恋愛で罪悪感を抱く理由と対処法とは?

恋愛で罪悪感を抱く理由と対処法とは?

せっかく誰かを好きになったのに、罪悪感を抱いた経験はありますか?罪悪感には何種類かあります。

代表的なものは「やってしまった罪悪感」と「やらなかった罪悪感」です。やってしまった罪悪感とは、ちょっと食べ過ぎたり言い過ぎたりした時に感じます。

やらなかった罪悪感とは、課題や宿題をしなかった時に感じます。恋愛において、好きなのに感じてしまうのは「自虐性のある罪悪感」です。

例えば彼の機嫌がちょっとでも悪くなると、自分のせいだと思ってしまうのです。我慢してばかりだと、いつか爆発してしまいますよ。

ここでは、そんな罪悪感を抱く理由と対処法を紹介します。自分自身のことを大切にすることが解決の第一歩です。あなたにとって素敵な恋愛ができますように。

罪悪感を抱く理由とは?

用もないのに連絡したら、嫌がられるかもしれない

用のない連絡を嫌がる男性

罪悪感を抱いてしまう理由のひとつめは、ネガティブに考えてしまうからです。嫌がられたり、うっとうしいと思われるのではという恐れがあるのです。

用事がないのに連絡するのは好意があるとバレてしまうのでは、という不安などがあります。嫌な妄想をしてしまうと、どんどん嫌な方に考えてしまいますよね。

返事がないのは、もしかしたら嫌われたのかもなど…。そして連絡をしないことで、ますます相手が気になってしまうのです。

ここでおすすめなのは「用事を作る」ことです。何か彼に相談してみたり、アドバイスをもらうようにすると自然ですよ。

より自然なやり取りをするためにも、彼との信頼関係が大切になってきます。長文は重くなるので禁物ですが、丁寧に返事しましょう。

彼に他に好きな人がいるかもしれない

好きな女性が他にいる彼

罪悪感を抱いてしまう理由として、他のライバルに対しての劣等感があります。彼がもし他の人を好きだった場合、好きになると迷惑かもしれないと思うのです。

また、自分の存在を迷惑だと思い込む癖がついている人にも多い考え方です。しかし、これはチャンスを逃してしまう考え方です。

例えば彼があなたに何かプレゼントをくれたとします。「気をつかわせてごめんなさい」「こんなに高いものをくれるなんて申し訳ない」と思うのは要注意ですよ。

彼はあなたの喜ぶ顔が見たかったはずです。謝られてしまうと、逆にがっかりします。

気持ちも冷めてしまうかもしれません。メールやラインも同じで、彼からのサインを見逃してしまいがちです。

「忙しいのに連絡してごめんなさい」「迷惑だったかな」と思わないようにしましょう。ごめんと言うのを「ありがとう」と言い換えてみませんか。

たとえ他に好きな人がいたとしても、あなたのことを感じが良い人だと思ってくれるでしょう。

自分に自信がない

自分に自信がない女性

罪悪感を抱いてしまう根本の理由は、自分に自信がないからなんです。「こんな私を好きになってくれるわけがない」など自分を過小評価していませんか。

マイナスに考えてしまいがちな人も、罪悪感を抱いてしまいがちです。「自分と彼とは釣り合っていない」など…。

自信を持つことができれば良いですが、自信がないままでも恋愛はできます。恋愛とは、お互いに欠点を補いながら高め合うものです。

2人でひとつになるのです。ありのままのあなたを受け入れてくれる人は、必ず現れます。

徐々に、自分の本当の気持ちを言えるようになると良いですよね。自信を持てるようになるためにも、自分磨きをしてみるのがおすすめです。

周囲の目が気になる

周囲の目が気になる女性

周囲の目を気にしすぎると、相手に対して罪悪感を抱いてしまうことがあります。「話しかけられた、と彼がからかわれるのでは」など…。

そんな心配のほとんどは、妄想によってより恐怖に感じることが多いです。周りではなく、彼の本質を見極めましょう。

また予防策として、あまりペラペラ周りに喋らないこともおすすめです。自分の恋愛状況について、相談する相手を選びましょう。

口が軽い人に話してしまうと、より周囲の人に状況が広まってしまう可能性があります。

対処法とは?

好かれて嫌な人はいない

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。