付き合って3ヶ月以上続く恋愛の特徴とは?

よく、付き合って3ヶ月目に倦怠期が来ると言われています。それは男女の間で恋愛に対する盛り上がり方が違うからです。

男性は付き合うまでにだんだん気持ちが盛り上がり、付き合った直後がピークです。毎日でも会いたい、という気分になります。

それに対して女性は、付き合う前や付き合ってすぐの頃は不安な気持ちがあります。だいたい2ヶ月目から安心感を感じ、恋愛を楽しめるようになります。

つまり男性の気持ちが落ち着いてきた頃に、女性の気持ちが盛り上がってくるのです。そして落ち着きを求めて近場でデートしたい彼氏に対して、遠出したい彼女という構図ができます。

そのため、3ヶ月目に倦怠期や気持ちのすれ違いから来る別れが多いのです。付き合って3ヶ月以上続く恋愛の特徴について紹介します。

長く付き合いを続けるためにも、ぜひ実践してみてください。

付き合って3ヶ月以上続く恋愛の特徴とは?

衝動で付き合っていない

衝動で付き合う女性

3ヶ月以内に別れてしまうカップルの中には、元彼と別れた腹いせに付き合った人がいます。彼氏が欲しいという気持ちだけで、誰でも良いから付き合ってしまうのは危険です。

誰でも良いと思うと、そんなに好きではなくても付き合ってしまうことがあります。衝動で付き合ってしまうと、別れる時期が早まることが多いので注意です。

初めから盛り上がってしまうと、急激に冷めやすいという傾向もあります。また付き合って最初の3ヶ月で、どれだけ未来を想像することができるかも重要です。

衝動で付き合った場合、今しか見ていません。先が見えないことが辛くなってくる場合があります。最初の3ヶ月で見えた未来への希望が、次の3ヶ月へと繋がって長く続くのです。

見た目ではなく人となりを知って交際

男性の人となりを知る女性

顔だけで選んで付き合ったカップルは、別れやすいです。確かに初めはかっこいい彼氏を自慢できますが、徐々に嫌な部分が見えてくるのが3ヶ月目ぐらいです。

ある程度好みや考え方を知ってから付き合い始めた方が、長続きしますよ。人は自分と似た部分があると親近感を覚えます。

これは「類似性の法則」と言います。価値観や性格など、相手と自分に共通点が多いほど強い親近感を抱くのです。

見た目だけではなく、本当の自分を出せるかどうかもポイントです。嫌われたくなくて、かわいい自分を演じていてもいつか限界が来ます。

例えば3ヶ月以降も交際が続き、結婚を考えるようになるとします。家計や仕事を続けるかどうかなど、話し合わなければいけないことがたくさんありますよね。

見た目が良くても、中身が空っぽな人とは建設的な話ができず辛くなりますよ。

新しいことを2人で始める

新しいことを2人で始めるカップル

倦怠期やマンネリにならないカップルは、新しいことを始めています。たまには遠出や小旅行をすると、長続きするためにもおすすめです。

行き先やルート、宿泊場所や観光場所などを一緒に考えると楽しいですよ。一緒にスポーツを始めたり、ジムに行くのも張り合いが出ます。

共通の趣味があれば、2人で極めていくのも良いですね。今から新しく共通の趣味を探す場合、どちらか一方しか楽しめないものはNGです。

お互いがいいな、と思ったものを探しましょう。インドアでできるものとしては、料理やお菓子作りなどがおすすめです。

アウトドアでは、ジョギングなどの軽めの運動がおすすめです。カメラを始めてみるのも面白いですね。

お互いにとって居心地がいい

お互いにとって居心地がいいカップル

長続きするカップルは、お互いに居心地が良いと感じていることが多いです。特に「味覚」の好みが一致していればいるほど、長続きする可能性が高いです。

「男性の胃袋を掴むと良い」って聞いたことはありますか?毎日のご飯が美味しければ、男性は離れられなくなるという意味です。

食事は毎日3回もあるので、ストレスなく過ごせる方が良いですよね。お腹がいっぱいだと、ケンカすることも少なくなりますよ。

他にも「言いたいことを言える」と、居心地が良くなります。ケンカの時に、きちんと話し合いの機会を持つようにしましょう。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。