デートの定義とは?男性からの誘いをデートか見分ける方法

気になる彼とデート!…でも、相手はデートって思ってくれてるのかな?

そこがはっきりと分からなくて、うかつに喜ぶことができなかった経験、みなさんありませんか?

異性と出かけるだけでデートなのか、はたまた二人っきりで異性とランチをするのはデートではないのか?

どこからがデートで、どこまでがデートではないのかのラインって、とてもわかりづらいですよね。

この曖昧で、分かっているようで分かっていないデートの定義について、今回は徹底的に解明していきます。

代表的なデートの定義7選

紅葉の中を歩くカップル

それでは実際、デートの定義とはなんなのか。ここでは代表的な7定義を例に挙げて、詳細に解説していきます。

定義の中でのその際の男性側、女性側の心理なんかも紹介していきます。相手の気持ちを理解しつつ、デートのラインを明確にして、モヤモヤ感を吹き飛ばしてしまいましょう。

二人きりで会う

海が見えるカフェで食事を楽しむカップル

まず、デートの定義として必要不可欠な要素としては二人きりで会うということです。

クラス全員と一緒であったり、会社のみんなと一緒に…ではなかなかデートとは言いづらいのが現実です。

というのも、大勢いては二人の間では会話も十分にできず、相手との特別な時間を過ごすことができないからです。

デートだとしたら、相手との距離を縮めることができたり、二人きりの時間を作れるように配慮するものです。(ダブルデートやトリプルデートがいい例です。)

また、相手から誘われたとしても、大人数での飲み会やごはん会、旅行はデートではありません。

合コンのセッティング役として呼ばれていたり、賑やかし要員や盛り上げ役として呼ばれている可能性も否定できないからです。

このような理由から、二人きりの空間や時間がしっかり設けられているかが、デートとして成立するためには必要条件なのです。

プライベートで会う

夕暮れの観覧車

また、仕事関係者や上司と二人きりで会っていたらデートになるのでしょうか?

上司と出先でのランチや、取引先の方とのディナー、同期とのランチミーティング。こんなものまでデートになってしまっていたら思うように仕事ができなくなってしまいますね。

ここで大切なことは、その目的が仕事なのかプライベートなのかということです。

二人で会うために、わざわざ個人的に時間をとっているかということが、デートの定義としては大きなポイントになるのです。

個人的に時間を割いてまで会う相手と過ごす時間は、デート以外に他なりませんね。自信を持ちましょう!

なんとなくではなく、プランがある一方で、例え二人っきりで、プライベートな時間だとしても、「暇だから会おっか!」と誘われた場合はどうでしょう?

これでは実際、あなたは気軽に誘えて楽しく時間を過ごせる異性の友達どまりと思っていいでしょう。

また、事前に会う約束はしていたものの、行き当たりばったりでその日の予定を決めていては、なんのムードもありません。

「ここでいいか」と食事の場所を決められてしまっては、気持ちも萎えてしまいますね。

重要なことは、その日の予定にプランが盛り込まれているか、ということなのです。あなたのことを考えて、何をするかを相手が計画してくれているか。

相手のことを思い、プランを立てるのであれば、これは立派なデートになります。たててくれたプランで、思いっきりデートを楽しみましょう。

前日に会う準備をする

ピンクのバラの花束とハートの化粧箱

明日何を着て行こう…?この服にはどんなパンプスが似合うかな?

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。