デートで男性ウケ抜群のコーデとは?

好きな男性とのデート。着ていく洋服選びに迷うことも多いのではないでしょうか?

「こんな服だと露出が激しすぎるかな?」「こんな服だとキメ過ぎだと思われるかな?」と、いろいろな不安も出てくるものです。

でも、不安が出てくるのは当然です。デートにとって、洋服選びはとても重要だからです。重要だからこそ、男性にどう思われるのか不安が尽きないのです。

ですので、今回の記事では、デートで男性ウケが抜群の服のコーデや選び方についてご紹介していきます。

この記事を読むことで、デートでの洋服選びに迷うことが無くなりますのでぜひ読んでみてください!

モテる女子の服装とは?

2017.02.12

男性目線で好まれる服を心がける

まず、男性目線で好まれる服を心がけることについてお話していきます。

可愛らしい服装が好まれる

ハンガーにかけられた婦人服

男性目線で好まれる女性の服装の1つ目は、可愛らしい服装です。

可愛らしいとは、パンツよりもスカート。色で言うのなら、黒よりも白や淡いブルーやピンクです。まず、パンツよりもスカートを選ぶ方が良いことについてお話します。

スカートは、もはや鉄板の服装です。やはり、男性はパンツスタイルよりもスカートを好みます。パンツスタイルは男性にもできますが、スカートは男性には履けないものです。女性特有のスタイルだからこそ、そこに女性らしさや可愛らしさを感じるのです。

フリフリのスカートを選ぶ必要はありません。あなたの好みに合ったスカートで構わないので男性目線を考えるのなら、パンツよりもスカートを選んでください。

また、普段パンツしか履かないという方もいらっしゃると思います。そんな方は、細身のパンツを選ぶようにしてください。体のラインが分かるスキニージーンズなどはおすすめです。

ぽっちゃり体型でスキニーパンツに抵抗がある方は、ワンピースがおすすめです。ワンピースなら、足回りや腰回りを隠すことができます。

ほどよい露出はOK!

絶対領域のある風景

男性目線で好まれる女性の服装の2つ目は、ほどよい露出をすることです。

ほどよい露出とは、胸元が少し強調されるTシャツやセーターなどを選ぶことです。また、セーターならば丸襟よりもVネックの方が男性をドキッとさせることができます。

過剰な露出は、男性に軽い女性だと思われ遊び相手として扱われる可能性が高いですのでおすすめできません。ですが、ほどよい露出は、どんどんするべきです。なぜなら、男性は女性のほどよい露出によりエロスを感じるからです。

このエロスは、ほんの少しだから良いのです。よく「典型的なエロさを感じる女性よりも、普段エロさを感じさせない清潔感のある女性の胸元の方が欲情する」なんて話があります。これは、露出のし過ぎは逆効果だということです。

ほどよい露出とは、たとえば下記のようなものです。

Vネックのセーターなどで胸元を少しだけ強調する

ミニスカートではなくスリットの入ったタイトスカートを履いてみる

オフショルダー(肩だしトップス)を着てみる

夏はストッキングは履かず素足を出してみる

Yシャツのボタンを1つ多めに外してみる

など、ほどよい露出はいろいろな種類があります。

あなたができそうなものから試してみてください!

アクセサリーはワンポイントでさりげなく

胸元にサングラスをかける女性

男性目線で好まれる女性の服装の3つ目は、アクセサリーはワンポイントでさり気なくすることです。

たまに、ネックレスやブレスレット・指輪などをジャラジャラつけている女性がいます。こういうおしゃれは、同性である女性には好評なときもありますが、男性には不評です。ですので、アクセサリーをつけるならワンポイントでさり気なさを演出してください。

さり気ないアクセサリーのつけ方は、下記のようなものです。

お揃いのピアスとネックレスをつける(シンプルなもの)

お揃いのブレスレッドとネックレスをつける(シンプルなもの)

お揃いの指輪とネックレスをつける(シンプルなもの)

アクセサリーの色は、洋服に合わせて選んでください。

さり気なくアクセサリーをつけるコツは、2か所にお揃いのシンプルなものをつけることです。2か所につけることで、寂しすぎず、また主張し過ぎない演出ができます。同性からはおしゃれ上級者に見られ、男性からは女性らしい人だと好感を得ることができます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。