと思うからです。彼も良い気分になりますし、かなりおすすめの方法です。

必ず、「今日は本当に助かったよ、ありがとう」とお礼のメッセージを入れるのを忘れてはいけませんよ。

彼の趣味に付き合う

カメラを女性に見せる男性

女性側がデートに誘いたいと思うのであれば彼に合わせるのも重要です。

男性がデートに誘うときも、最初はなるべく女性の意見に合わせようとします。これは、逆でも同じことが言えます。

彼も趣味を共感してもらえれば、とても嬉しい気分になります。断る理由がどこにも見当たらなくなります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。