恋愛嫌いの理由と解消法とは?

恋愛に対する考え方というのは人それぞれです。素晴らしいものだと心から言える人もいれば、妥協し合うことが必要だと現実的に考えている人もいます。

そして恋愛が嫌いだという人も存在します。しかし嫌いだからといって端から恋愛を避けてしまっていては、自分では気付かないうちに幸せを逃してしまうかもしれません。

嫌いになったからには原因が明確にあるはずです。まずは恋愛嫌いの理由に目を向けてみてください。恋愛しないと決めるのはそれからでも遅くありません。

そして解決法を身に付けましょう。恋愛を嫌いでいても良いことはありません。

恋愛嫌いの理由と解消法とは?

自己防衛

自己防衛意識が強い女性

誰だって自分がモテないことを認めたくはありませんよね。頭ではわかっていてもモテないことを認めるのは誰にとっても辛いことです。

私たちには辛いことに直面すると無意識に逃げようとする心理が働くことがあります。辛いことから自分の心を守るために自己防衛の心理が働くのです。

モテないことを認めることが辛い時にも同様に自己防衛が働くことがあります。何かと理由を作って、モテないことから逃げて自分の心を守ろうとするのです。

よくあるのは自分は恋愛嫌いであるという理由にすり替える方法です。モテないからではなく、恋愛嫌いだから恋愛をしていないだけだと無意識に自分を思い込ませるのです。

恋愛嫌いを理由にしてしまえば、傷つくことなく恋愛できていない現状を受け入れやすくなります。モテないことを認めずに済むのです。

傷つきたくないから無意識に恋愛嫌いだと思い込んでいる人もいるのです。

恋愛に面倒くさくなっている

恋愛に面倒くさくなっている女性

恋愛というのは他者と深い関係になることであり、全く異なるもの同士が深く関わることは簡単なことではありません。そのため恋愛には良いこともあれば嫌なこともあるのです。

多くの人にとって好きな人のそばにいられることは幸せなことです。しかし私たちには自我があり欲があるため、親密な関係であればあるほど衝突するため、辛い思いをすることもあるでしょう。

衝突は絆を深める大きなチャンスとなり、2人で乗り越えられればもっと良い関係になることができます。恋愛は良いことも嫌なことも一緒に乗り越えてこそうまくいくものなのです。

ただ恋愛も人間関係であり、思い通りにはいかないものなので疲れてしまうことも多々あります。するとなかには人間関係の面倒くささと同じで、恋愛も面倒くさくなってしまう人もいます。

面倒くさいと思ってしまえば、恋愛は苦痛なものでしかなくなり、嫌いになってしまうでしょう。

経験不足

恋愛初心者

恋愛経験が豊富な人は恋愛に対する視野を広く持つことができます。恋愛へのこだわりも最小限で済み、自分の妥協できる範囲をわかっているからです。

対して恋愛経験不足な人は理想が高い傾向があります。理想が想像上のものであることが多く、日に日に高くなり固定観念化して、恋愛対象外を増やしてしまうのです。

恋愛経験が豊富な人は、これまでの経験から気付かなかった自分の恋愛観に気付くことができます。しかし経験不足な人は妥協範囲もわからず、理想がどんどん固定観念化します。

また自分の経験が少ないため、友人やメディアなどから得る多数の恋愛観から理想が構築され、どんどん理想が高くなります。すると結果的に恋愛に対する視野が狭くなってしまうのです。

そのため恋愛経験不足な人は単純に食わず嫌いになりがちなのです。食わず嫌いになってしまえば、さらに恋愛から遠ざかり余計理想が高くなってしまうため、恋愛嫌いになる人もいるのです。

単純に良い人に巡り会えていないだけ

運命を感じない人

恋愛嫌いな人の中には過去の恋愛が最悪だったことが原因の人も多くいます。過去に付き合った人の印象が最悪であるために、恋愛に希望を持てずむしろ良く思うことができないのです。

つまり単純に良い人に巡り合えていないだけという理由で、恋愛嫌いになる人もいるということです。

恋愛のように深い関係を築いた相手や過ごした時間というのは記憶に残りやすいです。特に嫌な思いをさせられた経験というのは、どんな関係であったかに関わらず記憶に強く残ります。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。