恋愛関係になる7つのきっかけとは?

ドラマのような、出会いからビビッと感じる運命を期待している人も多いですが、実際にはそのようなことはあまり起きませんよね。現実的な出会いと、平凡な関係性になることが圧倒的に多いです。

ドラマのようなロマンティックな恋を想像している人にありがちなのが、「出会いも素敵なはずだ」と思いこんでいるところです。

今既に知り合いになっている人は運命の人ではない。新しく出会う人に恋人候補はいるはずと思っている人はいないでしょうか?恋愛感情は、どのようなことがきっかけで起きるか分かりません。

全くときめかない友人関係だったのに、ある日を境に意識してしまったというのは珍しくありません。今回は、そんな恋愛関係になる7つのきっかけについてまとめました。

意外と求めている恋愛は、気がつかないだけで側にある可能性があるので、是非参考にしてみて下さいね!

恋愛関係になる7つのきっかけとは?

一目惚れ

一目惚れした男性

恋愛関係になるきっかけとして、一番多いのは「外見がタイプだから」でしょう。どんなに優しい人でも、話してみなければ分かりませんよね。外見からの情報は、相手に近づくきっかけになります。

一目ぼれと言っても、必ずしもイケメンや美人である必要はありません。雰囲気が好き、仕草が好きという形で何か気になると目が離せなくなる場合も十分にあります。

外見が好きになると、次は「恋人はいるのかな?」「お話をしてみたいな」という気持ちが出てきますよね。仲良くなりたいと思って、実際に話しかけたり、友達に協力してもらう人も多いです。

何となくフィーリングが会ったり、特別好きな顔ではないのに目を引いてしまうと言った感覚から、付き合うことも多いです。「日頃はタイプではないのに」という始まりも意外と多いものですよ!

ギャップ

ギャップのある男性

恋愛関係になるきっかけとして、ドキッとしてしまう1番の理由は「日頃とギャップがあったから」です。例えば、いつもは笑わないクールな人が、笑うと顔がクシャッとなって可愛かった。

またあの笑顔が見たいなと何度も話しかけているうちに、自分が彼を好きなことに気がついたというパターンは多いです。また、2人きりの時には彼がいつもより優しかったりするとときめきます。

男性側から見たら、いつもは明るい元気な女の子が、少し弱気になって涙目になっていたら支えたくなったなどが多いです。このように、いつもと違うギャップというのは恋のきっかけに有効です。

日頃の触れ合いがあるからこそ、「いつもと違う」姿にドキッとします。そのギャップが忘れられなくて、頭の中がいっぱいになり、いつの間にか好きになってしまいます。

接触頻度が高い

接触頻度の高い相手

日常の習慣の中で、接触頻度が高い相手には恋心を抱きやすいです。例えば、毎日同じ時間に、同じ道で会うとしましょう。その時には何気なく挨拶をお互いにするとします。

会話自体は大したものではなかったとしても、彼に朝会うことが日課になっていると恋心が生まれやすいのです。ある日、いつも会う彼がいなかったらどうでしょうか?

「あれ?今日はいないのかな?」「どうしたのかな?」と、つい彼を探してはしまいませんか?特に待ち合わせをしているわけでもないのに気になって仕方が無い時があります。

また、彼がたまたま知り合いの女性と会って、話しながらいつもの時間に現れたらどうでしょう?何となく、「私だけではなかったのか」と勝手にガッカリしますよね。

毎日の接触頻度が高いと、自分の日常生活に取り入れてしまいやすいので、知らないうちに執着心が生まれてしまいます。それが嫉妬として表れた時、恋心を自覚する人も多いです。

相手が落ち込んでいる

落ち込む男性

ただの友達だと思っていたけれど、落ち込んでいる姿を見てしまったら、つい自分が支えたくなったというのはよくある話ですよね。相談に乗っているうちに恋人になる人も多いです。

まず、相手が落ち込んでいる時点で、日頃とは違う弱いギャップを見ることになります。そして、そんな放っておけない状態の人が自分を頼ってきたら、協力する人も多いです。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。