うまくいく恋愛の特徴とは?

せっかくできた彼氏と、長くお付き合いを続けられたらいいなと思いませんか?恋愛は3か月周期とも言われています。

お付き合いが始まって3か月は、ハネムーン期とも呼ばれるとても楽しい時期です。全てがバラ色とも言われています。

6か月(半年)~9か月ごろ、多くのカップルが倦怠期を迎えます。だんだん相手の欠点などが目についてくる時期です。

そして12か月(1年)が過ぎると、付き合っているのが日常になり将来のことも考えだす傾向にあります。どのようなポイントを押さえれば、1年の壁を越えることができるのでしょうか。

ここでは、うまくいく恋愛の特徴について紹介します。1年以上お付き合いを続けている人も、結婚に向けて改めて相手との関係を見直してみましょう。

うまくいく恋愛の特徴とは?

好きだけど依存しすぎていない

好きだけど依存しすぎていないカップル

うまくいく恋愛の特徴は、相手に依存しすぎないことです。相手の顔色ばかりうかがっていては、お互い疲れてしまいます。

彼氏に合わせてばかりだと、「自分の意見はないのか」と責められる可能性もあるでしょう。大切なのは適切な距離感です。

近すぎる距離だと、何でもないことが気になってきます。何でもないただの女友達との繋がりなど、必要以上に心配してしまうこともあるでしょう。

大人になると誰でも、寂しさを感じる瞬間があります。その寂しさと上手く付き合うことができれば、恋愛上手になることができるのです。

寂しいからといって、恋愛や彼氏に依存するのはやめましょう。料理教室や趣味や他の友達と話すことなどで、寂しさを紛らわせるのがおすすめです。

彼氏と会う以外にも、楽しいことがある人は内面からの輝きがでてきます。

周りを気にしない

周りを気にしない愛の気持ち

アラサー前後の年齢になると、周りから結婚や恋愛の進捗状況について急かされることもあるでしょう。友達からの結婚報告が続くと、人を羨んでしまうこともあります。

人と比べてしまうのは仕方ないことです。しかし、大切なのは周りの雑音に惑わされないことです。

急かされることで焦りが生まれ、彼氏に詰め寄ってしまうと上手くいきにくいです。「〇〇ちゃんの彼氏は〇〇してくれたのに」という言葉は一番言ってはいけない言葉です。

自分が幸せを感じるのはどんな時か、考えてみましょう。もちろん彼氏だけにのめり込んでしまうのは危険ですが、自分を信じて進む事は幸せへの近道です。

また、恋愛は「期待しない方がうまくいく」とも言われます。

高すぎる理想と、現実とのギャップに落ち込んでしまう可能性があります。自分の中での最低ラインを決めて、ハードルを下げてみましょう。

彼がしてくれたこと全てに感謝できるようになりますよ。

デートに工夫がある

工夫のあるデート

倦怠期に分かれてしまうカップルは多いです。そのため、マンネリを防止すると効果的です。

家デートばかりのカップルさんは、たまには遠出をしてみましょう。アウトドア派のカップルは、のんびりDVD鑑賞をしてみてはいかがでしょうか。

新鮮な気持ちが戻ってきます。お弁当を作ってピクニックに行ったりするのもおすすめです。

お互いに何か1品作って持って行くと、何を作ってくれるかドキドキして楽しいです。1日陶芸体験やボルダリング体験など、ネットで探すと地域のイベントが簡単に見つかります。

身近なところで開催されている、意外なイベントを発見できるかもしれません。今からすぐできる方法としては、突然服装を変えてみるのが良い方法です。

例えばいつもデニムパンツの人なら、ふわふわワンピースを着てみましょう。新しい一面を見せると、ドキっとしてもらえます。

お互いが尊敬している

お互いが尊敬しているカップル

恋愛がうまくいかない女性に多いのが、彼氏に対して下手の態度を取ってしまうことです。中には、逆に上から目線の態度を取ってしまう人もいます。

自分を良く見せようとして、無理をしてしまうのはダメです。彼氏の言うことを聞いてばかりなのも、良くありません。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。