恋愛で鈍感だと上手くいかない理由と対処法とは?

恋愛をしたいと願っているものの、全く彼氏がいないと嘆いていたら、「理想が高いもんね」と言われたことはありませんか?

自分ではより好みしているつもりは無くっても、人からそう思われる時が実際にあります。自分的には、そもそもモテないし、出会いのきっかけすらないのに選べる立場では無いと思うでしょう。

しかし、周囲の人に意見を聞いてみると、「好意を寄せてきた男性に冷たかった」「脈なしの反応ばかりしている」との意見も。自分が鈍感なだけで、実はチャンスがあったのかもしれません。

今回は、恋愛で鈍感だと上手くいかない理由についてまとめました。もしも自分がモテていたなんて信じられないという場合は、信じるための対処法も紹介しています。

自分はモテないと思いこんでいるだけで、実は男性からのアプローチをスルーしていたということもあります。是非参考にして、恋のアンテナをしっかりと張るように注意して下さいね!

恋愛で鈍感だと上手くいかない理由と対処法とは?

好きな男性の好意に気づかない

好きな男性の好意に気がつかない女性

恋愛で鈍感な人は、最悪の場合「両想いの恋を逃す」ことになりかねません。例えば好きな人がいたとして、その人もあなたに好意を感じていたとします。当然、好きな人には優しくなりますよね。

でも、鈍感な人は優しさを「私のことが好きなのかも」と期待をすることがありません。「友達だからね」「皆に優しいからね」と理由をつけて、自分への好意を打ち消します。

ツンケンするわけではありませんが、友達以上の枠から出ない対応をしていると、相手は脈がないと勘違いをしてしまいます。その結果、相手もあなたに友達内の接し方をするようになってきます。

「好きな男性とは男友達で終わる」「男性に女性として見られてないの」と言っているのを耳にすることもありますよね。それは、自分が問題かもしれません。

鈍感だと相手を信じきれない

相手に疑いの目を向ける女性

恋愛に鈍感だと、相手の好意に気づきません。もし、気づくようなことがあったとしても「私の勘違いかも」と考えを消してしまいます。これは恋愛にとって、すごく損なことです。

相手からすれば、自分が好意を寄せていることを暗に匂わせて、あなたの反応を見ている可能性があります。もし、反応が良ければ次のステップとしてデートに誘うかもしれません。

しかし、あなたの反応が薄いとどうでしょうか?脈がないと思われて、デートはもちろん、あなたに話しかけるのも諦めてしまうかもしれません。勘違いでも良いので、楽しむということも大切です。

「私なんかを好きなはずない」「私の反応をからかっているだけかも」というようなネガティブな感情が、恋愛を遠ざけます。常に恋のアンテナは張って、勘違いするくらいが良い時もあります。

2人きりでデートに誘われるのは間違いなく脈あり

男性との2人きりのデート

もしもあなたが、2人きりのデートに男性から誘われたのなら、間違いなく脈ありの可能性が高いです。男性は、女性のように自分の時間に我慢をしません。

好きでもない人とデートすることすらもったいないと感じます。デート代は、割り勘のカップルも多くなったとはいえ、やはり男性が多めに払うことが多いですよね。車の運転もする場合が多いです。

女性は気の無い相手から誘われたとしても、最初のデートは奢ってもらえますしデートに行く人もいるでしょう。

しかし男性側は違います。自分に負担が多いからこそ気のない相手とはデートすらしたくありません。あなたがデートに誘われたなら、好意はあると考えても良さそうです。

いつまでもアプローチしてくれるとは限らない

好きな女性へのアプローチに悩む男性

男性からアプローチをされていて、なかなか信じることができない人っていますよね。自分に魅力があるとも思えないし、相手の男性の気持ちが分からないからです。

ようやく私のことを好きなんだと気づいて自分も意識しだしたら、彼はもう自分に興味が無くなっていたというのはよくある話です。

恋愛に鈍感な人にありがちな話で、自分と相手の気持ちの恋愛ペースが違うということは忘れてはいけないポイントです。あなたが彼のアプローチに気づかない間、彼は反応を見ています。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。