恋愛が長続きしない原因とは?

好きな人と出会ってから、やっとの思いで付き合い始めたとしても、わずか数ヶ月で別れを迎えてしまう人がいます。

それはまるで、ドラマの1クールのように、短い間に同じような恋愛を繰り返してしまうのです。何も分からない10代の学生同士の恋愛や、遊びと割り切っている関係ならまだ良いのです。

しかし、成人を過ぎた大の大人が、いつまで経っても満たされない恋愛を繰り返してしまうようでは、少々問題があります。そんな恋愛をしていたら、本当の幸せにはなかなか辿り着けません。

本気で挑んだ恋愛が、また不本意に終わりを迎えてしまわないように、過去の恋愛の失敗から学んで、次の恋愛に生かしましょう!

そのためにも、恋愛の痛手に直視する必要があります。そもそも、どうして恋愛が長く続かないのでしょうか?その原因を探ってみましょう。

恋愛が長続きしない原因とは?

勢いで付き合う

勢いで付き合うカップル

合コンで出会った男性と、その場のノリで付き合ってしまう・・・。ゲレンデで出会った男性が異様にカッコ良く見えて、付き合ってみたのだけど・・・。

非日常のイベントでは、いつも以上に男性がカッコ良く見えてしまうものです。

その場の雰囲気に流されて、一瞬の感情に惑わされて、勢いだけで付き合ってしまうと後になってから気が付くことになります。「アレッ、なんか違う・・・」と。

時間が経って冷静になると、ありのままの相手の姿が見えてきます。ドキドキとした緊張感で隠されていた部分が、目の前にドンと現れるのです。

「彼はこんな人だったんだ。もしかして、性格が合わないかも・・・」と、夢から覚めてしまいます。そうすると、「こんな筈じゃなかった!」と、別れを決断することになってしまうのです。

ステータスに惹かれて付き合う

高級車に乗る男性

相手のことを好きになって付き合い始めるのが、恋愛の本来の姿です。しかし、中には世間体の為に、そんなに好きでもない人と付き合ってしまう人もいます。

「背が高くて、学歴もあって・・・」等の外見的な要素だけに惹かれて付き合ったら、次第に心がついていかなくなります。恋愛を楽しく続けるには、内面的な充足感が必要なのです。

愛する気持ちが伴っていなければ、一緒にいても満たされません。相手を尊敬する心だとか、一緒にいて心地良いだとか、プラスの思いがないと関係を続けるのがキツくなってしまいます。

「彼氏がいないと恥ずかしいから」の理由や、相手のスペックだけを重視した付き合いでは、いずれイヤになってしまいます。

恋愛に限らず、周囲の目だけを気にしていたのでは、いつまで経っても本当の幸せなんて掴めないのです。

障害が大きい

遠距離恋愛のカップル

「お互いに愛する気持ちがあれば、何でも乗り越えられる」と信じたいものです。逆に言えば、何にでも乗り越えられたのなら、2人の愛は本物と言えます。

障害というのは、2人の愛が本物かどうかの指標になるのです。だからと言って、あまりにも障害が大きいのでは、愛する気持ちも萎えてしまいます。

実際に、物理的に2人の距離が離れてしまえば、会える頻度も少なくなって、熱烈に抱いていた気持ちも薄れてしまうものです。「遠くの親戚より近くの他人」とは良く言ったものです。

近くに寂しさを埋めてくれる人が現れれば、気持ちがそっちに向かってしまうのは無理もありません。恋愛では、心身共に寄り添うことが大切です。

障害が大きいほど恋は燃え上がるのも事実ですが、2人を取り巻く環境が悪ければ、上手くいくものもいかなくなってしまうのです。

自己中心的

自己中心的な女性

良い恋愛関係を続けるには、2人で歩幅を合わせることが大切です。一方だけが速く歩いてしまったり、遅くなってしまえば、当然バランスを崩してつまずいてしまいます。

2人が同じ位の熱量で向き合わないと、対等でフェアな関係は築けません。どちらかの一方的な思いだけで始めた恋愛や、愛する気持ちが重過ぎれば、もう片方が疲れてしまいます。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。