恋愛の別れ方7つのポイントは?

昔と違い、今はメール1本、電話1本で恋愛を終わらせられる時代。しかし、そんな温度のない終わり方では遺恨を残すことになりかねません。

手軽な終わり方は相手に失礼です。それに手軽な終わり方は、その気がなくとも2人の共有した時間まで軽くしてしまう恐れもあります。

あなたは、ちゃんと別れ方にも気をつけていますか?

大人の別れ方にはコツがあります。ポイントを抑えたキレイな別れ方は、あなたの品格を映し、次の恋にも気持ちよく進めます。

あなたもお手軽な別れ方を卒業して、イイ女の別れ方を参考にして大人な別れ方をしてみてはいかがでしょうか。

今回は、そんな大人の恋愛の別れ方の7つのポイントをお伝えします。

恋愛の別れ方7つのポイントは?

突然、別れを切り出さない

突然の別れ

突然の別れ話に戸惑うのは当たり前です。言う側は何日も前から考えていることですが、言われる側は突然の事ですよね。

明日も明後日も1年も2年も一緒に過ごそうと思っていた相手に突然別れを切り出される辛さは相当なものです。パニックになるかもしれません。

だからこそ、大人の別れ方は、基本的にはゆっくりいきましょう。ケンカで売り言葉に買い言葉で言ってしまう、一時の感情での行動や言動はとても危険です。

ポイントは別れを匂わせること。そして、相手に心の準備を与えることです。そうすることで、別れ話からのトラブル回避も出来ます。

あなたの別れ方次第で相手がストーカーになってしまうのは何もドラマの中の話だけではありません。相手も納得する形できちんと別れることは何よりもその予防になります。

デートやLINEの頻度を減らしていく

減らすLINEの頻度

デートやLINEの頻度を減らしてくことも、あなたの「別れたいサイン」になります。彼が「最近何だかそっけないね」と思ったらこっちのもの。

あなたが更なるサインを増やさずとも、彼は自ずと別れの雰囲気を意識してくれるでしょう。大事なことは極端に減らすようなことはしないこと。

たしかに極端に連絡が減ると高確率で相手は「あれ?」と不審に思い、あなたの気持ちの変化に気づくはずです。それどころか、別れたがっていることまで勘づくでしょう。

しかし、そこまで極端にすると相手が逆上したり、感情的な行動を起こす可能性も否めません。感情的な別れは男女ともに後々引きずる原因になります。

あくまで、相手の心の準備のための期間だということを忘れず、徐々にデートやLINEの頻度を減らしていきましょう。

思い出すことも減ったら、別れを切り出す

彼氏を忘れ去る女性

彼と離れているときに、彼のことを全く考えなくなっているなら、それはあなたの心の別れのサインです。

たとえば、買い物中に彼に似合うものを探したり、きれいな景色を見たら今度は彼と来たいなと思ったり。

しかし、彼のことよりも自分のことを常に優先して考える、彼のことは後回しするようになると赤信号。その場合、気持ちが再熱することもあまりないでしょう。

心身ともにあなたの中では別れを切り出すタイミングに熟しているといえます。

別れたい理由をちゃんと伝える

別れたい理由を伝える女性

別れる相手であっても一度は好きになった相手です。できれば最後まで誠実に対応しましょう。相手が消化不良にならないようにしっかりと理由を話すことぐらいは、振る側のせめてもの誠意です。

関係がこじれにくい別れ方はやはり「別れたい」という意志をはっきりと示すことが1番です。もし、頭のなかでまとめられないのなら、紙に書くのがベスト。

こんがらがった気持ちを整理できて、彼に伝えやすい言葉選びもできます。

言い方のポイントは、相手を責める言い方はできるだけ控えること。「あなたの〇〇が耐えられない」なんて相手の欠点をつくようなことを別れ話で言われたら、誰だって気分が悪いもの。

そうなると、相手も負けじとあなたの悪いところを言ってきて、悪口合戦になってしまうかもしれません。それではどちらも後味が悪いですよね。

ですから、別れ話のときは「私が〇〇だからあなたとはこの先は難しい」という言い方にするように気をつけたほうが無難です。

また、自分の気持ちを一方的に言うのではなく、ちゃんと相手の言い分も聞く時間を設けましょう。

あなたが言うだけ言って、「はい、別れましょう」というのは相手のフラストレーションは溜まるばかり。

このこともスムーズに別れられなくなる原因になるので、回避したいですね。最後まで相手に誠意を持って接することは今後の関係にも良い影響を与えます。

最後の印象がすべて

別れ際の印象

最後に「ありがとう」と「さよなら」といえる女はイイ女です。シンプルな言葉ですが、相手への感謝で終わらせるという1番格好良い言葉でしょう。

別れ話の最後の言葉は意外と長く記憶に残っているものです。そして、あなたの印象は、別れ際の最後の姿が強烈に残ります。

ですから、あなたが別れ際に、彼に不機嫌極まりない顔で不満をぶちまけると大変です。彼の中でのあなたの印象は、良かった思い出もトータル悪いものとしてインプットされてしまうのです。

そんなの嫌ですよね。最後の悪い印象を拭うのは本当に難しいことなので、できるだけ避けたいところ。どうせ別れるなら彼の中で「イイ女だったな」と、忘れられない女を目指してみましょう。

嫌われる勇気を持つ

彼氏に嫌われる女性

傷つくことを恐れてはちゃんとした別れ話できません。嫌われる勇気を持っておかなければ、何も言えなくなる可能性が高くなります。

そもそも別れ話をするのですから、2人の間に微妙な空気が流れるのは当たり前です。その雰囲気を恐れていたら別れ話は永遠できません。

嫌われる勇気をもつことは、幸せになる勇気でもあるのだと心に刻みましょう。

また、別れる際にあえて嫌われる事をすることも1つの方法です。「嫌われるための努力」はフランス人がよくするやり方だとか。

ズルい方法ですが、相手にあなたと今後も付き合っていきたいとは思わせないようにするのは、別れたいなら効果的です。思った以上にスムーズな別れ話ができるはず。

特に、別れ話で揉めそうな相手なら、わざと嫌われるような言動を事前にすることは別れを円滑に進めることに繋がります。

いつもと違うあなたの行動に、彼がイライラしだしたらタイミングです。あなたに対して好意がなくなれば、もはや別れを拒否する必要性も彼にはありませんよね。

別れたらしばらくは会わない

元彼と距離を置く女性

別れ話の後は彼女に情を持たないためにもしばらくは会わないようにしましょう。一応は別れても、未だにどちらか一方が別れに納得していない場合、自然に振る舞うことはできません。

むしろ、気持ちを抑えて友達としてその後も頻繁に会うと、モヤモヤしてストレスがたまる可能性も否めません。未練があるままでは別れた側にとって、生き地獄のようなものでしょう。

また、別れは新しいステップに向かうきっかけです。別れから立ち直ったときに、また新たな恋に向かうエネルギーが湧くのです。

しかし、その別れた後も頻繁に会うことはそのきっかけやエネルギーを薄める原因になってしまう恐れがあります。辛い日々が続くばかりです。

相手をその失恋の辛さから開放してあげるという意味でも、別れた後にすぐ会うことは控えましょう。

恋愛は別れ方ですべてが決まる

恋愛の別れ

いかがでしたでしょうか。別れる理由はきっといろいろあるはずです。しかし、どんな理由であれ、礼儀を示すのが大人です。

上記にある方法以外にも、別れてからもイイ女だと思わす簡単なテクニックもあります。例えば、「別れたけど、〇〇さんとの恋で成長できたよ」、「色々勉強できた」と。

この一言でOK。ちょっとした言葉ですが破壊力は抜群です。言われた相手はあなたを「イイ女」に感じて止まないはずですよ。

手軽な別れ方なんて選ばずに大人の恋愛の別れ方をマスターして、次の恋に気持ちよく向かいましょう。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。