恋愛で「ビビッ」ときた直感を信じるべき?

あなたは男性に「ビビッ」きたことがありますか?

人を好きになるというのは、大抵は相手がどういう人か知ってからの場合が多いです。しかしよく知らないのに、出会った瞬間に好きという感情が芽生えることもあるのです。

出会った瞬間に好きになる、つまり直感で好きだと感じた時というのは、おそらく信じられないでしょう。どうして好きだと思ったのかも理解ができないですよね。

恋愛条件が満たされている人を好きになった場合とは違い、「ビビッ」ときた直感を信じるべきか迷うのも当然です。

果たして恋愛で「ビビッ」ときた直感を信じて恋愛すべきなのでしょうか?それとも恋愛条件で相手を選んで恋愛すべきなのでしょうか?

そこで今回は恋愛で「ビビッ」ときた直感を信じることと、条件で相手を選ぶことが恋愛にどう影響するかについて解説します。

恋愛で「ビビッ」ときた直感を信じるべき?

本能的に求めている

本能的な気持ち

人間にも他の動物と同じように本能があり、本能で異性を求めることがあります。恋愛でビビッときた直感というのは、本能的に相手を求めている信号であるということです。

女性の本能はより優れた子孫を残すために、より優れた異性と交尾をすることです。そのため本能的に他の人よりも優れていると感じた異性を求めています。

時間をかけて恋愛感情を持ったのではなく直感的にビビッときたのは、本能的に他の人とは違うと判断したからです。本能的に求めていたから直感でビビッときたのです。

本能というのは基本的に生きていくために必要だから備わっているものです。本能的に求めているということは、無意識に相手を必要としているということです。

自分が求めていることというのは自覚できるものだけではありません。幸せな恋をするためには本能的に求めていることにも耳を傾けることも必要なのです。

上手くいかなくても後悔が少ない

上手くいかなくても少ない後悔

ビビッときた直感を信じて恋愛をすると、上手くいかなくても後悔が少なくて済みます。逆に素直に直感に従わないと後悔する可能性が高くなります。

恋愛に限らず自分の気持ちに素直に従った結果であれば、多少後悔しても結果を受け入れることができます。思い通りにやり切ったと潔く結果に納得することができるのです。

しかし素直に直感に従わなかった場合、自分に嘘をついたという後ろめたさが付きまといます。そして上手くいかなかった時に、後悔し続ける大きな原因となるのです。

どんなに頭で言い訳しても、ビビッときたこと、気になっていることは事実です。事実を認めず自分の素直な気持ちに従わないと絶対に後悔します。

恋愛で後悔したくないのであれば、ビビッときた直感は信じるべきでしょう。

ポジティブな勘違いから恋愛は始まる

ポジティブな勘違い

恋愛をしたいと思っているならビビッときた直感が勘違いかどうかに限らず信じるべきです。たとえ勘違いであったとしても、ポジティブな勘違いは恋愛が始まるきっかけになります。

どんなきっかけでも恋愛は相手を意識することから始まります。好きだと確信していようと、直感を信じてだろうと、きっかけを気にするよりも相手を意識することの方が大切なのです。

むしろ勘違いかもしれないと直感を信じず、受け身では何も始まりません。いつまで経っても恋愛もチャンスは巡ってきません。

ビビッときた直感がたとえ勘違いでも、好きかもしれないというポジティブな気持ちに従うのは良いことです。勘違いだったとしても相手を意識することで今後好きになる可能性もあるでしょう。

受け身でいるより勘違いでも直感を信じて相手を意識した方が、恋愛が成功する確率は確実に高いです。恋愛のチャンスを掴みたいなら、ビビッときた直感は信じてみるべきです。

恋愛経験が少ない人は注意

注意が必要な恋愛経験が少ない人

直感というのは100%うまくいく恋に反応してくれるものではありません。そして直感の中には今日までの経験の積み重ねで身に付いてくるものもあるため、個人差が出てきます。

直感の中にも当たるものと当たらないものがあり、経験により身に付いた直感は経験数が多いほど当たりやすくなります。そのため恋愛の直感については経験数が少ない人は注意が必要です。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。