恋愛で本気になれない理由と対処法とは?

恋を始めようと思っても、自分自身がなぜか本気になれないときはあるものです。

後先のことを考えたら面倒に感じてしまったり、昔のことに未練があったりとその理由はさまざまあります。

自分も友達のように彼氏を作って幸せになりたいのに…と思っていてもうまくいかないのはつらいですよね。

自分が思うがまま、恋愛に一生懸命になって、彼氏とラブラブな毎日を送りたいと思うのは皆同じです。では、どうしても恋愛に本気になれないと感じたときはどうすればいいのでしょうか?

その対処法を、本気になれない理由も考えながら紹介していきます。

恋愛で本気になれない理由と対処法とは?

過去の恋愛に未練がある

過去の男性がどうしても忘れられない女性

過去の恋愛に未練がある人は、自分は前を向きたいと思っていてもなかなか気持ちはついていかないものです。

前の彼氏は素敵な人だったのにフラれてしまったり、嫌な別れ方をして後悔を抱えていたり、気持ちはそう簡単に整理はつきません。

次の人を探さなきゃということは頭でわかっていても、どうしても前の彼氏は今何をしているのか考えてしまうものです。

SNSで行動をつい追跡してしまったり、前の彼氏の新しい恋人と自分を比べて落ち込んだりもしてしまうでしょう。

このように過去の恋愛に未練を抱えていると、なかなか次への一歩を踏み出すのには時間がかかってしまいます。

よほど新しい人から猛アプローチをされるようなことでもなければ、時間が解決してくれるのを待つしかないところもあります。

見切りをつけるのが早い

男性の見切りをつけるのが早い女性

恋愛に本気になれないときの特徴として、見切りをつけるのが早くなってしまっているとこともあげられます。

人には良いところ、悪いところはさまざまあって、どう捉えるかはその人次第です。

悪いところばかりを見て「この人はだめだ」とばかり言っていては理想の男性などなかなか現れてくれないでしょう。

恋愛の相手選びは、「どこまで妥協できるか」というところも肝心なポイントの一つです。

どんなに素敵な人でも、欠点やダメなところはいくつでもあるものです。非の打ちどころがない完璧な人などほとんどいません。

そんな欠点をどこまで受け入れられるか、自分の考え方を変えない限り、すぐに見切りをつけていては、恋愛は始まりません。

本気で恋愛をしたいと望むなら、相手の良いところを見て、受け入れる気持ちを持つことが大事です。

肉体関係から始まっている

付き合ってない男性との肉体関係

恋愛に本気になれないパターンとして、肉体関係から始まってしまう場合もあります。

合コンや飲み会で出会ったその日に、場の雰囲気でなんとなく…という経験を持っている人は意外に多いではないでしょうか。

もともとは仲の良い友達で、お酒を飲んでいたらそのまま…という場合もあるでしょう。

肉体関係から始まってしまうと、どうしても真剣な恋愛関係には発展しにくいところがあります。

自分自身もそのときのノリで一線を越えてしまっただけで、付き合いたいとは考えていないことが多いです。

そして、男性側も同じように本気ではなく、なんとなくの遊びで…と思っていることも多いのです。お互いに本気で恋愛をすることはなかなか難しいでしょう。

自分が真剣に付き合いたいと思っていても、男性側と歩み寄れない可能性もあります。恋の始め方を間違えたと思って、別の人を探す方が賢明かもしれません。

トラウマ

両親の離婚

恋愛に対して、何かトラウマを抱えている人は、当然ながら恋愛に本気になることはなかなかできません。

例えば、幸せそうだった両親が離婚…なんて過去があると、恋愛にいいイメージを持てないことは自然なことです。

自分が恋愛をしても、同じように好きだった人と喧嘩したり、関係が悪くなるようなことになってしまうかもと思ってしまうのです。

トラウマはその人の行動を制限し、次への一歩を踏み出すことを止めてしまいます。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。