恋愛したくない男性の言い分とは?

恋愛に興味のない人、もしくは恋愛に興味はあるけど他のことと比べて優先順位が下だという人はいますよね。一時的に今は恋愛をしたくない理由がある場合もあります。

あなたに気になる男性ができたとしても、相手に恋愛をする気がなければアプローチのしようがありません。そこで大事なのは、なぜ相手が恋愛をしたくないのか?を知ることです。

理由を知ることによって、これからの対応方法が分かるかもしれないからです。そもそも男性が恋愛をしたくない理由にはどのようなことが挙げられるのでしょう?

今回は、恋愛をしたくない男性の言い分の一例を紹介します。理由に合わせた対応法も一緒に考えていきましょう。

恋愛したくない男性の言い分とは?

独りの時間が大切

独りの時間を過ごす男性

基本的に独りでいることが好きな男性は、あまり恋愛に対して興味がありません。恋愛をして彼女ができると独りの時間がなくなってしまうからです。

独りでいることを好む男性は、日頃から友達や同僚との付き合いにも消極的です。自由な時間があれば独りで過ごすことを最優先に考えることが多いでしょう。

そして独りの時間を好むということは、何でも自由だということ。好きな時間に好きなことをして好きなように過ごせます。そんな状況に慣れてしまうと、相手に合わせるのが苦痛になるのです。

彼女ができたらデートをしたり電話をしたりして連絡をとらなくてはいけません。彼女付き合いが面倒くさい・億劫だと感じてしまうタイプの男性は恋愛をしたくないのでしょう。

お金がかかる

恋愛に必要なお金

恋人ができたら何かとお金がかかるものですよね。デートひとつにとっても、交通費・食事代・施設代など出費の機会は多くあります。

できるだけ男の自分が支払いをしないと、という義務感も少なからずあることでしょう。彼女ができるとお金がかかる=恋愛したくないと思う男性もいます。

お金がかかるからということが本当に恋愛をしたくない一番の理由だとすれば、お金がないから・ケチだからのどちらかですね。本当にお金がないから恋愛をする余裕がない人も中にはいます。

もしくはお金に余裕はあるけどケチだから出費をしたくない・恋愛にお金をかけたくないという人。出費の優先順位があって恋愛は下の方なんです。

意外とお金持ちの人に多いかもしれません。自分のお金目当てに女性が寄ってきていると感じて恋愛を避けている場合もあるでしょう。

記念日が怖い

記念日を恐れる男性

カップルには1年の中でたくさんのイベントがあります。誕生日にクリスマス・バレンタインデーやホワイトデーなど…カップルだからこその楽しい行事です。

しかしイベントが多くある分、ちゃんと覚えていなきゃ・何かしなくちゃというプレッシャーに追われる人もいます。事あるごとのイベントが怖くなり、シンプルに楽しむことができないのです。

誕生日はプレゼントをあげなきゃいけません。そもそものプレゼント選びやお祝いの仕方に迷うでしょう。ホワイトデーだってバレンタインデーより良いものをお返ししないと…。

「クリスマスはどう過ごす?何かロマンチックな演出をしなくちゃいけないの?」。イベント自体を忘れない様にするだけでも必死なのに、プランまで考えなくてはという義務感に疲れます。

記念日が怖い。だったら恋愛しなければいいじゃないか。という考えに行きついたのでしょう。楽しいはずの恋愛が恐怖に変わってしまったのです。

失う辛さがある

失恋して辛そうな男性

付き合うことの楽しさや幸せより、いつか失う辛さを考えてしまう人は恋愛に対してネガティブです。元々、何事に対してもネガティブ思考のタイプなのでしょう。

もちろん付き合うことは楽しいし幸せだけれど、その分好きになりすぎて依存してしまうのが怖いのです。もし振られたら…?と考えてしまうのでしょう。

楽しい・幸せな気持ちより不安や心配が勝ってしまいます。だから素直に恋愛を楽しむことができないのです。楽しくなればなるほど怖くなるのです。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。