プラス思考だと恋愛が上手くいく7つの理由とは?

恋愛をする上で、「可愛い」「キレイ」という外見の要素や、「優しい」「料理上手」という内面のスキルの他に重視されるもの。それは、「プラス思考かどうか」ということをご存知ですか?

「好きなタイプは?」と聞かれて、わざわざプラス思考な人が良いと言う人は少ないものの、実際には感覚的に求めています。プラス思考の人は、一緒にいるだけで楽しいですよね。

モチベーションも上がりますし、時には「そんな考え方があったのか!」と気持ちの切り替えの勉強にもなります。

そこで今回は、恋愛でプラス思考の方が上手くいく7つの理由についてまとめました。様々な角度から見ていきますので、少しネガティブ気味だと自覚のある人は、是非参考にして下さいね!

プラス思考だと恋愛が上手くいく7つの理由とは?

人の良いところに目を向ける

人の良いところ

プラス思考の人は、もともと「人の良いところに目を向ける」という素晴らしい習慣が身についています。良いところに目を向けるので、その言動に気づいたらすぐにお礼を言ったり褒めたりします。

人は、大人になっても褒められたり感謝をされるのは嬉しいものですよね。どんなに小さなことだったとしても、改めてお礼を言われるとモチベーションがあがるのは当然なことです。

例えば、仕事でミスをしてしまった時に、ダラダラと怒る上司がいますよね。

ミスだけを追求すると部下のモチベーションは下がります。「今回間違ってしまったけれど、前回間違えたここはできているね!」と良いところにも向ける上司は好かれます。

自分の良いところも認めてくれる。自分のさりげない気遣いに気づいてくれるというのは、居心地の良い相手だと思われます。ずっと一緒にいたいなと思われるので恋愛対象になりやすいと言えます。

積極的に行動を起こす

恋に対する積極的な行動

ポジティブの人は、積極的な行動力が魅力です。上手くいかなかったら、振られてしまったらと考えることはあまりありません。むしろ、それでも良いから頑張りたいと思う人がほとんどです。

もちろん、振られてしまうことを恐れないわけではありません。ただ、それよりも「デートしたいな」「仲良くなれたら良いな」と良いイメージの方が圧倒的に強いのです。

ネガティブに嫌われたらどうしようと思って行動すると、緊張から笑顔がなくなりますよね。頭の中がポジティブな状態でイメージして動くので、彼といる時にも笑顔が多くなります。

一緒にいるだけで「俺といて楽しそう」「俺も楽しい」「この子とは気が合うな」と思われやすいので、プラス思考は得なのです。その上、自分自身も楽しい気持ちでいれるので、損はありません。

ポジティブさは伝染する

恋愛のポジティブさ

プラス思考を続けていると、自分だけでなく周囲にも影響を及ぼします。ポジティブは、伝染するのです。例えば、仕事の愚痴や相談を、プラス思考の人にしたとしますよね。

ネガティブなことばかりに目を向けていた意見とは逆に、良い面や、こうなると楽しいね!という切り替えが上手いです。最初は慣れなくても、頻繁に接する内にポジティブ思考になってきます。

「なんとかなるかも。とりあえず行動してみよう」とポジティブな気持ちになることで少し気持ちが楽になります。「あの子のおかげだ」「あの子に言うと気が楽になる」と好きになるのです。

自分のモチベーションを高めてくれる存在というのは、ストレス社会でとても大切な存在ですよね。側にいて自分の頑張りを認めて欲しいと告白されることもしばしばあります。

ストレスが少ない

少ないストレス

プラス思考の人は、自分の感情に素直です。楽しそうだから楽しむ。こうした方が良いと思うから伝えるという感じです。素直に相手に伝えるので、言われた方も聞きやすいと感じるようです。

自分の思っていることを素直に伝えるので、プラス思考の人はストレスがありません。ストレスが無いからこそ、変な妄想に捉われることなくポジティブのままでいれるのです。

ポジティブな人は心に余裕もありますので、相手への言動も余裕を持って優しく接することができますよね。マイナス思考だとネガティブな妄想や切羽詰まった心理状態で、嫌な態度をとりがちです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。