恋愛に学歴差は関係ある?

恋愛で学歴差を気にしてしまう人は少なくありません。自分の方が学歴が低いことを気にしている人もいれば、相手の方が学歴が低いことを気にしてしまう人もいるでしょう。

恋愛では出会った時だけでなく、お付き合いを始めてからも学歴差を意識してしまう時がやってきます。しかし学歴差があっても幸せな恋愛をしているカップルはたくさんいるのです。

では果たして恋愛に学歴差というのは関係があるでしょうか?学歴差があると恋愛を楽しむことができないのでしょうか?

そこで今回は恋愛に学歴差があるかどうかについて、そして学歴関係なく恋愛を楽しむ方法について解説していきます。

恋愛に学歴差は関係ある?

本人たち次第

恋愛する張本人たち

恋愛に学歴差が一番関係してくる場合というのは本人たちが気にしている場合です。本人たちが学歴差を気にしなれければ基本的に問題はないのです。

学歴というのは勤め先や収入、経験や知識、さらには人間性などにも関わってくるため、差を感じやすいものの1つではあります。日常的に差を感じることもあるでしょう。

しかし差を感じたとしても本人たちが気にしないのであれば何も問題はありません。学歴を個性として受け止め、差があることは当たり前であると受け入れられれば、支障はないでしょう。

恋愛は他者に評価されるものではなく、自分たちが幸せであるかどうかです。学歴差があったとしても、気にすることなく恋愛を楽しめているのであれば、学歴差は恋愛に関係ないのです。

一般的に学歴が低い方が劣等感を抱きがち

学歴が低く劣等感を抱く男性

学歴というのは一般的に低い方が劣等感を感じがちになります。劣等感を感じてしまうと見栄を張りすぎたり、マイナス思考になったりしやすいため、恋愛に支障が出てしまいます。

学歴だけが重視される時代でない今でも、やはり学歴というのはステータスであり、高学歴であれば評価されます。学歴は本人や本人を支える人たちの努力で得たものだからです。

そのため学歴の低い方は劣等感を抱きやすくなってしまいます。特に恋愛においてはつり合いや周囲の評価を気にして、学歴が低い方は特に劣等感を感じてしまいやすいでしょう。

劣等感を感じてしまうと、自尊心を守るため見栄を張って、自分を良く見せようと無理をしてしまいやすくなります。無理をしてしまえば恋愛を心から楽しむことはできません。

またマイナス思考にもなりやすいため、必要以上に自己嫌悪してしまったり、被害妄想をしてしまったりします。すると自分も相手も嫌な思いをすることになるでしょう。

学歴は劣等感を生む原因にもなるものであり、劣等感を感じてしまうようであれば相手との関係性にも大きく関与してきます。恋愛も同様に劣等感がある場合、学歴差は関係あると言えます。

会話が合うなら問題なし

良好な関係の女性

学歴に差があると会話が合わない場合があります。学歴が高い人と低い人では育ってきた環境に差があるため、会話が噛み合わないことがあるのです。

学歴に差があるということは学習環境に差があるということです。塾や習い事に通うなど家庭環境も多少なりとも差がある場合もあるでしょう。

育ってきた環境に差があると経験や知識に差が出るため会話が合いにくくなります。提供できる話題の内容や量、考え方や理解力、語彙力などに差があると、会話は弾みにくくなるのです。

会話が合わないと仲を深めづらくなり、居心地も悪くなるため、恋愛にも影響が出てしまいます。人に合わせて会話をすることというのは思った以上にストレスが溜まるのです。

恋愛をするにあたり、学歴の差があっても会話が合うなら問題はありません。お互いに経験や知識の差を受け入れて会話ができれば、自然と会話が合うようになり楽しむことができるでしょう。

結婚となると学歴の高い親が気にするかも

学歴の高い女性の親

恋愛は基本的に2人が幸せなら問題ありませんが、結婚となるとそうとはいきません。親が大きく関わってくるからです。そして自分が良くても親が相手の学歴を気にする可能性があります。

特に学歴の高い親である場合、相手の学歴が低いことに抵抗を持っている可能性が高いです。少なからず学歴が高いことで得をしてきた経験があるからです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。