恋愛で無駄に見えて実は大切な7つのことは?

恋愛に必要なことと言えば、何が思い浮かびますか?嫉妬をするような三角関係などライバルの登場でしょうか?花火大会やクリスマスなどムードを高めるイベントでしょうか?

もちろんそれがきっかけで、仲を深めるカップルは多いです。しかし、それ以前の「何気ない時間」が最も大切です。非日常ではなく、毎日の繰り返しの中に心を動かすヒントが隠れています。

今回は、そんな「恋愛で無駄に思えるけれど、実は大切なこと」についてまとめました。7つの項目について紹介しますので、自分はできているのかチェックしてみて下さい。

これから片思いの相手と仲を深めたい人も、既にカップルでより親密になりたい人も使えます。是非参考にして、意中の人との絆を深めていって下さいね!

恋愛で無駄に見えて実は大切な7つのことは?

手紙

好きな彼への手紙

恋愛で無駄に見えて、実は大切なことは「手紙を書いてみる」が挙げれます。一昔前と違い、最近では意中の人と仲良くなる方法が、ずいぶんと楽になりましたよね。

相手の親が出るかもしれない家の電話をかける必要もありませんし、どこでも携帯電話で連絡がとれるようになりました。メールやLINEも簡単にリアルタイムで連絡を取ることも可能です。

しかし、そんな便利な時代だからこそ、アナログな「手紙」という手法が案外効果を発揮します。手紙は古臭いと思う人もいるでしょうが、ただの文章の中にたくさんの気持ちが詰まっています。

例えば、便せんの選択や、文字の丁寧さで書いた人の気持ちが伝わります。白い画面に事務的に書かれた携帯画面の文字とは比較になりません。便利な時代だからこそ、手間をかけることも有効です。

写真

2人で遊んだ思い出

2人で遊びに言った時には、写真に残すのがおすすめです。最近では、アルバムを作るわけでもないし、いつでも行けるから良いやと写真を撮らないカップルも多いです。

でも、1~2枚でも良いので、できるだけ写真を撮りましょう。デートをしている最中や、当日の夜は楽しくても、思い出は少しずつ薄れていってしまいますよね。

写真があれば、「楽しかったな」「この時、すごい風が吹いて写真取りにくかったな」など、後から気持ちが蘇ります。

最近では、携帯カメラも性能が良くなりましたし、あまりきちんとしたカメラで写真を撮る人は少ないです。でも、携帯カメラのデータって、後から見返すことが頻繁ではありません。

写真に残して飾ることで、いつでも目につくことができますし、その度に「面白かったな」と楽しい感情を思い出してもらえます。たまには携帯ではなくカメラで、写真を撮るのもおすすめです。

雑談

恋愛で雑談するカップル

恋愛を早く進展させたいと思っていると、恋愛関係の話ばかりをしてしまったり、自分のアピールばかりになることがあります。でも、一見恋愛には関係ない雑談を大切にするのがおすすめです。

例えば早く進展をさせたいが為に、自分の一途さや恋愛感を一方的に話す。相手に恋愛感を聞く。束縛についてどう思うか意見交換をする。このような話ばかりだと、少し窮屈だと思いませんか?

恋愛感について話すことで、「自分と同じだな」と思ってもらえることもありますが、実は雑談の方が効果が早いことが多いです。彼の好きな話題を話す。興味のある出来事一緒にする。

自分の好きなことに対して、一緒に楽しそうに話してくれる女性の方が「この子と合うな」と思われやすいのです。もしも彼と仲を縮めたいのなら、何気ない雑談こそ心を掴むチャンスです。

会えない時間

彼と会えない時間

恋をしていると、彼のことで頭がいっぱいになりすぐに会いたくなってしまいます。会えないのなら電話で話したい。それか、LINEやメールで会話をしたいというのは皆が思うことです。

恋をすると自分の「会いたい」という気持ちや相手と親密になることを考えて「会う時間が大切」と思いがちです。

しかし、それにこだわり過ぎて、「会えない大切さ」を忘れている人も少なくありません。

「会えない時間」が会いたいという気持ちや、恋しい気持ちを作ることも忘れないで下さい。隙間なく会っていたら、会うのが当たり前になって、存在のありがたみが分からなくなる場合もあります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。