恋愛の理想と現実の9つの違いとは?

恋愛において理想を持つことはとても大切です。しかし理想と現実がかけ離れていたというのも良くある話。過去の彼を思い出してみてください。どの彼も理想通りでしたか?

実際は少し、いやかなり違っていたということの方が多いはずです。そんな恋愛にある理想と現実の違いの事例をいくつか紹介していきます。思い当たる事柄も多いかもしれません。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

恋愛の理想と現実の9つの違いとは?

全てを理解してくれる男性はいない

全て価値観がマッチしたわけではない男性

細やかな気遣いができる女性は多いですが、男性に同じようなことを求めてていてもなかなか理解されません。分かってほしいという思いからケンカに発展してしまうことも多いでしょう。

もともと男性と女性とでは考え方に大きな違いがありますし、人それぞれ育ってきた環境の違いや価値観の違いもあります。

「付き合っている=すべて受け入れてもらえる」と思うと、彼との考え方の違いに気がついた時になぜか裏切られた気分になることも。

これは誰が悪いわけではなく単なる「価値観の違い」というものです。付き合っていく上でお互いの価値観のすり合わせて、良いところも悪いところもお互いに理解していくのが大切になります。

彼を理解してあげれば、彼もあなたの価値観を理解し尊重してくれるはずです。

まずはお互いに自分の思いだけを押し付けずたくさん話し合って違うことを当たり前としてお付き合いしていくのがベストです。

ラブラブな状況は永遠には続かない

時間が経つごとに冷める恋愛感情

付き合い始めのラブラブな時期。デートの時に何を着て行こう?服のコーディネートから、お肌のコンディションにネイルのカラーまで余念がないことでしょう。

トイレに行くにも言い出しにくいなんて、ちょっと困った心配もしてしまうのもこの時期ならではないでしょうか?

このドキドキの時期を通り過ぎるとだんだんとお互いを知り、ドキドキというよりは穏やかな気分で過ごす時期に突入します。

もちろんずっとドキドキが続くのもステキなことですし悪いことではありません。でも大体のカップルはドキドキ期から安定期に入ります。

ドキドキは減りますが、落ち着いてお互いのことを見ることができるのもこの時期で、決して悪いことではないのです。

しかもたまに見る彼の違った一面で「ドキっ」とすることでより一層彼の事を好きになるのもこの時期ならでは。安定した恋愛の中でみつけるドキドキでより一層彼への気持ちも深まります。

奇跡の出会いはない

期待できない奇跡の出会い

女の子の憧れ「白馬の王子様」。でも現実はそんな棚からぼたもちのようにステキな男性が降ってくるわけではありません。

まずは出会いが必要で、そこからお互いを知り、恋愛に発展させていかなければなりません。

社内で気になる彼がいてもまずは自分を知ってもらわなくては恋愛に発展できません。彼からのアプローチを待っているのはNG。

彼の友達が同じ課にいれば飲み会をセッティングしてもらったり、何かしらの接点を持つことが大事になってきます。

もしそこで彼との接点ができればあくまでもさりげなく自分のいいところをアピールしましょう。グループで遊びに行ったりして彼との距離が縮まるような努力も大切です。

彼の知らない一面も見れるでしょうし、好意を持ってもらうきっかけを作ることができるはずです。

とにかく待つ姿勢より、自分で何かしらの行動を起こして恋のチャンスをつかめると、より自分の恋愛スキルもアップするはずです。

楽しいことと同じくらい悲しいこともある

恋愛で辛いを思いをする女性

恋愛では楽しいことがピックアップされがちですがその反面、叶わない恋や実らなかった恋など悲しいことも多いのが現実です。

片思いの時期は彼の姿を見るだけでときめいてドキドキしたり、挨拶や何気ない会話に心踊ったり。人を好きになることってこんなにも楽しいことなんだと再認識できる時期でもあります。

彼の持ち物やスケジュールを何気なく観察してしまうのもこの時期のあるあるではないでしょうか?

しかし、そんな彼に彼女ができたとき、今までの楽しかったことが一転してしまいます。

彼の姿を見るだけで切なくなったり、彼がメールしている姿を目にして「彼女にメールしているのかな?」と悲しくなったりします。

それでもその時期を乗り越えて次の恋へのステップアップにしましょう。

彼のことが大好きだった時期に彼のためにメイクを研究したりダイエットをしたり、女子力を上げるためにがんばっていたはず。そのがんばりは無駄にはなりませんよ。

肉体関係のみを望む男性も少なくない

肉体関係だけを望む男性

男性の多くは魅力的な女性がいれば本能のおもむくままに行動してしまいます。そのため付き合う気がなくても、チャンスさえあれば肉体関係を持ってしまうことも少なくありません。

女性であれば好きな男性に誘われたら嬉しいし、その先(お付き合い)があることを前提に一夜を共にしてしまうかもしれません。

実際は「一夜限りの相手だった」とか、「実は彼には本命の彼女がいて自分とは遊びだった」とかよく聞く話ですよね。

遊び相手にならないように、付き合っていない彼とはいくら気が合っても一線を超えないように気を付けることが大切です。

誰とでもそういう関係になる子と思われないためにもそこはとても重要なポイントです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。