恋愛が辛い理由と幸せになるには?

「恋愛している」と言うととても幸せそうに聞こえますが、実際の恋愛はなかなかそううまくいきません。なぜか、落ち込んだり辛くなったりすることがありませんか?

人を好きになることはとても素敵なこと。恋をすると、心臓がドキドキして緊張したり、興奮したりしますね。何よりも人を好きだと言う気持ちで、幸せに感じることが恋愛の一番の醍醐味です。

それでも不安な気持ちになったり、悲しくなったりするときもあります。恋愛は、幸せではなく辛いことの方が、多く感じる場合もあるものです。

誰かを好きになった時、どうして辛く感じるのでしょうか?恋愛を辛く感じてしまう理由と、幸せな恋愛をするにはどうしたらよいかをご紹介します。

恋愛が辛い理由と幸せになるには?

相手に依存している

相手に依存する女性

相手を好きに思うことは素敵なことですが、全く相手からの愛情が感じられなければとても辛いことです。自分からばかりの気持ちの一方通行だと、好きでいることが虚しくなってしまうのですね。

相手から好かれていないと安心できないというのは、依存している状態です。自分に自信がないということの表れでもあります。さらに、依存していることは相手を大切にしていないということです。

なぜなら「自分を好きでいてくれる相手でないと嫌だ」と言っているようなものだからです。不安から、束縛したり頼ったりすると、よりいっそう相手に依存してしまうことになります。

そのような辛さから抜け出すには、まず相手を尊重することです。相手からの気持ちを求め続けていると依存は続き、解決しません。

相手がどう思っても、自分は価値があるのだと気づくことが大切です。つまり相手を尊重することは、そのままの自分自身も尊重するということにつながるのです。

悩みを抱え込んでいる

悩みを抱え込んでいる女性

恋愛をしていると、様々なことを考え込んでしまいますよね。相手の好意を感じられなかったり、うまく自分の気持ちが通じなかったりすると、不安になるものです。

相手のことを考えることに時間を使い、どうしようどうしようと考えて苦しくなっていませんか。なぜ辛いのかというと、ひとつに「自分だけで考えているから」という理由があります。

相手の気持ちは本人でないとわかりません。わからないものを考えたり悩んだりしても、自分が納得したり気持ちを切り替えたりしない限り、解決はしません。

自分だけで考え込んで辛くなっていると思ったら、周りの人に相談してみましょう。悩んでいることを話して、つらい沈んだ気持ちを発散させるだけでも良いのです。

悩みの解決策を求めるだけでなく、単純に自分だけで抱え込まないということも、時には必要です。

上手くいっていないことを認められない

上手くいかず悩む女性

片思いの状態は、恋愛ではとても辛い時期ですよね。なかなか気持ちが通じあわない、そもそも好かれていないなど、二人の恋愛として、成立していない場合があります。

ドキドキできる片思いの時期と違い、上手くいっていない恋愛の場合、辛く感じる度合いが大きいでしょう。さらに上手くいっていない事実は素直に認められないので、余計に辛いのです。

例えば、脈なしだとわかっていても、頑張って振り向かせようとしていませんか。気持ちがすれ違っているのに、認めないと意地を張ったりしていませんか。

まず「上手くいかず失敗している」のを認めてしまうことです。認めたうえで、自分はどうしたら良いのかを前向きに考えていきましょう。

失敗を認めてしまえば、次につながる行動が出来るようになりますよ。

幸せな恋愛をするには?

好きな感情を発散させる

好きな感情

相手が好きで悩んでいるなら、好きな気持ちを表に出すというのもひとつの解決策です。自分だけで考え込んでいることで辛さを感じるなら、その感情を発散させてみましょう。

例えば、片思いをしていて相手のことで悩むことが多いならば、告白をすることです。好きだという気持ちを相手に伝えれば、感情を表現できずにいた辛さからは解放されます。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。