付き合うまでのデートの回数は?

付き合うまでのデートの回数は何回重ねれば良いのか?告白までのタイミングは?

そんな感情で悩んでしまっていませんか?

多くの方は、「好きな相手と関係を崩したくない…」という感情から謙虚になりすぎてしまいがちです。お互いにとってのGOODタイミングを見極めていく事が大切です。

お付き合いまでの最適なデート回数を一緒に考え、悩みを解消していきましょう!

付き合うまでのデートの回数とは?

道で手をつなぐ男女の手

デートからお付き合いするまでの回数は、個人差や価値観によって変わっていきます。お互いのことが理解し始めたくらいが付き合うのに丁度良いタイミングと言えます。

デートを重ねて相手の事を良く知りすぎてしまうと、お互いにドキドキ感が薄れてしまいますので注意です。ある程度知ることができ、ドキドキ感が薄れないデートの回数が良いです。

3回~5回でお付き合い多い

夏場のベンチで話す男女

初デートではお互いの印象を確認し合い、会うことで相手の癖や話し方や表情など些細なことを知ることができます。ウキウキやドキドキしたりしますよね。

そんな状態が続くのは、3回~5回の間が多いです。ある程度お互いの事を知ることができるので、告白やお付き合いはGOODタイミングです。

初デートの時で味わえたあの感情が薄れてしまう前に、行動は早い方が良いです。相手の方が、告白しやすいようにあなたからもアプローチをしてみてください。

言葉で「素敵な服ね」と褒めてみたり、さりげなくボディータッチしてみるなどスキンシップをとってみるのも良いです。

相手の方は、そんなあなたからの行動で「もしかして好きなのかな?」と期待します。ですので、お付き合いまでもスムーズに進みやすいです。

期間も短いスパンで1ヵ月~2ヵ月の間でデートの回数を重ね、あまりずるずると伸ばさないことが大切です。

デートの回数よりも、新密度が大切

二人で自転車に乗るカップル

しかし、ただデートを重ねるだけでは、話は前に進みません。重要なのは、一回一回のデートで新密度を高めていくことです。

ですが、親密度を高めていくことを考えすぎて回りしてしまう可能性があるので深くは考えないようにしましょう。なるべく、自然体のあなたで接していくのがポイントです。

お互いの事を知っていくことで、親密度は高まっていきます。相手と話をしていく中で、冗談を言ってみるなど、いつもとは違う自分を出してみることをチャレンジしてみるのも良いですね。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。