愚痴を言える関係が恋愛につながりやすい理由とは?

彼氏彼女の恋愛関係に発展するきっかけはいろいろなところにあるものです。趣味が同じ人同士で恋愛関係になることもあれば、幼馴染同士など、もともとの関係はたくさんありますよね。

中でも、愚痴を言い合える友達同士というものは、非常に恋愛関係に繋がりやすいと言われています。

仕事や別の女友達の愚痴などが言える関係は、確かに気兼ねなく接することができてとても気が楽です。いつの間にか恋愛関係に発展しているパターンはよくあります。

今回は、そんな愚痴を言える関係が恋愛につながりやすい理由について、以下で紹介していきます。

愚痴を言える関係が恋愛につながりやすい理由とは?

気を遣わずにすむ

気を遣わずに済む相手

愚痴を言える関係というのは、気を遣わずに自然体で済む間柄であることがほとんどです。

正直言って愚痴は、悪態をつく場合もありますし、女性として可愛らしい部分をアピールしたい人には言えないものです。

ですが、愚痴を言える相手には自分の汚いところもさらけ出すことができるということです。

本来であれば、着飾らず自然体でいられる相手こそが、自分にとって一番近い人と考える方が自然ですよね。実際、恋愛関係になれば長い時間をこれから一緒に過ごすことになります。

いずれは自然体で話せる仲になれることが一番ですが、いつまでも気を遣ってばかりではぎこちない状態が続いてしまいます。

お互いを気遣うあまり歩み寄ることができず、ぎくしゃくしたまま別れを選択してしまうカップルもいるほどです。

であれば、難しく気を遣わず、自然体でいられる相手こそが恋人としてふさわしいと言っても過言ではないのです。友達同士のような仲良しカップルになれることは間違いないでしょう。

心の距離が近づく

心の距離が近い男女

愚痴というものは、そう簡単に誰にでもこぼせるものではありません。むしろかなり気を許している相手でなければ、愚痴を話すなんてことは気軽にできないはずです。

つまり、愚痴を言える人は心の距離が相当近い相手だということです。気持ちを許せる相手、誰よりも心を開いている相手だからこそ、気を遣わず愚痴を言えるというわけですね。

愚痴を言ったことでさらに心の距離が近づくと、お互いの弱さや苦しみを共有することになります。そこでお互いが特別な存在になり、男女の仲に自然と発展するケースはよくあります。

信頼している

信頼しあう男女

愚痴を話す友達とは、強い信頼関係で結ばれやすいのも特徴です。愚痴をこぼしていて相手の前で泣いたり、弱味を見せることができるのは、信頼している相手だけです。

何気なく愚痴を話しているだけでも、自然と二人の信頼関係は非常に強固なものになっていっているのです。

愚痴を話す相手とは、他の友達と比べて信頼関係を作りやすいので、結果としてカップルに発展しやすいものです。実際に恋人に選ぶなら、自分が気を許せて、信頼できる相手が良いですよね。

優しさを感じやすい

彼から優しさを感じる女性

愚痴を話していて、相手の男性にふとときめいたことや一緒にいて安心すると感じたことはないでしょうか。

愚痴を話しているときは、自分自身も精神的に弱っていることが多いため、相手の優しさを強く感じやすいのです。

そのため、ちょっとした優しさや気遣いにキュンと来てしまうことはよくあります。つらいときに励ましてもらえると、自然と相手に好意を抱きやすいのです。

一緒に悩みや苦しみを共有するという安心感もあるでしょう。思いがけず相手のアドバイスや何気ない一言などに励まされたりすることなどもあるはずです。

そのおかげで自分が救われたりすることがあれば、相手のことを好きになってしまうのも頷ける話ですね。

愚痴を話しているときは自分自身が癒しや優しさを求めているときなので、相手にいつもよりときめいてしまう傾向はあります。

好きな彼に愚痴を伝えるときのポイントは?

愚痴を言うときは少し甘える

好きな男性に少し甘える女性

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。