恋愛が冷めた瞬間とは?

生涯1人の人だけをずっと好きでいられたら素敵ですよね。しかし本気で好きになった相手であっても、途中で恋愛が冷めてしまうことというのは、誰にでもあることなのです。

大抵の人が複数回恋愛を経験しているのも、決して最初から好きでなかったわけではなく、冷めてしまったからです。

ではなぜ好きという感情が冷めてしまうのでしょうか?今回は好きという感情が冷める理由を見つけるために、恋愛が冷めやすい瞬間を7つ紹介していきます。

恋愛が冷めた瞬間とは?

意識する頻度が減った

仕事より優先の恋愛

恋をすると一日中相手のことで頭がいっぱいになってしまいますよね。相手の一挙手一投足が気になって仕方がなくなり、どんな時でも相手のことを考えてばかりいることでしょう。

好きという気持ちが強いと、自然と好きな相手のことを意識する頻度は増えるものです。逆を言えば意識する頻度が減った場合は、恋愛が冷めてきていると考えていいでしょう。

卒業、転勤、転職など人は自分の置かれた環境が変わると、新しい環境に馴染むことに一生懸命になります。すると他のことへの意識というのは必然的に薄れていきます。

好きな人を意識する頻度が減っていけば恋愛は冷めていきます。環境が変わって好きな人と距離ができたことで感じた辛い思いも、意識する頻度が減ってくことで時が解決してくれます。

もちろん環境が変わっても変わらず恋心を募らせている人もたくさんいます。しかし意識する頻度が減るという状態になれば、恋愛は冷めていくのです。

いつまでも関係が進展しない

進展しない恋愛関係

どんなに好きでもいつまでも関係が進展せず、脈なしだと感じる状況が続けば次第に恋愛は冷めていきます。愛情は返してもらえないとどうしても冷めやすくなってしまうものなのです。

自分ばかりが愛情を伝えている感覚になってしまうと、付き合っていない相手でもどうして?と思ってしまうものです。与えてばかりでは心が満たさず、叶わない恋は本当に辛いものなのです。

相手に好きになってもらおうと一生懸命になればなるほど、関係が進展しないことが辛く、腹が立ってくることもあるでしょう。すると次第に恋愛感情は薄れてきます。

そしてもっと幸せになりたい、幸せな恋をしたいと思うようになるでしょう。幸せな恋を望むのは自然なことなので、脈なしの恋をずっと続けることは極めて難しいのです。

自分のしている恋がいつまでも関係が進展せず、脈なしの恋だと感じた瞬間、多くの人は冷めてしまうのでしょう。

期待を裏切られる

期待を裏切られて落ち込む女性

好きな人と良い雰囲気になれば、多くの人がもっと関係が進展することを期待します。しかし大きな期待は裏切られた時の反動がとても大きいものです。

好きな人に対する期待が大きければ大きいほど、裏切られた時のショックは大きくなります。ショックが大きかった反動で恋愛が冷めてしまうこともあるでしょう。

たとえば良い雰囲気だったのに告白されなかったらどうでしょう?悲しい、辛い気持ちだけならまだしも、期待が強かった分、なんで?と相手を責める気持ちを抱いてしまうのではないでしょうか。

相手も良い雰囲気を感じていたはずなのに、告白してこなかったことに苛立ちを覚えるかもしれません。不安や悲しみ以上に、苛立ちや失望など負の感情が大きくなれば恋愛は冷めるでしょう。

周りに冷やかされてうんざり

周りに冷やかされてうんざりする女性

恋愛は2人でするものですが、周りの反応の影響も少なからず受けるものです。周りに応援されているのといないのとでは、恋愛に対するモチベーションも変わってきます。

特に周りに冷やかされてばかりいる状況の中での恋愛というのは、精神的な負担も大きいです。馬鹿にされたり、からかわれたり、批評されたりされたら誰だって良い気はしないはずです。

片思い中であれば好きな人に好意が伝わってしまう不安もあるでしょう。付き合っている場合でもそのまま付き合っていて良いのか不安になり、付き合うこと自体に迷いが出てくるかもしれません。

冷やかされることに嫌気がさせば、堂々と相手を好きでいられなくなってしまうでしょう。冷やかされることにうんざりし、その状況から逃げ出したくなる人もいるはずです。

そのため周りに冷やかされてうんざりしている状態というのは、どうしても恋愛が冷めやすくなってしまうのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。