デート後のメールはどう送ればいい?

あなたはデート後に、彼にどんな連絡をしていますか?

家に帰ってから、バタバタしてしまって連絡をしていなかったなんてことはありませんか?

もし連絡をしていなかったのなら、次回のデートから必ずメールをする癖をつけましょう。

「家まで送ってくれてありがとう」
「今日は、ごちそうさまでした^^」
「あのレストラン美味しかったね!」
「景色もすごく綺麗で感動しちゃった★」
「また、ドライブに行きたいな」

デートの数だけ、それぞれのメールのパターンがあるでしょう。しかし、男性に喜ばれるデート後のメールがあったとしたら知りたいと思いませんか?

デート後の熱々のテンションを保って、次のデートのお誘いに繋げたいですよね。それでは、男性に喜ばれるデート後のメールの内容について考えてみましょう。

デート後のメールはどう送ればいい?

黒いスマホを持ってにこやかな女性

それでは男性に喜ばれるデート後のメールの内容とは、どんなものなのでしょうか?

男性はデートのために、いろいろな下調べや準備をしているものです。彼はデートの準備に時間を費やして、当日はお金も使っていることでしょう。

緊張していたかもしれないし、いろいろと気を遣って、あなたの見えないところで努力もしてくれたはずですよね。

あなたがデート中に楽しそうに過ごしていることが、彼にとってのご褒美となっているものです。

「頑張った後には認められたい」と思ってしまうのが人間の心理というものです。口に出して、そんなことを言う人はいませんが、心の奥底では同じことを考えています。

この気持ちのことを、心理学では承認欲求と呼んでいます。デート後には彼の承認欲求を満たすようなメールを彼に送りましょう。

そうすることで、彼はあなたに「認めてもらえた」という手応えや満足感を得ることができます。

自然と、あなたとの恋愛に対するモチベーションも上がるものです。では具体的に男性の「認められたい」という承認欲求を満たすメールとは、どんな内容のものなのでしょうか?

男性が喜ぶメールのパターンをご紹介します。

お礼

手と四葉のクローバー

もっとも効果的でシンプルな方法は、お礼の気持ちを伝えることです。彼女から感謝されることで、彼は満足感を得ることができます。

お礼のメールはデート後、スグに送ったほうが印象は良いものです。家に帰ったタイミングで「無事、家に到着した」という報告と一緒に「お礼」の気持ちを伝えるメールを送りましょう。

このタイミングは、彼もあなたのことを考えている可能性が高いものです。「ありがとう」「ごちそうさま」などの言葉で、ストレートに感謝の気持ちを伝えましょう。

「今、家に着いたよ。今日は、本当にありがとう!」
「家まで送ってくれて、ありがとうございました!」
「食事も本当に美味しかったです。ごちそうさまでした★」

彼が家まで送ってくれた場合には、彼が家に着いた時間帯に「無事、家に着いた?」と連絡してみるのも良いでしょう。

相手との関係性によっては、敬語で礼儀正しくする必要がありますが、事務的すぎる文章にならないようにしたいですね。

スタンプや顔文字などを使って、雰囲気を和らげる工夫をしましょう。

デートの振り返り

東京タワーと観覧車がある街

デートコースを振り返って、デートの内容や彼自信を褒めるメールも効果的です。一生懸命に計画したデートを褒められたら「努力が報われた」と気分が良くなるでしょう。

自然と「次のデートも喜んでもらえるようなに計画しよう!」というヤル気を引き出すことにも繋がります。心地良い人間関係を築き上げるため、褒めることはとても有効なのです。

しかし、「今日は楽しかったね」+「いろいろ、ありがとう」だけでは、印象が弱めです。喜ばせるためには、もっと具体的に褒める必要があります。

では、デートコースを振り返って、どんなポイントを褒めたら良いのでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。