思春期男子の7つの恋愛観とは?

思春期というのは成長過程の中で重要な時期です。身体的にも精神的にも子どもから大人に向けて急成長する時期なのです。

恋愛においても異性を強く意識し始めるのは思春期からです。大人と違い恋愛の経験が少なく、心身共に成長途中である思春期は、特有の恋愛観を持っています。

また性差もわかりやすく出てくる時期であるため、恋愛観にも男子らしさと女子らしさが出てきます。

思春期の恋愛は思春期ならではの恋愛観の影響を強く受けます。つまり思春期の恋愛では誰もが似たような行動を取る傾向があるということです。

さあ思春期真っ只中の女子の皆さん、好きな男子と付き合いたいのならまず、思春期男子の恋愛観について勉強していきましょう。きっと好きな男子の気持ちがわかってくるはずです。

思春期男子の恋愛観とは?

熱しやすく冷めやすい

熱しやすく冷めやすい思春期男子

思春期というのは色んなことに興味を持つ時期です。自分とは何かを追求し始める時期であるため、様々なことに興味を持って挑戦し、自分を見つけようとするのです。

色んなことに興味を持ちやすい分、興味が分散するため1つのことだけに集中することは少ない傾向があると言えます。いわゆる熱しやすく冷めやすい状態ということです。

そのため恋愛も同様に熱しやすく冷めやすい傾向があります。

大人のように色んな条件から時間をかけて判断することは少なく、すぐに好きになることが多いです。また振られたことにいつまでもクヨクヨせず切り替えが比較的早いのです。

熱しやすく冷めやすいため、振られてもすぐに次に行くことができることが、思春期男子の恋愛観の1つと言えるでしょう。

エッチに興味がない人はいない

エッチに興味がある思春期男子

思春期になると男子は性的興味が強くなります。そのため今までにないほど異性を意識するようになり、エッチに強い興味を示すようになるのです。

肉食男子・草食男子という言葉がありますが、思春期男子には関係ありません。思春期は成長過程として、性ホルモンの分泌が活発になることにより皆同じように性的興味が強くなるからです。

思春期男子が異性を意識することには性的興味が強く影響を受けています。つまり思春期男子の恋愛観には、エッチへの興味が大きく関与していると言っていいでしょう。

エッチに興味がない人がいないというのも、思春期男子の恋愛観の特徴なのです。

とりあえず彼女が欲しい

手をつなぐカップル

思春期男子は好きな人と付き合いたいというよりも、恋愛や異性への興味が強く、とりあえず彼女がほしいと思う傾向があります。そのため付き合いやすい人を狙う男子が多いです。

好きという感情よりも付き合える可能性が高いことを重視します。恋愛への興味が感じられずガードが固そうな人よりも、恋愛に興味津々でノリの良い人を狙うのです。

思春期男子にとって付き合うことは、恋愛や異性への興味の延長線上にあるものです。好きだから付き合いたいのではなく、興味がるから彼女が欲しいのです。

また周囲の目が気になる時期なので、付き合っていることは自分にとって大きなステータスになります。他の男子よりも早く彼女を作りたいという気持ちも少なからずあるでしょう。

とりあえず彼女が欲しいという気持ちが強いことも、思春期男子の恋愛観の1つなのです。

LINEのやり取りしたがる

LINEのやり取りしたがる女性

基本的に男性というのは連絡不精で、LINEなどのやり取りを面倒に思っています。しかし思春期男子の場合はむしろLINEのやり取りをしたがる傾向があるのです。

多くの思春期男子はLINEを始めてからまだ日が浅く、LINEができることを特別に感じています。特に異性との個人的にやり取りをするということは、思春期男子にとっては特別なことです。

LINEのやり取りができるようになることは、それまで集団で異性と関わることが多かった思春期男子にとっては大きな変化です。気持ちが高ぶるのも当然のことでしょう。

思春期男子にとって異性とのLINEのやり取りは、2人だけの秘密を持ったようでドキドキするものなのです。そのためLINEのやり取りしたがるのも思春期男子の恋愛観の1つと言えるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。