5歳差恋愛が上手くいきやすい7つの理由とは?

同い年のカップル、男性が年上のカップル、女性が年上のカップルなど、様々なカップルがいますよね。あなたはこれまで、どのタイプで付き合うことが多かったでしょうか?

個人の性格にもよりますが、一般的に男性が5歳年上の恋愛は上手くいきやすいと言われています。最近では、一回り以上年上の男性と付き合う人も珍しくなくなりました。

今回は、「5歳差恋愛が上手くいきやすい7つの理由」についてまとめました。歳の差があるからこそのメリットやお互いの関係性について説明します。

まだ5歳差恋愛はしたことない人や、恋人募集中の人は是非参考にして、5歳年上の人も恋愛対象に入れてみて下さい。これまでになかった関係性で、楽しく付き合えるかもしれませんよ!

5歳差恋愛が上手くいきやすい7つの理由とは?

対抗意識が少ない

ライバル視する女性

5歳差恋愛の魅力は、「相手に対して、下手に対抗意識を持たない」ということが挙げられます。例えば、同い年だと何となく張りあってしまうことってありませんか?

しっかりしていると思われたい。頼り無いと思われたくない。知らないの?と言われたくない。自分でやりたいというように、少し対抗意識を持つ人も少なくありません。

しかし、5歳も歳の差があると対抗意識は少ない傾向にあるのです。5歳年上なんだから、彼ができて当たり前。私が知らないのも仕方ない。頼れる彼で良かったというように、素直に受け止めます。

彼が年上なので、彼に合わせよう。彼のリードに任せておこうと引くこともできます。逆に、少々無理なことでもやりたいと言えば、彼も合わせてくれるでしょう。

彼の立場からしても、お前には無理だなんて対等に張り合わず、じゃあやってみたらと見守る形でサポートをすることが多いです。5歳差恋愛だからこそ、お互い素直になれるのです。

思いやりを持とうとする

思いやりのある関係

5歳差恋愛は、まず人生経験が単純に5年分違います。好きな歌やはまったドラマも微妙に違いますし、それぞれの価値観にも多少のズレが出てきます。

同い年のカップルだと、意見の食い違いが出てきた時に、対等に文句や不満を言いがちです。どうして分かってくれないの?普通そんな風にしないよね?と相手を責めてしまうのです。

しかし5歳差恋愛だとその傾向はグッと低くなります。女性の方は、「あの人が言うから、合わせようかな。年上だし」と相手の男性を立てようと努力します。

男性の方は、「5歳も下だから、知らなくて当然か」「俺も5年前は知らなかったよな」と知識や感覚のズレも許容できます。

同い年だと対等に物を言いすぎるあまり、言葉がきつくなりがちです。しかし、5歳差恋愛は、お互いにズレがあるのが当たり前なので、意識的に理解し、すり合わせようと努力します。

嫉妬しにくい

少ない嫉妬

同い年のカップルだと、ついつい嫉妬をしてしまいますよね。対等な分、「また飲み会なの?」「浮気していないよね?」と自分の不満や疑いをストレートに言いがちです。

5歳差恋愛は、例え嫉妬をしたとしても、「俺も若い時にはよく飲み会行ってたしな」と許容できます。女性の方も、「彼は年上だから色々付き合いがあるのかも」と理解を示します。

「自分とは違うから」というベースがあるので、ライフスタイルに違いが出ても、たいして気にしないのです。同い年だとライフスタイルが同じ分、強い口調になりがちです。

「私はそんなに飲みに行かない!おかしいんじゃないの?」など、自分と比較して相手を責めてしまいます。5歳差恋愛ならもしも嫉妬したとしても、比較的円満に終わります。

女性なら「年上なのに、私のことでヤキモチを妬いて子供みたい」と嬉しくなります。男性なら「ヤキモチなんて子供っぽいけれど、可愛いな」と感じるので、ケンカになることは少ないです。

補完的なカップルになりやすい

助け合うカップル

5歳差恋愛は、他のカップルに比べて「補完的な関係になりやすい」と言えます。例えば、男性側には経済力がありますし、女性側には可愛げがついて回ります。

これが5歳差ではなく、一回り以上歳の差が出てしまうと、プレゼントが高額すぎたりして、バランスが悪くなります。若い彼女の感性についていけない男性もいるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。