恋愛を諦めた理由とは?

仕事や趣味、交友関係に重きをおいて、恋愛から距離をとっている女性は実は少なくありません。

では果たして恋愛を諦めた女性たちは、恋愛をしたくないから諦めたのでしょうか?

答えは必ずしもYESではありません。恋愛に本当に興味がなくなった女性もいますが、恋愛を諦めざるを得ない状況になった女性もいるのです。

恋愛を諦めた理由は大きく2つに分けることができます。自分の人生において恋愛が妨げだと感じた場合と、恋愛に消極的になってしまう不安や悩みを抱えている場合です。

今恋愛に夢中になっている人でも、今後恋愛を諦める日が来るかもしれません。今恋愛を諦めた人でも、今後また恋愛に前向きになる日が来るかもしれません。

どちらにせよ恋愛を諦める理由となることに目を向けておくことは、自分の人生にとって大切なことです。恋愛を諦めた理由について解説していきます。

恋愛を諦めた理由とは?

めんどくさいと思うようになった

めんどくさいと思う女性

他人と親密な関係になるということは簡単なことではありません。男女の付き合いとなるとさらにお互いを理解することは難しくなってきます。

しかし相手を理解して自分を知ってもらうことこそが恋愛の醍醐味です。お互いに理解し合うことは難しいことですが、だからこそ愛が深まるのです。

お互いに理解し合うことに一生懸命になることができれば、恋愛を楽しむことができるでしょう。

ただなかにはお互いに理解し合うことを面倒に思うようになってしまう女性も少なくありません。恋愛の醍醐味が、恋愛を諦めた理由の1つになってしまうこともあるのです。

相手を理解して、自分を知ってもらうことを面倒に思うようになってしまえば恋愛はうまくいきません。だんだん恋愛自体がめんどくさくなり、諦めモードになってしまうのでしょう。

彼氏がいない暦が長い

彼氏のいない状況

彼氏がいない歴が長いと恋愛を諦めてしまう女性も多いです。彼氏がいない時期が長ければ長いほど、自分のことを好きになってくれる人なんていないと考えてしまうようになるのです。

恋愛に前向きになるには、自分に対する自信と恋愛への希望を持つことが必要です。自信と希望がなければ人は頑張ることができないからです。

もちろん100%自分に自信がありますと言える人も、絶対に恋愛が上手くいくと信じることができる人も多くはありません。しかし自信と希望が0に近ければ積極的になれないものなのです。

彼氏がいない歴が長いという事実は、女性にとって自分に対する自信と恋愛への希望を持てなくする原因になります。

自分のことを好きになってくれる人なんていないと考えてしまえば、誰だって恋愛に臆病になってしまいます。

恋愛に臆病になってしまえば、さらに彼氏がいない時期が長引き、恋愛を諦めてしまう人もいることでしょう。

一人が好き

一人が好きな人

私たちは自分の生活時間を様々な活動に割り振って過ごしています。睡眠や食事のように生理的に必要な活動から、仕事や学校などの義務的な活動、そして交際や休養、趣味などの自由な活動です。

限られた時間の中で多くの活動をする中、恋愛という活動が増えると他の活動時間を削ることになります。

生理的活動や義務的活動を削るには限度があるため、恋愛は自由な活動の時間を割り振ることになります。恋愛に費やす時間には個人差がありますが、恋愛以外の時間は確実に減るでしょう。

すると自分の時間が少なくなったことに不満を感じる人も出てきます。自分の時間を大切にしたいと強く思うようになるのです。

また恋愛には相手を気遣うことが必要不可欠です。当然2人で過ごしている時も気遣いは必要になりますが、特に恋愛では一緒にいない時でも相手に気を遣う必要が出てきます。

気を遣うのは簡単なことではなく、多少なりともストレスを受けることです。恋人に対する気遣いが時に負担となってしまうこともあるでしょう。

特に一人が好きな人は、自分の時間を大切にしたいという気持ちを持ちやすく、気遣うのに疲れやすい傾向があります。

自分の時間が少なくなったと感じたり、気遣うのに疲れたりすればするほど、恋愛に対してマイナスイメージが強くなります。恋愛を諦めた理由の1つにもなることでしょう。

年齢的に希望が持てない

年齢的に希望が持てない女性

女性にとって年齢というのはとても気になるものです。特に恋愛においては年を重ねるごとに希望が持てなくなり、30歳を超えると次があると思えなくなってしまうのです。

女性にとって老いというのは基本的に外見の自信を喪失させるものです。年齢が上がれば上がるほど女性としての魅力が減っていくと思ってしまうのです。

また女性は結婚を考えて恋愛をしている人が多く、年をとることは結婚や妊娠、出産にとっても不安要素になります。特に妊娠や出産はリスクも上がるので、年齢を気にしてしまうものなのです。

年齢的に希望が持てなくなってしまえば、恋愛に対しても臆病になってしまいます。恋愛をするために自分から積極的に行動しづらくなってしまいます。

時間が経てば経つほど年齢的な不安は募っていくので、結果的に恋愛を諦めてしまう人もいるのです。

トラウマ

トラウマのある女性

過去の恋愛で受けた心の傷がトラウマとなってしまうことというのはよくあることです。ちょっとしたきっかけで過去の恋愛での嫌な思い出がよみがえり、その後の恋愛の妨げになるのです。

過去の恋愛のトラウマは簡単にはなくなりません。なくならないどころか、また裏切られたらと思ってしまうと怖くて動けなくなってしまうこともあるのです。

誰だって傷つくのも怖い思いをするのも悲しい思いをするのも嫌です。自分を攻撃してくることから自分を守ろうとするのは当然のことです。

過去の恋愛で嫌なことがあったからと言って、次の恋愛もうまくいかないわけでは決してありません。しかし傷が大きければ大きいほど、恋愛自体が怖くなってしまい動けなくなるのです。

恋愛することが怖くなってしまえば、もう自分には恋愛ができないのではないかと諦めてしまう人もいるのです。

メンタル的にキツイ

キツイメンタル

恋愛とは幸せを感じさせてくれるものですが、当然良い事だけでなく嫌なこともたくさんあります。全く違う人間がお付き合いするということは決して簡単ではなく、衝突は付き物なのです。

特に女性は恋愛に重きを置いている人が多いため、相手のことで一喜一憂することが多く、メンタルにも大きな影響を受けます。恋愛で嫌なことがあると他のことにまで支障が出てしまうのです。

相手のことで一喜一憂する毎日を過ごしていると、だんだんストレスが溜まってきて疲れたと感じやすくなります。望んだ恋愛でも精神的にもたなくなってしまうこともあるでしょう。

メンタル的にキツイ状態が続けば恋愛を楽しむことはできなくなってしまいます。恋愛から逃げたくなる気持ちになり、恋愛を諦める人も少なくないはずです。

好きな人ができない

好きな人ができない女性

恋愛というのは基本的に好きな人とするものです。好きな気持ちがないのにお付き合いしても、きっと長続きはしません。本気の恋愛は好きな人ができなければ始まらないのです。

恋愛はしようと思ってするものではなく、好きな人ができたら自然とできるものです。ただ彼氏が欲しいだけなら話は別ですが、本気で恋愛をしたいならまずは好きな人を作る必要があります。

つまり好きな人ができなければ、本気の恋愛はいつまで経ってもできないのです。

長い間好きな人ができないと、理想がどんどん高くなり余計に好きな人ができづらくなる傾向があります。恋愛したいと思っていてもいいなと思う人がいなければ当然恋愛はできません。

またいいなと思う人がいても自分から近づくことができず、好きになる手前で終わってしまう人も少なくありません。

こうして好きな人ができない状態が続くと恋愛自体を諦めてしまう人もいるのです。

コンプレックスがある

コンプレックスがある女性

先にも述べたようにある程度自分に自信を持てないと、恋愛に積極的にはなれません。貧乏であること、太っていることなどといったコンプレックスがあると、恋愛に消極的になってしまいます。

貧乏だからといって恋愛ができないなんてことはありません。経済状況の影響を受けない恋愛の仕方もあれば、貧乏であることを気にしない男性だってたくさんいます。

痩せている女性よりも太っている女性が好きな男性もたくさんいます。あくまで自分が太っていることを気にしているだけで恋愛できない理由にはならないのです。

コンプレックスというのは自分自身の問題で、必ずしも恋愛できない理由にはなるものではありません。むしろコンプレックスを気にしていることが恋愛の妨げになっているのです。

とは言ってもやはり誰だって自分のコンプレックスは気になるものです。努力しても解消されないコンプレックスであれば、悲観的になってしまうこともあるでしょう。

コンプレックスがあることで自分に自信が持てなければ、傷つくだけだと男性に近づくこと自体が怖くなってしまいます。男性に近づくことができなければ、当然恋愛も遠退いていきます。

コンプレックスが原因で積極的になれず男性から距離をとる生活が続けば、恋愛を諦める気持ちも芽生えてきてしまうでしょう。

不安でも恋愛を完全には諦めないこと

諦めない気持ち

恋愛を諦めた女性たちは様々な不安や悩みを抱えています。しかし多くの女性は完全に恋愛を諦めたわけでもなく、絶対に恋愛をしたくないと思っているわけではないのです。

不安や悩みというのは人を消極的にさせ、どんどん深みにハマってしまうものです。そのため恋愛から少し距離を置いていただけのつもりでも、日に日に恋愛が遠ざかっていってしまうのです。

簡単に解決されるような不安や悩みであればきっと恋愛を諦めたりしないはずです。たくさん苦しんで悩んだ結果恋愛を諦めようという気持ちになってしまったのでしょう。

もしまだ心のどこかで恋愛をしたいという気持ちがあるのであれば、まずは不安や悩みともう一度向き合ってみてください。今まで気付かなかっただけで解決の糸口が見つかるかもしれません。

不安や悩みと向き合って再び恋愛に前向きになるためにも、ぜひ今回紹介したことを参考にしてみてください。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。