恋愛で冷めている男性の特徴と攻略法とは?

恋愛において、女性の目から見て「冷めている」と感じる男性って、いますよね。良く言えば「クール」ですが、悪く言うと「無愛想」とも表現ができます。

不機嫌なの?私のことが嫌いなの?何か嫌なことでもあった?どんな話題なら笑ってくれるのかな?考えればキリがないですよね。

冷めている男性は、女性から見れば隙が無く、入り込める余地を感じません。でも、そんな男性を好きになることだってあるはず。

どうして彼は、そんなに冷めているんだろう?・・・その疑問にズバリお答えいたします。

恋愛で冷めている印象を受ける男性の特徴と、その攻略法をお伝えいたします。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

恋愛で冷めている男性の特徴と攻略法とは?

ツンツンしている

ツンツンしているプライドの高い男性

誰に対してもツンツンした態度で、なんだか冷めているような雰囲気を感じる男性がいます。その「ツンツン」は、どこから来るのでしょうか?いつも何かにイライラしているのでしょうか?

答えは、そうではない場合がほとんどです。怒りを毎日毎日持続させることは難しいですし、格好をつけてクールな雰囲気を装っているだけの場合が多いのです。

つまり、「クールな俺、格好いいだろ?」ということをアピールしているだけなのです。

そのような男性は、好きになった子がいても、クールキャラが定着しているためになかなか自分をアピールできません。恋愛においては「待ち」に徹する傾向にあります。

反応が薄い

リアクションの薄い男性

何に対しても、反応が薄い男性がいます。具体的には、「昨日の番組、面白かったよね」と聞いても「・・・ん~」と「どうでもいい」的な雰囲気を出します。

あるいは外食の際に「どこの店に入ろうか」と案を聞いてみても「・・・ん~」の一言で会話を終えてしまう場合もあります。

そういった男性の特徴として、笑顔もなかなか見られません。喜怒哀楽が薄く、基本的に無表情です。

何の話題で喜ぶのかが分かりにくいので、笑顔を引き出すまでに一苦労したりします。あるいは彼の気に障るようなことを言ってしまったのかと、気を遣いすぎてしまう女性さえいるでしょう。

無関心を装っている

無関心を装う男性

恋愛に対して「え~、恋愛?今それどころじゃないし。そもそも恋愛とか興味ないしね」と言う男性も多くいます。

しかし、それは本当に本心なのでしょうか?無関心を装っているだけで、内心はとても興味があるのかもしれません。

けれども、恋愛にガツガツするより「恋は二の次のクールな男」を演出したほうが格好いいと認識している男性もいます。

確かに、芸能人などにおいても、クール系の男性は女性からモテていますよね。あるいは雑誌においてクールな表情でポーズをキメるモデルさんに憧れているのかもしれません。

年齢が若ければ若いほど、「クールな男=格好いい」という図式が男性の中で成り立ちやすいのは確かです。

しかし、クールは装っているだけで本心ではないのですから、いくらでも彼を変える余地はありますよ。

夢中になっていることがある

仕事に夢中な男性

前項で紹介しましたが、「今、恋愛どころじゃないし」と言う男性・・・そしてそれが本心からの言葉である場合も、確かに存在します。

格好をつけて「それどころじゃない」と言っているのではないのです。本心から「それどころじゃない」「今は他にやることがある」と思っている場合もあります。

例えば、仕事に集中している、勉強で忙しい、など何かに熱中している最中だと、女性からすれば冷めていると感じてしまうのです。

心理学的には、女性脳は「マルチタスク」で、男性脳は「モノタスク」だと言われます。

女性の脳は、複数の物事を同時進行でこなせるような構造になっています。それに対して男性脳は、一つのことにしか集中できない構造になっているのです。

集中していると誰かから呼ばれても気付かないし、作業に没頭しすぎて昼食も夕飯も忘れていた・・・など、よくある話です。

攻略法とは?

距離をつめるのはLINEやメール

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。